news

「入試関連」のニュース記事検索結果 23件

金沢工業大学(学長:大澤敏)、金沢工業高等専門学校(校長:ルイス・バークスデール)は、「教育が変わる」をテーマとした「国際高専 第1回トークセッション」を2017年5月20日(土)14時から15時30分まで、金沢工業大学東京虎ノ門キャンパス(東京都港区愛宕1-3-4愛宕東洋ビル13階)で開催する。


大阪国際滝井高等学校(校長:清水 隆)と兵庫医療大学(学長:馬場 明道)が高大連携協定を締結する。調印式は3月28日(火)に兵庫医療大学にて執り行う。


女子聖学院中学校(東京都北区)は12月3日(土)に「入試体験会」を開催する。これは、受験生が実際の試験会場で国語と算数の模擬問題に挑戦する本番さながらの体験会。入試体験の後には、模擬問題の解説と、社会・理科を含めた4科目の入試担当者による詳細な解説も行う。なお、受験生が模擬問題に挑戦している間は保護者向けの学校説明会が同時開催される。参加無料、要事前申し込み。


入試関連2016/11/19

女子聖学院中学校(東京都北区)は2017年度入試から「日本語表現力入試」と「英語表現力入試」を新しく導入する。「日本語表現力入試」では、自分の思考を自分のことばで表し、他者の理解を深めるツールとして活き活きと学ぶ児童を募集。「英語表現力入試」では、同校の国際理解教育、英語教育に積極的に参加したい児童を募集する。


淑徳中学校・高等学校(東京都板橋区)は9月17日(土)、18日(日)に文化祭を開催する。バトン・ダンス部の公演など部活動の発表をはじめ、難民支援ボランティア・特製スープ販売、お化け屋敷や脱出ゲームなど盛りだくさんの内容で、英語スピーチコンテストや似顔絵コンテストといった企画も実施。当日は、受験生対象の校内見学ツアーも開催する。予約不要。


女子聖学院中学校・高等学校(東京都北区)は、2017年度入学者向けのイベントを開催。4月23日(土)の「English Workshop」を皮切りに、5月25日(水)には保護者向け説明会「JSGプレシャス説明会」、6月25日(土)には2016年度1回目の大規模学校説明会「生徒に人気の教師が語る女子聖の授業」を実施する。


山脇学園中学校(東京都港区)は平成28年度から「英語特別枠一般入試」を導入する。これは、新しい教育に適合した生徒を積極的に受け入れるための入試制度。本格的に英語を学んできた国内生を対象に、英語、国語、算数の3科目で実施する。同入試制度に伴い、中学校1年に「海外での活躍を志す国内生」と「海外経験豊富な帰国生」によるクロスカルチャークラスを設置した新しい教育もスタートする。


入試関連2015/12/26

女子聖学院中学校(東京都北区)は2016年度入試から「英語入試」を導入する。内容は、リスニングや暗誦、自己紹介などで、定員は10名。同校が行う国際理解教育・英語教育を「積極的に学び、自ら表現する」意欲にあふれた生徒を広く募集する。


東大・東工大・医学部・早慶他難関大学合格者505名に急上昇。21世紀型デザインの新校舎の中にイングリッシュ・スタジオが9月にオープン。赤羽駅・ときわ台駅・練馬高野台駅、志村三丁目駅よりアクセス可。学校説明会では学校紹介、施設見学、スーパー特進入試および東大選抜(セレクト)入試について、過去問(未公開)を利用して解説する。


文教大学付属中学校・高等学校(東京都品川区)は2016年度入試より、中学・高校両入試の全日程で、ホームページからのWeb出願を導入する。これは、受験生や保護者の出願手続きの利便性向上を目的としたもので、願書や募集要項を取り寄せなくても出願手続きが可能になる。また同校事務室にも出願用パソコンを設置する。


