静岡文化芸術大学

静岡文化芸術大学が匠公開講座「匠とデザイン」(全2回)を開催 -- 日本の伝統建築・伝統工芸についての理解を深める

大学ニュース  /  イベント  /  教育カリキュラム  /  生涯学習  /  地域貢献

  • ★Facebook
  • ★Twitter
  • ★Google+
  • ★Hatena::Bookmark

静岡文化芸術大学(浜松市中区)は、来年4月の「匠領域」開設に先立ち、匠公開講座「匠とデザイン」(全2回)を開催する。10月20日(土)の第1回は、東京藝術大学客員教授で東京大学名誉教授の藤井恵介氏が「伝統建築の美と技、そして未来へ」と題して講演。12月8日(土)の第2回では、横浜美術大学教授の加藤良次氏が「『染色とは?』から古代伝統染色・茜色まで」をテーマに語る。公開講座の受講生は、講演後に行われる公開ワークショップも見学可。日本の伝統建築・伝統工芸についての理解を深めてもらう機会とする。要事前申し込み、参加費無料。

 静岡文化芸術大学は来年4月、デザイン学部デザイン学科に匠領域を設置。同領域では、日本の伝統建築や工芸に関する歴史、文化、現代社会との関わりについての知識とデザイン技術を学ぶ。今日まで受け継がれてきた匠の技術を理解し、体験することで、新しい日本の空間やデザインを提案することのできるデザイナーを育成する。

 このたび、匠領域の設置に先立って、公開講座「匠とデザイン」を開催する。第1回は、東京藝術大学客員教授で東京大学名誉教授の藤井恵介氏が、日本の伝統建築の魅力や技術、未来への継承について語る。また第2回では、横浜美術大学教授の加藤良次氏が、日本染色の歴史や日本固有の色である「茜色」について、自身の作品などを交えながら解説する。概要は下記の通り。

◆匠公開講座「匠とデザイン」概要
□第1回 木の匠「伝統建築の美と技、そして未来へ」
【日 時】 10月20日(土)10:00~12:00
【会 場】 静岡文化芸術大学 南176講義室
【講 師】 藤井恵介(東京藝術大学客員教授、東京大学名誉教授)
【受講料】 無料(要申込)
【受講資格】 高校生以上
【定 員】 100名
■同時開催 公開ワークショップ「木造りの技術」
 ・時間: 13:30~16:00
 ・場所: 構造実験室
 ※公開講座受講生は見学可
□第2回 染織の匠「『染色とは?』から古代伝統染色・茜色まで」
【日 時】 12月8日(土) 13:00~14:30
【会 場】 静岡文化芸術大学 南176講義室 
【講 師】 加藤良次(横浜美術大学教授)
【受講料】 無料(要申込)
【受講資格】 高校生以上
【定 員】 100名
■同時開催 公開ワークショップ「染織の技術」
 ・時間: 14:30~16:00
 ・場所: 学内工房
 ※公開講座受講生は見学可

【申込方法】
 ホームページまたはFAXで、次の必要事項を記載の上、申し込み
 ・必要事項
 (1)氏名(フリガナ)
 (2)連絡先(郵便番号、住所、電話番号)
 (3)受講者区分(一般・高校生)
 (4)受講希望日

▼本件に関する問い合わせ先

公立大学法人 静岡文化芸術大学 企画室

住所

: 静岡県浜松市中区中央2-1-1

TEL

: 053-457-6113

FAX

: 053-457-6123

eye.jpg