news

「産官学連携」のニュース記事検索結果 1965件

学校法人立命館(京都市、理事長 長田豊臣、以下「立命館」)とル・コルドン・ブルー・インターナショナルBV(オランダ・アムステルダム、会長 アンドレ・コアントロ、以下「ル・コルドン・ブルー」)は、7月20日(木)に教学提携に関する協定を締結した。国内の高等教育機関とル・コルドン・ブルーによる本格的な協定締結は日本初となる。


産官学連携2017/07/20

文化学園大学がGoogle Arts & Cultureの「We Wear Culture−ファッションプロジェクト」に参加。


学習院大学(東京都豊島区)経済学部経営学科の青木幸弘教授(経済学部長)ゼミは、「Pasco」ブランドで知られる敷島製パン株式会社と産学協同で「塩バターフレンチスティック4本入」と「ちぎってフォンダンショコラ」を開発。8月1日(火)から関東地区の量販店や食料品店等で発売する。これに先立ち、7月29日(土)の同大オープンキャンパスで商品説明会を開催。学習院大学の産学連携の取り組みについて参加者にアピールするほか、商品の配布も予定している。


産官学連携2017/07/20

愛知工業大学(学長:後藤泰之)は7月18日、株式会社大垣共立銀行(頭取:土屋 嶢)と産学連携に関する協定を締結した。本協定は、両者の相互協力により地域活性化に資する産学連携活動を推進し、地域社会の発展に寄与することを目的としている。愛知工業大学が金融機関と協定を結ぶのは今回が初めてとなる。


東京情報大学(学長:鈴木 昌治、千葉県千葉市)と株式会社日立システムズ(代表取締役 取締役社長:北野 昌宏、本社:東京都品川区/以下、日立システムズ)は今年7月12日に、サイバーセキュリティに関する包括連携協定を締結した。


大阪電気通信大学と株式会社マンダムは7月7日、同社のヤング男性向けグルーミングブランド「ギャツビー」が提案する「男の就活身だしなみセミナー」を開催した。これは、同大の就職支援プログラムの一環として男子学生限定で実施したもの。当日は就職活動準備中の3年生や就職活動中の4年生の男子学生が多数参加した。


拓殖大学は、八王子国際キャンパスの所在地である八王子市の地域活性化や地域課題の解決と、同大の教育・研究の充実を目的として、八王子市との包括連携協定を締結することになり、下記の通り締結式を実施する。


金沢大学(石川県金沢市)は7月8日、ステークホルダー協議会を開催した。3回目となる今回は、在学生や保護者、高校関係者、地域住民、企業関係者、学内関係者など約150名が出席し、同大への要望や激励などが寄せられた。


千葉商科大学(学長:原科幸彦)人間社会学部(学部長:朝比奈剛)では、勅使河原隆行准教授のゼミナールが東日本大震災後の親子支援に取り組むふくしま子ども支援センターの事業「ままカフェ」と共に、オリジナルコーヒー「CUCブレンド」を開発。7月12日(水)から発売した。福島県や県外の避難先での生活や子育てなどの思いをくつろぎ語らう時間に最適な味と香りのコーヒーを提供し、ママたちの心の復興に繋げる。


このたび、西武信用金庫が実施している、地域や商店街の活性化に大学の強みを生かし貢献する「地域産業応援資金」に目白大学短期大学部が採択されたことに伴い、6月29日(木)に双方の関係者が出席し、贈呈式が開催された。


近畿大学総合社会学部環境・まちづくり系専攻准教授 田中晃代ゼミは、平成29年7月22日(土)、29日(土)、30日(日)、8月26日(土)、9月23日(土)、10月21日(土)、10月29日(日)、11月25日(土)に、一般市民やハイカーを対象に、日本一の里山と称される川西市黒川の古民家で、里山カフェを開設する。


