news

「大学改革」のニュース記事検索結果 644件

近畿大学経営学部(大阪府東大阪市)とTDCソフトウェアエンジニアリング株式会社(東京都渋谷区、以下、TDCソフト)は、AI(人工知能)の活用によってアクティブ・ラーニングにおける学生評価を支援し、教員の業務負担軽減を実現するための共同研究を開始する。


昨年5月、大阪府茨木市における新キャンパス計画を公表した学校法人追手門学院(大阪市中央区、理事長:川原俊明)はこのたび、追手門学院大学と追手門学院中・高等学校の校舎の概要を決定。新キャンパスの教育コンセプト<次世代型「新たな学び」の展開拠点〜いつでもどこでも「学びあい、教えあい」・「自ら学ぶ」〜>を実現する校舎の完成予想図を発表した。


京都橘大学(京都市山科区、学長・細川涼一)は、健康科学部作業療法学科および臨床検査学科の新設を含む収容定員増が文部科学省から認可された。これにより2018年度の入学定員は、現在の1035人から1221人となり、186人増加。変更後の収容定員は4884人となり、5000人規模の大学になった。


聖徳大学(千葉県松戸市/学長:川並弘純)は「大学院看護学研究科(修士課程)」の設置を申請し、8月29日付で文部科学大臣より認可を受けた。これを受け2018年4月、大学院に「看護学研究科」を開設する。高度な組織管理、経営管理のできる能力を有するトップリーダーや協働する力とマネジメント力を有するミドルリーダー、大学などにおける組織マネジメント力・多職種連携の知識・技術を有する教育研究者を育成していく。


関西福祉大学(兵庫県赤穂市)は、より高度な専門知識や技能、実践的指導力をもった小学校教員の養成を目指して「教育学研究科 児童教育学専攻修士課程」の設置を申請していたが、2017年8月29日付で文部科学省から認可された。これを受けて2018年4月、「教育学研究科 児童教育学専攻修士課程」を設置。社会福祉学部・看護学部・教育学部の3学部全てにおいて研究科への道が開かれることになる。


学校法人北海道科学大学(札幌市手稲区)は2018年4月に、設置校の北海道科学大学と北海道薬科大学を統合し、大学院に「薬学研究科」を設置する。また、看護学科・理学療法学科・診療放射線学科の完成年度に伴い「保健医療学研究科」も開設。8月29日付で文部科学大臣から設置が認可された。


学校法人北海道科学大学(札幌市手稲区)は2018年4月、設置校の北海道科学大学と北海道薬科大学を統合し、北海道科学大学に薬学部を設置する。これは2024年の学校法人創立100周年に向けた将来構想の一環として計画していたもので、8月29日付で文部科学大臣から設置が認可された。統合により、北海道科学大学は4学部13学科を擁する5,000人規模の実学系総合大学になる。これに伴い、9月11日(月)・12日(火)には、北海道内6会場と青森県1会場で「大学統合説明会―新設薬学部入試説明会―」を開催する。


駒沢女子大学(東京都稲城市/学長:光田督良)が来年4月の開設に向けて文部科学省に認可申請していた「看護学部」の設置が、8月29日付で認可された。また、来年4月から学群・学類制を導入し、6学科からなる従来の「人文学部」を4学類からなる「人間総合学群」に再編。これにより同大は1学群(人間総合学群)2学部(人間健康学部、看護学部)の新体制をスタートさせる。


横浜国立大学は大学院の教育改革「YNUプロジェクトG(YNU Project for Graduate Schools)」を計画し、今年3月に理工学府の設置および環境情報学府の組織改編を文部科学省へ申請(設置計画書の提出)していたが、文部科学省大学設置・学校法人審議会における審議の結果、これらの組織改編計画が認められ、平成30年4月から両学府は新たな体制でスタートすることが決定した。同大では、これらの組織改編により両学府において社会のニーズに即した新たな教育プログラムを実施するとともに、既存の学部・大学院も相互に連携しながら、多様な業界で新しい価値の創造や技術革新を導くことのできる付加価値の高い人材の育成に取り組んでいく。


