news

「キャリア就職」のニュース記事検索結果 707件

実践女子大学(東京都日野市、学長 城島栄一郎)は、共通教育科目である「キャリア開発実践論」を夏期休業中に学外(東京都府中市)における合宿(宿泊型集合研修、2泊3日)として行う。対象は3、4年次で、半年後の就職活動スタートならびに新社会人に照準を合わせたキャリア教育である。


近畿大学経営学部(大阪府東大阪市)は、日本インターンシップ学会が、全国の大学の優れたインターンシッププログラムを表彰する「槇本記念賞」の最高賞にあたる「最も秀逸な事例」に選出された。平成29年(2017年)8月31日(木)に、札幌国際大学(北海道札幌市)で開催される「日本インターンシップ学会第18回学会大会」で表彰される。


金沢工業大学の学生6名(3年生2名、4年生4名)と越日工業大学(ベトナム・ホーチミン市)の2年生6名がペアを組み(バディ制度)、日本でインターンシップを行う。金沢工業大学では2016年度からイノベーション創出を可能とする「世代・分野・文化を超えた共創教育」を全学で展開している。今回のバディ制度によるインターンシップは「文化を超えた共創教育」の一環として行うもので、金沢工業大学として初めて。


武蔵大学(東京都練馬区/学長 山嵜哲哉)は、学生一人ひとりの夢を実現するために、4年間を通じたキャリア教育・就職支援を行っている。ここ数年、ビジネスのグローバル化や多様化に伴い、学生は様々な選択肢の中から主体的に進路を選ぶことが求められている。そのような背景を踏まえ、武蔵大学では2017年度より、同大の1・2年生を対象とした3回連続の少人数制キャリア支援プログラム「ホップステップキャリア講座」をスタートした。


神田外語大学(千葉市美浜区/学長:酒井邦弥)の研究教育機関「児童英語教育研究センター(以下、CTEC:Center for Teaching English to Children)」は8月24日(木)、25日(金)の2日間、「児童英語教員夏期集中講座 Summer Intensive Teaching Program―アメリカの子どもは読み書きをどう教わっているのか―」を開講する。これは、同大創立30周年事業の一環として、千葉県教育委員会と船橋市教育委員会の後援のもとで開催されるもの。2020年に小学校で英語の授業が必修化されることを踏まえ、英語授業を担当する教員を対象に、教科としての「小学校英語」の準備講座を提供する。


神田外語大学(千葉市美浜区/学長:酒井邦弥)の研究教育機関「児童英語教育研究センター(以下、CTEC※)」は2016年度末から、福島県天栄村(村長:添田勝幸)と連携して「英語活動プログラム」を実施している。これは、同村の小学校・ALT教員の英語指導能力を育成することを目的とした取り組み。9月5日(火)〜7日(木)には、同大児童英語教員養成課程と中高英語教職課程の学生が同村を訪問し、幼稚園や小中学校の教員とチームを組んで授業を行う。※CTEC…Center for Teaching English to Childrenの略。


近畿大学経営学部(大阪府東大阪市)准教授 花木正孝のゼミでは、永和信用金庫(大阪市浪速区)が募集するインターンシップについて企画段階から参画し、本来参加する側の学生の視点を生かした企画提案を行ってきた。これを反映した試行版インターンシップが、平成29年(2017年)8月24日(木)に実施される。


帝京大学(東京都板橋区 学長:冲永佳史)と近畿大学(大阪府東大阪市 学長:塩崎均)は、2017年(平成29年)8月21日(月)から28日(月)までの8日間、ベトナムで産学共同による海外インターンシップを実施。帝京大学と近畿大学が共同で海外インターンシップを実施するのは今回が初めて。


日本経済大学渋谷キャンパス(東京都渋谷区)は8月20日(日)に、ファッションビジネスコース・芸能マネジメントコースのオープンキャパス特別イベントを開催する。今回は「ファッション×エンタメ スペシャル『リアル&バーチャルのビジネス』」と題し、人気声優の小野友樹氏を招いたトークショーや各コースの学生によるパフォーマンスといったプログラムを実施する。完全予約制。


大阪府東大阪市と東大阪商工会議所、近畿大学は「東大阪市都市ブランド形成推進事業」を開始することになり、平成29年(2017年)7月28日(金)にクリエイション・コア東大阪でスタートアップ記者会見を実施した。


関西外国語大学(大阪府枚方市)では、2015年度からスタートした海外からの留学生を対象にした「海外留学生グローバルインターンシップ」が3年目を迎えた。留学生が日本企業などで就業体験をするこのプログラムには今年、留学生延べ51人が参加し、過去最多となった。また、インターンシップ先も企業18社、小・中・高校13校、行政機関1の計32と、前年度の21から増加した。


