近畿大学

天才編集者 箕輪厚介氏による講演会を開催 学生起業家によるピッチイベントでは箕輪氏が講評

大学ニュース  /  イベント  /  学生の活動

  • ★Facebook
  • ★Twitter
  • ★Google+
  • ★Hatena::Bookmark

近畿大学(大阪府東大阪市)は、令和5年(2023年)11月14日(火)、東大阪キャンパスにおいて、株式会社幻冬舎の編集者である箕輪厚介(みのわこうすけ)氏をお招きし、本学学生・大学院生を対象とした講演会を開催します。また、講演会後には、近畿大学の学生起業家によるピッチイベントも行い、事業内容をプレゼンテーションして、箕輪氏からアドバイスをいただきます。

【本件のポイント】
●『死ぬこと以外かすり傷』の著者、箕輪厚介氏が近畿大学で講演
●企業に属しながら起業家精神を持った働き方をするための考え方や、人生において成功するためのマインドセットなどについて学ぶ
●ピッチイベントも開催し、学生起業家2名のプレゼンテーションに箕輪氏がアドバイスを送る

【本件の内容】
近畿大学では、令和7年(2025年)までに大学発ベンチャー企業100社を創出することを目的として、令和4年(2022年)4月に近畿大学起業支援プログラム「KINCUBA(キンキュバ)」を立ち上げ、起業家マインドの醸成から法人設立までをサポートしています。その一貫として令和5年(2023年)4月に、起業家育成を目的として、本学で12番目となる大学院修士課程「実学社会起業イノベーション学位プログラム」を新たに開設しました。
今回開催するイベントは、「実学社会起業イノベーション学位プログラム」の1期生であり、KINCUBA内の学生コミュニティ「起業ナビ」に所属している大学院生が企画・主催するものです。
第1部では、株式会社幻冬舎の編集者である箕輪厚介氏をお招きし、企業に属しながら起業家精神(アントレプレナーシップ)を持った働き方をするための考え方や、人生において成功するためのマインドセットなどについてお話しいただきます。なお、箕輪氏は5年前にも本学でご講演されています。
第2部では、学生起業家によるピッチイベントを行います。「実学社会起業イノベーション学位プログラム」1年生で株式会社やるか、やらんか。(奈良県奈良市)代表取締役社長でもある西奈槻さんと、経営学部4年生で株式会社BraveValley(大阪府阪南市)代表取締役の谷勇紀さんの2名が、自身の事業内容を箕輪氏にプレゼンテーションし、アドバイスをいただきます。

【開催概要】
日時:令和5年(2023年)11月14日(火)15:00~17:30(受付開始14:30)
場所:近畿大学東大阪キャンパス
   <第1部>アカデミックシアター 2号館1階 実学ホール
   (大阪府東大阪市小若江3-4-1、近鉄大阪線「長瀬駅」から徒歩約10分)
   <第2部>KINCUBA Basecamp ※ 東大阪キャンパス西門前
   (大阪府東大阪市小若江3-6-9、近鉄大阪線「長瀬駅」から徒歩約10分)
対象:近畿大学生・大学院生
   第1部(定員200人、要事前申込、入場無料)
   第2部(定員50人、事前申込不要、入場無料)
プログラム:<第1部>15:00~16:00 箕輪厚介氏による講演会
      <第2部>16:45~17:30 学生起業家によるピッチイベント

【講師プロフィール】
箕輪厚介(みのわこうすけ)氏
昭和60年(1985年)生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。平成22年(2010年)に株式会社双葉社に入社。ネオヒルズとのタイアップ企画『ネオヒルズジャパン』を創刊し、3万部を完売。『たった一人の熱狂』見城徹氏著、『逆転の仕事論』堀江貴文氏著などを手掛ける。平成27年(2015年)株式会社幻冬舎に入社後、NewsPicksと新たな書籍レーベル「NewsPicksBook」を立ち上げ、編集長に就任。『多動力』堀江貴文氏著、『日本再興戦略』落合陽一氏著、『メモの魔力』前田裕二氏著など、編集書籍は次々とベストセラーに。平成30年(2018年)8月、自身の著書『死ぬこと以外かすり傷』を発売し、14万部を突破。令和元年(2019年)12月には『マンガ 死ぬこと以外かすり傷』も発売。令和5年(2023年)9月15日、新刊『かすり傷も痛かった』『怪獣人間の手懐け方』の2冊が同時発売。

【大学院修士課程「実学社会起業イノベーション学位プログラム」】
大学4年間で起業した学生が、大学院に進学することで事業を成長させながらさらに知識・経験を深めて事業を成長軌道にのせることができるように、学部・大学院の連携による近畿大学ならではのアントレプレナーシップ教育をめざして開設しました。本大学院は、起業をめざす方はもちろん、すでに起業している方も入学できることが特徴です。学生・社会人を問わず広く志願者を受け入れ、薬学、医学、理工学、経営学など、大学で学んだ専門分野を生かして起業に挑戦することができます。すでに起業している方は、自身の会社での活動についてインターンシップとして単位認定を受けることも可能です。また、オンライン・オンデマンド形式の講義を増やすことで、ワーク・スタディ・ライフバランスの充実を図るカリキュラム構成になっています。

【近畿大学起業支援プログラム「KINCUBA」】
令和7年(2025年)までに大学発ベンチャー企業100社創出を目指し、近畿大学が全学をあげて取り組んでいる起業支援プログラムです。医学から芸術まで網羅する多様な研究分野や、57万人を超える卒業生ネットワーク、モノづくりのまち東大阪市・八尾市の地域特性、最先端のDX技術など、総合大学としての強みを生かして学生や研究者の起業を支援します。起業を目指すために必要な学びやマッチングのサポートから、各分野のメンターによる相談受付、キャンパスを活用した実証実験など、起業マインドの醸成から法人設立・事業展開まで一貫した支援を行っています。なお、「KINCUBA(キンキュバ)」とは、''KINDAI''と''INCUBATION''を組み合わせた造語です。令和4年(2022年)10月には、近畿大学発ベンチャー企業を生み出す拠点として、学生が24時間利用でき、法人登記も可能なインキュベーション施設「KINCUBA Basecamp」をオープンしました。

【関連リンク】
実学社会起業イノベーション学位プログラム(修士課程)
https://www.kindai.ac.jp/graduate/department/entrepreneurship/
学校法人近畿大学KINCUBA公式サイト
https://www.kindai.ac.jp/kincuba/

▼本件に関する問い合わせ先

広報室

住所

: 〒577-8502 大阪府東大阪市小若江3-4-1

TEL

: 06‐4307‐3007

FAX

: 06‐6727‐5288

E-mail

koho@kindai.ac.jp

1.jpg 箕輪厚介氏