追手門学院大学(大阪府茨木市/学長:川原俊明)は来年4月、既存の大学院経済学研究科および経営学研究科を発展的に改組・統合し、大学院経営・経済研究科を開設。博士前期課程には、修士(大学経営)の学位を取得できる、大学経営に特化した研究領域を設置する。経営学の分野で修士(大学経営)の学位を取得できる大学院は全国でも初めて。関西では類似する課程も含めて初の設置となり、これを機に同大は、関西における大学経営の高度専門職の育成拠点を目指す。


大阪府東大阪市と東大阪商工会議所、近畿大学は「東大阪市都市ブランド形成推進事業」を開始することになり、平成29年(2017年)7月28日(金)にクリエイション・コア東大阪でスタートアップ記者会見を実施した。


駒澤大学(東京都世田谷区)はこのたび、北海道札幌市と学生UIターン就職促進に関する協定を締結する。これは、学生の札幌市内を中心とした道内企業へのUIターン就職活動支援について、相互に連携・協力をして取り組むことを目的としたもの。7月31日(月)に同大で協定式を開催する。なお、同大が市町村とUIターン就職促進協定を締結するのは、札幌市が初めて。


学校法人立命館(京都市、理事長 長田豊臣、以下「立命館」)とル・コルドン・ブルー・インターナショナルBV(オランダ・アムステルダム、会長 アンドレ・コアントロ、以下「ル・コルドン・ブルー」)は、7月20日(木)に教学提携に関する協定を締結した。国内の高等教育機関とル・コルドン・ブルーによる本格的な協定締結は日本初となる。


清泉女子大学(東京都品川区)は、2016年度後期の「優秀授業実践賞(ティーチングアワード)」を決定した。これは、学生を対象に行ったアンケートの結果に基づき、高い評価を得た授業を表彰するもの。今回は日本語日本文学科の秋本吉徳教授の「日本古典文学基礎演習1」と、スティーブン・ティムソン非常勤講師の「上級英語I(講読)―全学科」に決定した。


関西福祉大学は、2018年4月に教育学部「保健教育学科」を設置する運びとなった。同学科では保健体育教諭と養護教諭の教職課程を設け、ココロとカラダの健康を創るスペシャリストを養成する。なお、同学科の設置と併せて「発達教育学部」の名称を「教育学部」に変更する。


6月24日、5つの私立工業大学(愛知工業大、大阪工業大、芝浦工業大、広島工業大、福岡工業大)が、理工学系高等教育の更なる活性化を目指す「第1回 工大サミット」を大阪工業大梅田キャンパスOIT梅田タワーの常翔ホールで開催。企業関係者や一般参加者など学内外から約400人が参加した。


金沢工業大学と金沢工業高等専門学校は、「工学教育における革新(Innovations in Engineering Education)」をメインテーマとした「CDIO 2018国際会議」を、2018年6月28日(木)から7月2日(月)にかけて、金沢工業大学扇が丘キャンパスで開催する。


立命館大学の国際関係学部が2018年度開設の設置認可申請を行っていた「アメリカン大学・立命館大学国際連携学科」は6月30日、文部科学省から設置認可を受けた。海外大学との学部間ジョイント・ディグリー・プログラムを開設するのは本学が日本で初めてとなる。


近畿大学(大阪府東大阪市)は、AI(人工知能)がSNSの投稿内容から学生一人ひとりの性格を分析し、その人の潜在的興味に一番合致する本を紹介する新サービスを開始する。この機能は、ウェブアプリケーションの開発などを手掛ける株式会社エイド・ディーシーシー(大阪府大阪市)が開発し、今年4月に開設した近畿大学の新たな学術拠点「ACADEMIC THEATER(アカデミックシアター)」の公式ホームページで、平成29年(2017年)6月26日(月)10:00に公開された。


駒澤大学(東京都世田谷区/学長:長谷部八朗)は、今年度も学生FD(ファカルティ・ディベロップメント)スタッフの活動を実施する。これは、それまで行ってきた教職員によるFDに加え、これらをさらに発展させるために、昨年度から導入しているもの。学生目線の教育改善を目指して、「学生が選ぶベスト・ティーチング賞」の企画、運営などを行う。