入試関連2015/10/03

県内で初めてIB(国際バカロレア)MYPの候補校に認定された昌平中学校(埼玉県北葛飾郡杉戸町)が、2016年度入試からインターネット出願を導入。ネットに接続できる環境があれば、いつでも、どこからでも出願手続きを行うことができるようになる。また、適性検査型入試を導入し、中学入試に特化した受験勉強をしていなくてもチャレンジできるようになる。


入試関連2015/09/28

安田学園中学校・高等学校(東京都墨田区)では2016年度入試より、中学・高校の両入試の全日程でホームページからのWeb出願を導入。合格後の「入学金」「入学準備費用」の払い込みなど、入学手続も同校ホームページの専用サイトから行うことになった。


入試関連2015/09/26

開智未来中学校・高等学校(埼玉県加須市)は2016年度入試からインターネット出願を導入する。インターネットにつながる環境があればどこからでも出願手続きを行うことができ、願書の受け取り・提出のための来校が必要なくなるため、出願手続きにかかる保護者の手間が軽減される。また、学校側も出願の受け付けにかけてきた労力をシステムに代行させることで、受験生や在校生と向き合う時間を確保できるメリットがある。


入試関連2015/09/17

サレジオ学院中学校(横浜市都筑区)は2016年度入試より、全日程でインターネット出願に切り替える。A試験の出願期間は2016年1月9日(土)〜1月23日(土)、B試験の出願期間は2016年1月9日(土)〜1月23日(土)と2月2日(火)・3日(水)。


山脇学園中学校・高等学校(東京都港区)は、国際社会で活躍する志を育成する施設として「イングリッシュアイランド」を新設。同施設を拠点とした英語教育プログラムを充実させてきた。このたび、2016年度から英語特別枠入試を実施。海外経験豊かな帰国生と国内で英語の学習を継続してきた国内生とを積極的に受け入れ、新たな教育をスタートする。


入試関連2015/07/18

金沢工業高等専門学校(石川県金沢市/校長:ルイス・バークスデール)では、中学生を対象に、8月21日(金)、22日(土)の9時から15時まで「夏休み体験入学」を開催する。英語でクッキングやゲーム制作に挑戦し、外国人教員や金沢高専生と親しむ10のプログラムを実施。


駒込中学校・高等学校(東京都文京区)では「併設型中高一貫校」としての特色を生かし、さまざまな独自教育を展開している。来年度から、中学校では「スーパーアドバンスイングリッシュコース」、高等学校では「国際教養コース」を新設。グローバル時代に活躍できる「21世紀型」の人材の育成を目指す。


入試関連2014/11/25

淑徳SC中等部高等部(東京都文京区)は、中等部特選コースと高等部I類(特選)の開設に伴い、来年度から成績優秀者の入学金(250,000円)と施設費(199,200円)を免除する。これは成績優秀者に対する優遇措置として行われるもので、入口から優秀な生徒を確保し、国公立大学や難関私大への現役合格を目指す。


東京実業高等学校(東京都大田区)では8月以降、8回にわたって学校説明会を開催している。年内最後となる11月22日(土)、30日(日)、12月6日(土)の日程では、教育方針や進路指導、入試情報などの説明のほか、生徒による学校生活の紹介やマーチングバンド部による演奏も実施。スペシャルプログラムでは生徒らによる「東京ゲームショウ」の報告や交換留学プログラムの紹介も行われるなど、普通科および機械科、電気科を擁する東実の魅力に触れられる内容となっている。事前申し込み不要。


工学院大学附属中学校・高等学校(東京都八王子市)は2015年4月より、併設型中高一貫教育校として「21世紀型教育」を推進する教育機関として新たにスタート。これまでに築いてきた科学的思考力を伸ばす教育を強みにしつつ、さらにグローバル人材を育てる独自の教育システムを打ち立てた。これに伴い、7月23日(水)13:30より工学院大学新宿キャンパスにて記者発表会を実施する。