news

「その他」のニュース記事検索結果 2273件

創価大学(東京都八王子市/学長:馬場善久)では2013年8月に、3体の大学公式キャラクターが誕生。それぞれが同大の建学の精神を表しており、オープンキャンパスや各種イベントでの着ぐるみの活用やノベルティグッズへの展開など、同大の広報活動に一役買っている。また、2016年7月からは、LINEスタンプショップで40種類の「ゆるかわLINEスタンプ」の販売も開始している。


【本件のポイント】
●8/2(水)、本学横浜キャンパスにて、まち×学生プロジェクト「六神祭」を開催。
●本イベントは、本学の学生団体「学生ボランティア支援室」に所属する学生たちが企画した。
●地域の子どもたちを対象とした和紙で作る「うちわづくり体験」など、さまざまなイベントを実施。

神奈川大学は、8月2日(水)に横浜キャンパスにおいて、学生団体「学生ボランティア活動支援室」主催による第2回「まち×学生プロジェクト『六神祭』」を開催する。同イベントは、同大横浜キャンパスの所在地である横浜市神奈川区六角橋地域の人々と神大生との「交流」をテーマに、現在41名が所属する学生ボランティア支援室の学生たちが企画した。


その他2017/07/21

中央大学の受験生応援マスコットキャラクターとして2013年に誕生した「チュー王子」は、受験生にとどまらず「中央大学に関する諸活動・団体を応援すること」を使命として活動している。学内での注目度も高く、卒業式や入学式などのイベントでは記念撮影の列ができるほどの人気ぶり。今年5月には硬式野球部の応援のために神宮球場に出向き、「神宮デビュー」を果たした。


近畿大学農学部食品栄養学科は、医学部奈良病院と共同で「食事満足度向上プログラム」を実施しており、その一環として小児病棟の入院患者である子どもたちを対象に、農学部農業生産科学科 植物感染制御工学研究室の学生が栽培した完熟ミニトマトを用いて食品栄養学科の学生が考案した手作りデザートを提供する。


岐阜聖徳学園大学はフリーペーパー「岐阜美少女図鑑」(発行:株式会社AIリクエスト)の協力のもと、別冊岐阜美少女図鑑「SHOW!TALK!BOOK!」を制作した。これは同大の学生がモデルを務め、撮影もすべてキャンパス内で実施した大学の魅力が満載のスタイルブック。7月22日(土)・23日(日)のオープンキャンパスのほか、学外では岐阜美少女図鑑のイベントで配布する。


神田外語大学(千葉市美浜区/学長:酒井邦弥)はこのたび、卒業式や各種セレモニーなどで配布するオリジナルブックカバーを作成した。これは在学生に対し、卒業後もぜひ多くの本を読み、知識や新しいものの見方などを吸収し、視野を広げてほしいという想いのもと企画、実現したもの。本体の色はブラウン一色で、校章と教育理念である「言葉は世界を繋ぐ平和の礎」(Languages are the foundation to link the world in peace)が型押しされたシンプルなデザイン。素材は牛革製で、長年使用し続けることで独特の風合いを醸し出す。なお、一般・学生への販売は未定。


札幌学院大学(北海道江別市)では、有志の学生によるプロジェクトチームが大学公式キャラクター「ブラウニー」や鶴丸俊明学長のイラストを使ったLINEスタンプを製作している。現在販売されているのは、「SGU〜学長とブラウニーくんのコラボ〜」「SGU〜学長と若者言葉のコラボ〜」の2種類。学生や教職員を中心に好評を博し、現在第3弾も製作している。


東京情報大学(学長:鈴木 昌治、千葉県千葉市)と株式会社日立システムズ(代表取締役 取締役社長:北野 昌宏、本社:東京都品川区/以下、日立システムズ)は今年7月12日に、サイバーセキュリティに関する包括連携協定を締結した。


大阪経済法科大学(大阪府八尾市/学長:田畑理一)は、7月23日(日)に花岡キャンパスで開催される「第三回cloVer(クローバー)甲子園」(主催:クローバー甲子園実行委員会)に協力している。これは、大阪、京都、兵庫の高等学校18校の生徒たちが出場し、優勝を争う関西最大規模の高校生野外ダンスコンテスト。当日は同大学のオープンキャンパスも同時開催しており、来場者はどちらのプログラムにも参加可能(入場無料)。