近畿大学薬学部(大阪府東大阪市)が技術協力したマリンコラーゲン配合のハンドケア美容液が、平成29年(2017年)7月14日(金)、フェザー株式会社(大阪府大阪市)から発売される。


千葉商科大学(学長:原科幸彦)では、7月17日(月・祝)〜21日(金)・23日(日)に節電週間アクション「打ち水で涼しく大作戦」を実施する。打ち水による涼しさを体感することによって、学内に節電意識の醸成と節電行動の促進をめざす。この節電週間アクションは、社会科学系の総合大学として、地域に貢献する教育研究拠点をめざした基本戦略「学長プロジェクト」での「自然エネルギー100%大学」をめざした活動の一環として実施する。


実践女子大学(東京都日野市、学長:城島栄一郎)は、NEXCO中日本のサービスエリアなどを管理・運営する中日本エクシス株式会社(以下、中日本エクシス)と連携・開発した新商品「どうぶつおしりマシュマロ」を、7月15日(土)から中央自動車道 石川パーキングエリア(上り線・下り線)で発売することとなった。


白鴎大学(栃木県小山市/学長:奥島孝康)は7月17日(月・祝)に「キッズ・ユニバーシティ・おやま2017」を開催する。これは、将来を担う子どもたちの知的好奇心を刺激し、学問への憧れを抱く学びの機会を提供することを目的としたもの。小学校6年生の児童を対象に、「法学入門」「面白いクモの生態」「経営学入門」の3つの講座を行う(募集は終了)。


東京農業大学(東京都世田谷区桜丘1-1-1、学長:高野克己)は、平成29年7月7日にイスラエル国立ワイツマン科学研究所(所長:ダニエル・ザイフマン)および株式会社日健総本社(岐阜県羽島市福寿町浅平1-32、代表取締役社長:森伸夫)と、包括連携協定を締結した。


白鴎大学経営学部の小笠原伸ゼミナールは7月21日(金)に成果発表会を行う。昨年に引き続いて2回目の開催で、今回は経営学部が来夏、小山駅前に竣工の新校舎へ移転することを踏まえて「北関東の結節点を考える」とテーマを設定。グループに分かれたゼミ生らが、周辺の自治体に行ったヒアリング調査を踏まえた研究成果と企画の発表を行う。一般の方も参加可能で、参加費は無料。


関東学院大学(本部:横浜市金沢区/学長:規矩大義)法学部は、リコージャパン株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長執行役員CEO:松石秀隆)神奈川支社との間で、地域の持続的発展に向けた「まち・ひと・しごと」創生の取り組みを共同で進めるため、連携協定を締結する。7月18日(火)には、両者の関係者が出席し、横浜・金沢八景キャンパスで調印式を執り行う。


神田外語グループ(東京都千代田区/理事長:佐野元泰)は、7月〜8月に英語教員対象の英語教育公開講座を開催する。小学校・中学校・高等学校などで活躍されている現役教員、その他英語教育関係者、英語・英語教育に関心のある方を対象に、アクティブラーニングの実践や語学授業におけるICTの活用、4技能型試験の指導ポイントなど、近年注目を集める種々のテーマを扱った講座を設定。それぞれの分野で先進的な取り組みをしている一級の講師陣が、最先端の英語教育法や専門知識、技術などを教授する。本イベントの目的は、参加者の広範にわたるニーズに呼応するとともに、学んだことを現場で活用してもらうことにある。1講座につき2,000円(税込)。基調講演は無料。※定員は添付資料参照


千葉商科大学(学長:原科幸彦)では、社会貢献活動の一環として、CUC公開講座を開講する。同大は、社会科学系の総合大学として、地域に貢献する教育研究拠点をめざした基本戦略「学長プロジェクトプラン」の下、その実現に向けて全学一丸となって取り組んでいる。同講座では、同大設立の理念である商業道徳の涵養を現代に適合させ、アカウンタブルな社会・経済の形成に向け、大学の貢献の立場から参加者と共に考え議論する。