敬愛大学・敬愛短期大学

敬愛大学情報マネジメント研究会が7月27日にシンポジウム「デジタル時代の空港まちづくり」を開催 ― 成田国際空港の機能強化および同空港を核とした千葉県のまちづくりについて考察

大学ニュース  /  イベント  /  産官学連携  /  IT情報化  /  地域貢献

  • ★Facebook
  • ★Twitter
  • ★Google+
  • ★Hatena::Bookmark

敬愛大学(千葉市稲毛区/学長:中山幸夫)情報マネジメント研究会は7月27日(土)、ホテルグリーンタワー幕張(千葉市美浜区)において、シンポジウム「デジタル時代の空港まちづくり」を開催。デジタル時代を背景として成田国際空港が目指すさらなる機能強化について学ぶとともに、同空港を核として千葉県が目指すべきまちづくりの方向について議論を深める。参加費無料、要事前申込(申込締切は7月21日(日)まで)。

 国際的なヒトやモノの往来が活発化しており、利便性が高く十分なキャパシティを持つ国際空港は、どの国においても重要な交通・物流インフラとなった。同時に、国際空港はそれ自体で多くの業種の雇用を生み出すとともに、ヒト・モノの起終点として交通産業・物流産業・観光産業など関連産業の需要を創出し、地域経済の活性化に寄与している。

 成田国際空港においても、2023年に新型コロナウイルス感染症が5類に移行してから、国際線・国内線とも旅客数が増加し、将来の需要に応えるための滑走路の新設、空港アクセスの改善などが計画されている。

 このたびのシンポジウムでは、デジタル時代を背景に成田国際空港が目指すさらなる機能強化について学ぶとともに、同空港を核として千葉県が目指すべきまちづくりの方向について議論を深める。


敬愛大学情報マネジメント研究会主催シンポジウム
「デジタル時代の空港まちづくり」
【日 時】7月27日(土)13:30~16:30(13:00開場)
【会 場】ホテルグリーンタワー幕張 4階 ロイヤルクレッセント(千葉市美浜区ひび野2-10-3)
《アクセス》
・電車:JR京葉線 海浜幕張駅下車南口(改札出て左)から徒歩約3分
・バス:JR総武線・京成線 幕張本郷駅から約15分
※駐車場に限りがあります。公共交通機関をご利用の上ご来場ください。

【プログラム】
《第1部》基調講演
・基調講演1
「デジタル時代の成田国際空港を目指して」
 田村 明比古 (成田国際空港株式会社 代表取締役社長)
・基調講演2
「成田国際空港を核とした交通とまちづくり」
 石田 東生 (筑波大学名誉教授、学長特別補佐、一般財団法人国土技術研究センター・国土政策研究所長)
《第2部》パネルディスカッション
・パネリスト
 田村 明比古
 石田 東生
 福島 眞司 (成田市副市長)
 南 陽 (株式会社NTT PCコミュニケーションズ 法人ビジネス推進本部ビジネスデザイン部門イノベーション部担当部長)
・コーディネーター
 根本 敏則 (敬愛大学特任教授・情報マネジメント研究会会長)

【申 込】以下のURLから申し込み。※申込締切:2024年7月21日(日)
 https://forms.gle/bZTyeBSDXPmGJC15A

【主 催】敬愛大学 情報マネジメント研究会
【URL】
 https://www.u-keiai.ac.jp/events/20240604/


▼シンポジウムに関するお問合せ先
 情報マネジメント研究会 事務局 担当:花岡
 Mail:johomanagement★u-keiai.ac.jp ※★を@に変えて送信ください。

▼本件に関する問い合わせ先

IR・広報室

萩原

住所

: 千葉市稲毛区穴川1-5-21

TEL

: 043-284-2335

FAX

: 043-284-2261

sympo.jpg ご案内チラシ(表面)