その他2017/07/19

北翔大学(北海道江別市)生涯スポーツ学部スポーツ教育学科の廣田修平准教授がこのたび、北海道の事業「ほっかいどう未来チャレンジ基金事業」の第1期生として採択された。これは、学生や、スポーツ、文化芸術などの分野で活動歴のある若者に対して、海外留学の費用や現地での研修費などを助成する事業。廣田准教授は11月から4か月間、アメリカ・オレゴン州で体操競技のコーチング研修に取り組む予定。


札幌大学はこのたび『SUeets!(スイーツ)』第15号を発行した。同誌は、「札幌大学学生広報委員会(以下、SUeets!編集スタッフ)」が「学生の知りたい」をテーマに“学生の視点”から学内外のHOTな情報を発信。在学生や高校生から大きな反響を得ている。今号では、5年連続となる「SAPPORO COLLECTION」の特集や、6月にオープンしたばかりのビアガーデンの取材記事などを掲載。学生談話室や学生食堂に設置しているほか、オープンキャンパスなどでも無料配布する。


実践女子大学(東京都日野市、学長 城島栄一郎)は、独立行政法人日本学術振興会(JSPS)による研究成果の社会還元・普及事業である、平成29年度「ひらめき☆ときめきサイエンス〜ようこそ大学の研究室へ〜KAKENHI」に採択され、小学生および高校生対象の2つのプログラムを8月に開催する。


金沢大学(石川県金沢市)は7月8日、ステークホルダー協議会を開催した。3回目となる今回は、在学生や保護者、高校関係者、地域住民、企業関係者、学内関係者など約150名が出席し、同大への要望や激励などが寄せられた。


北海道科学大学の学生主体の団体「Promotion Crew」は、高校生に向けた大学のプロモーションを展開している。大学公式Twitterでの投稿(ツイート)を主な活動としており、学生目線での大学のトピックを高校生にも親しみやすい口調でツイートしている。学生メンバーらの活動により、同大公式Twitterのフォロワー数は1,600人を超え、Twitter広報全体が活性化している。


武蔵大学(東京都練馬区/学長:山嵜哲哉)は、受験生とその保護者を対象とした大学案内「MUSASHI MAGAZINE」を発刊している。特集を設け、大きな写真を多用した“マガジン形式”で創刊し、発刊10周年を迎えた今も、同大が「ゼミの武蔵」と呼ばれるゆえんを、よりわかりやすく読者に伝える編集をおこなっている。


金沢工業大学発ベンチャー「株式会社CirKit(サーキット)」(石川県野々市市/代表取締役社長:山岸芳夫・金沢工業大学メディア情報学科准教授)が、金沢工業大学の学食のサービス向上・利用率向上を目指して、アンケート収集システム「SAKITO」を開発し、平成29年7月1日から運用を開始した。ゲーム感覚で学食に関するアンケートに回答。ポイントがたまると抽選でKITランチ無料券と引き換えも。


近畿大学は、大阪・梅田と東京・銀座にある養殖魚専門料理店「近大卒の魚と紀州の恵み 近畿大学水産研究所」で、「近大発ナマズ」を使用した特別メニューを平成29年7月23日(日)から25日(火)までの3日間、販売。各店舗とも23日(日)と24日(月)はランチ30食、「土用の丑の日」である25日(火)はランチ30食、ディナー20食を限定販売する。


【本件のポイント】
●7月24日(月)〜7月28日(金)、神奈川大学横浜キャンパスにおいて、「子どもサマースクール2017」を開催。
●スクールのテーマは、“エンジニア体験をしよう!”
●小学4・5・6年生を対象に、同大工学部教員を講師として、情報、経営工学、電気・電子、建築、化学、機械などの最先端の科学について、実験や実習をとおして学ぶ。


このたび、西武信用金庫が実施している、地域や商店街の活性化に大学の強みを生かし貢献する「地域産業応援資金」に目白大学短期大学部が採択されたことに伴い、6月29日(木)に双方の関係者が出席し、贈呈式が開催された。


その他2017/07/14

金沢大学は今年度から新たに「鈴木大拙―西田幾多郎記念 金沢大学国際賞」を創設した。これは、哲学・思想・宗教分野で国際的に卓越した業績を挙げた研究者を顕彰するもの。研究の一層の進展を促すとともに、次代を担う若手研究者に対して大きな学問的刺激を与えることを目的としている。応募は自薦、他薦を問わず可能で、締め切りは12月15日(金)まで。