東京女子大学

東京女子大学が慶應義塾大学と合同グループディスカッション実践対策セミナーを実施 -- 現役人事担当者がフィードバック

大学ニュース  /  イベント  /  大学間連携  /  IT情報化  /  キャリア就職

  • ★Facebook
  • ★Twitter
  • ★Google+
  • ★Hatena::Bookmark

東京女子大学(東京都杉並区、学長:茂里 一紘)キャリア・センターは3月24・26日に、慶應義塾大学と合同でグループディスカッション実践対策セミナーを開催した。対象は3年生と大学院1年生で、Web会議システムZoomを使い、オンラインで実施。グループごとに企業の人事担当者が1名ずつつき、グループ全体だけではなく参加者個人に対するブラッシュアップのためのフィードバックも行われた。また、終了後には参加者同士での情報交換の機会を設け、情報解禁後の動きを共有したり共に就活を進める仲間を見つける学生もいた。

【セミナー概要】
・Web会議システムを利用したオンライン実施
・グループディスカッション実践練習を2回確保
・6名×10グループで2日程実施
・現役人事担当者の協力を得て、全体フィードバックと個別フィードバックを実施
・終了後に参加者同士の情報交換の機会の場を設ける

 東京女子大学キャリア・センターでは、学生一人ひとりが充実した日々を送り、自信をもって卒業していけるよう、従来の方法に固執することなく、その時代や学生のニーズに合った支援に日々挑戦している。

 今回は、就職活動が本番を迎え採用選考に臨む学生も徐々に増えている中、慶應義塾大学と合同で、選考フローの早期に実施されることの多いグループディスカッションの対策を行った。複数の大学が合同で行うことにより、参加する学生にとって実際の採用選考の場に近い効果的な本番直前対策の機会となることが期待される。
 参加学生らは小グループに分かれてディスカッションを実施。それぞれのグループに1名ずつ企業の人事担当者がつき、グループ全体だけではなく参加者それぞれについてもフィードバックを行った。これにより、グループディスカッションの効果的な進め方や各人の発言がブラッシュアップされる。

 今回のセミナーは選考対策としてだけでなく、他者の発言や姿勢から良い点や優れた構成を理解したり、他大生との交流から就職活動の進捗を知り、今後の活動を見直すなど、さまざまな効果を期待して行われた。

 同大では、多くの就活生が希望する進路を実現するため、オンラインの利点を活かし、大学間の垣根を超える支援を今後も発展させる。また、常に移り変わる環境にスピーディに対応し、学生一人ひとりを大切にする就職支援に取り組んでいく。

■実施概要
【日 時】 3月24日(水)・26日(金) 各日13:30~16:00
【人 数】 120名(2日間合計)
【主 催】 東京女子大学キャリア・センター
【共 催】 慶應義塾大学学生部 就職・進路・教職課程グループ
【進 行】 キャリアアドバイザー 矢島慶佑氏

●東京女子大学キャリア・センター
 https://www.twcucareer.com/

(関連記事)
・東京女子大学が「5女子大学合同グループディスカッションセミナー」を開催 -- 大学の垣根を越えた新たな形のオンライン就職支援(2020.09.15)
 https://www.u-presscenter.jp/article/post-44342.html
・東京女子大学と学習院女子大学が11月30日・12月3日に実践型グループワークセミナーを実施 -- 求める人物像から読み解く面接対策(2020.12.01)
 https://www.u-presscenter.jp/article/post-44845.html

▼本件に関する問い合わせ先

東京女子大学

広報課

住所

: 〒167-8585 東京都杉並区善福寺2-6-1

TEL

: 03-5382-6476

FAX

: 03-3395-1212

E-mail

pr@office.twcu.ac.jp

keiou.jpg セミナーの様子