近畿大学経営学部キャリア・マネジメント学科では、今年度からグローバル・インターンシップに関する授業を正規科目として開講している。平成29年8月7日(月)〜9月1日(金)、株式会社パソナの協力を得て、学生6人を香港のPasona Education Co. Ltdに派遣する。


駒澤大学(東京都世田谷区)はこのたび、北海道札幌市と学生UIターン就職促進に関する協定を締結する。これは、学生の札幌市内を中心とした道内企業へのUIターン就職活動支援について、相互に連携・協力をして取り組むことを目的としたもの。7月31日(月)に同大で協定式を開催する。なお、同大が市町村とUIターン就職促進協定を締結するのは、札幌市が初めて。


大阪産業大学(大阪府大東市)は株式会社マンダム(本社:大阪府大阪市)は、7月29日(土)および8月4日(金)に、同社のヤング男性向けグルーミングブランド「ギャツビー」が提案する「就活身だしなみセミナー」を開催する。これは男子学生向けの就職活動支援の一環として行うもので、就活における身だしなみの中でも、特に印象に大きな影響を与える髪・肌・体臭についての正しい知識とケア方法を学び、より良い就職に結びつけてもらうことを目的としている。


テンプル大学ジャパンキャンパス(東京都港区/学長:ブルース・ストロナク/TUJ)で7月7日、「2017 イノベーティブ・マーケティング・アワード(IMA) 」最終選考会が行われた。国内外の財界人による審査の結果、モハメッド・エルワギーさん(国際ビジネス学科3年/エジプト)、アンドレア・カッタネオさん(経済・心理学同時専攻1年/イタリア)、ハンズラ・サリーミさん(国際関係学科2年/パキスタン)のチームが最優秀賞に選ばれた。


明治大学就職キャリア支援センターは、2017年9月3日から11日までの9日間、海外での実践的なインターンシップとなるプログラム「“インターンシップ&グローバルキャリア”プログラム in ベトナム」を実施する。


大阪電気通信大学と株式会社マンダムは7月7日、同社のヤング男性向けグルーミングブランド「ギャツビー」が提案する「男の就活身だしなみセミナー」を開催した。これは、同大の就職支援プログラムの一環として男子学生限定で実施したもの。当日は就職活動準備中の3年生や就職活動中の4年生の男子学生が多数参加した。


神田外語グループ(東京都千代田区/理事長:佐野元泰)は、7月〜8月に英語教員対象の英語教育公開講座を開催する。小学校・中学校・高等学校などで活躍されている現役教員、その他英語教育関係者、英語・英語教育に関心のある方を対象に、アクティブラーニングの実践や語学授業におけるICTの活用、4技能型試験の指導ポイントなど、近年注目を集める種々のテーマを扱った講座を設定。それぞれの分野で先進的な取り組みをしている一級の講師陣が、最先端の英語教育法や専門知識、技術などを教授する。本イベントの目的は、参加者の広範にわたるニーズに呼応するとともに、学んだことを現場で活用してもらうことにある。1講座につき2,000円(税込)。基調講演は無料。※定員は添付資料参照


神田外語大学(千葉市美浜区/学長:酒井邦弥)は、7月〜11月に合計8回シリーズで、ラテンアメリカ諸国に興味関心のある大学生や高校生、一般を対象としたイベント「ラテンアメリカ政治経済のかんどころ」を日本貿易振興機構アジア経済研究所(以下:ジェトロ・アジア経済研究所)と共催する。地理的には遠いラテンアメリカ諸国だが、アルゼンチンでは日本の地下鉄が走っていたり、ペルーのアスパラガスが日本に輸入されていたりなど、意外な・身近なところで日本との間に結びつきがある。同イベントは、ラテンアメリカ8カ国(ベネズエラ、エクアドル、メキシコ、アルゼンチン、チリ、キューバ、ペルー、ブラジル)を対象として、政治経済を中心にこれら国々の「見方」をわかりやすく解説、受講生に親しんでもらうことを目的として実施される。参加費無料。要事前申し込み(各コース先着30名)。


追手門学院大学(大阪府茨木市、学長:川原俊明)はこのたび、ベトナムに進出する日系企業と提携し、全国でも珍しい産学連携による実践型海外インターンシップをスタートさせた。これは、言葉や文化の異なる場所でも成果を出せるグローバルマインドセット「やりぬく力」を育成することを目的としたもの。8月20日〜9月3日の日程で行われ、企業が抱える課題を学生が現地調査し、解決策を提案する。