国際高等専門学校

ねっとり、まろやか、ソフトクリーム。「高専紅はるか」焼き芋を使ったコラボ商品、期間限定で販売開始。2022年10月30日から「蕎麦山猫とキジトラコーヒー研究所」 (白山市瀬戸)で。国際高等専門学校 2年生アグリビジネス班の活動の一環。

中高ニュース  /  生徒の活動  /  地域貢献  /  教育カリキュラム  /  イベント
(最終更新日:

  • ★Facebook
  • ★Twitter
  • ★Google+
  • ★Hatena::Bookmark

国際高専では、休耕田を活用して地域活性化に取り組む「エンジニアリングデザイン」の授業の一環で、2年生のアグリビジネス班が「高専紅はるか事業」に取り組んでいます。
この活動の一環として、このたび白山麓キャンパス校舎前にある「蕎麦山猫とキジトラコーヒー研究所」 (石川県白山市瀬戸132-4)とのコラボ商品として「高専紅はるか」の焼き芋を使ったソフトクリームを共同開発。蕎麦山猫とキジトラコーヒー研究所にて昨日(2022年10月30日)より期間限定での店頭販売を開始しました。

国際高専では、休耕田を活用して地域活性化に取り組む「エンジニアリングデザイン」の授業の一環で、2年生のアグリビジネス班が「高専紅はるか事業」に取り組んでいます。

この活動の一環として、このたび白山麓キャンパス校舎前にある「蕎麦山猫とキジトラコーヒー研究所」 (石川県白山市瀬戸132-4)とのコラボ商品として「高専紅はるか」の焼き芋を使ったソフトクリームを共同開発。蕎麦山猫とキジトラコーヒー研究所にて昨日(2022年10月30日)より期間限定での店頭販売を開始しました。

「高専紅はるか」のチップス付き「チップスべにゃソフト」が580円で、トッピングなしの「高専べにゃソフト」が500円。焼き芋の粒が練り込まれた、ねっとり、まろやか、甘さ控えめのおいしいソフトクリームに仕上がっています。

店頭に掲示されたPOPも学生自身が制作しました。


【本取り組みについて】
国際高専では2年生9名が課題解決型授業である「エンジニアリングデザイン」の一環で、校舎前の休耕田を活用して地域活性化を目指す「Agriculture Innovation Project」に取り組んでいます。プロジェクトでは、休耕田を使ってさつまいもの「紅はるか」を学生自らが栽培し、広告宣伝から販売、決算まで、さながら「農業法人」の経営ビジネスを実践していく「アグリビジネス班」と、獣害対策システムの開発に取り組む「アグリテック班」に分かれ、通年で活動しています。
「アクリビジネス班」では、自分たちで栽培した紅はるかを「高専紅はるか」というブランド名で事業展開。10月29日(土)より、生芋が「道の駅瀬女」(石川県白山市瀬戸163-1)で販売が開始されたほか、10月30日(日)と11月3日(木・祝)の2日間、9時から15時まで「道の駅瀬女」の店頭で焼き芋販売を行っています。


▼本件に関する問い合わせ先

学校法人金沢工業大学企画部広報課

担当:企画部 志鷹英男(国際高専担当) 

住所

: 石川県野々市市扇が丘7-1

TEL

: 0762464784

E-mail

koho@kanazawa-it.ac.jp

チップスべにゃソフト.JPG チップスべにゃソフト

掲示されたPOP(キジトラ研究所).JPG 店頭で掲示されているPOP(写真中央)も学生が制作

最終ミーティング.jpeg トッピングについて最終ミーティング(10月28日、蕎麦山猫とキジトラコーヒー研究所で)

焼き芋屋台.JPG 10月30日(日)と11月3日(木・祝)の2日間、9時から15時まで「道の駅瀬女」の店頭で焼き芋販売を行っている

「高専紅はるか」の焼き芋.JPG ねっとりとして甘い、スイーツのような味わいが楽しめる「高専紅はるか」焼き芋

生芋販売(道の駅瀬女).JPG 「高専紅はるか」の生芋販売は10月29日(土)から道の駅瀬女で始まったほか、金沢工業大学扇が丘キャンパス内のコンビニ「Yショップアクア店」でも11月下旬から販売予定。