東京工芸大学

東京工芸大学が芸術学部開設30周年を記念し「カラフルフォトリンピック」を開催

大学ニュース  /  イベント  /  産官学連携  /  地域貢献  /  その他

  • ★Facebook
  • ★Twitter
  • ★Google+
  • ★Hatena::Bookmark

東京工芸大学(学長:吉野弘章、所在地:東京都中野区)は芸術学部開設30周年を記念し、カラフルモデル(障害のあるキッズモデル)の魅力や意義を社会に伝える、全国の高校生を対象としたフォトコンテスト「カラフルフォトリンピック」を開催する。

 「カラフルフォトリンピック」は、カラフルモデル(障害のあるキッズモデル)と交流して撮影を行い、障害の有無を問わず色々な人と触れ合うことで、「ちがい」を受容できるやさしさを育み、写真の力を使ってカラフルモデルの魅力や意義を社会に伝えていくことを目的に開催される。

 フォトコンテストの撮影会は8月22日(木)に千葉県市川市の和洋学園・国分キャンパスで開催され、参加エントリーは6月17日(月)~7月31日(水)の期間、専用サイトから先着60名まで受け付けている。
 なお同コンテストは、東京工芸大学と障害児モデルのマネジメント会社「華ひらく」との共催で開催される。

 東京工芸大学は日本初の写真専門の高等教育機関として誕生し、昨年で創立100周年を迎えた。また今年2024年4月には芸術学部が開設30周年を迎え、カラフルフォトリンピックは写真学科を有する同学部の記念企画として開催されている。
 これからの社会を担う若者達が、カラフルモデルと出会い、撮影を通じて何を感じ、何を考えたのかが、未来に対する大切なメッセージになると考えられる。

 コンテスト受賞作品の発表は11月10日(日)に行われ、賞の授与式は12月14日(土)に東京工芸大学中野キャンパスで実施される。また、12月14日(土)~12月23日(月)までの期間、コンテストの写真展が同キャンパス6号館ギャラリー6B01で開催され、応募作品全てが展示される。

 コンテストの概要は下記の通り。

■「カラフルフォトリンピック」概要
・募集期間: 2024年6月17日(月)〜7月31日(水)まで
・応募資格: 高校生(フリースクール、通信、高専、インターナショナルスクールなど含む)
・応募形態: 個人応募(写真部への所属は問わない)
・参加費 : 無料
・応募人数: 先着60名(エントリー締め切り7月31日(水))
・コンテストの流れ:
 お申し込み(6/17~7/31)
 動画による説明(専用サイトにて)
 撮影会(8/22)
 写真とプレゼンテーションの提出期間(9/2~9/20)
 審査期間(10/1~10/20)
 受賞作品発表(11/10)
 授賞式&セレモニー(12/14)
 写真展(12/14~12/23)

・主 催:東京工芸大学/華ひらく
・URL: https://colorful-photolympic.com/

■東京工芸大学
 東京工芸大学は1923(大正12)年に創立した「小西寫眞専門学校」を前身とし、当初からテクノロジーとアートを融合した無限の可能性を追究し続けてきた。2023年に創立100周年を迎えた。
URL: https://www.t-kougei.ac.jp/

▼本件に関する問い合わせ先

学校法人東京工芸大学 総務・企画課 広報担当

TEL

: 03-5371-2741

E-mail

university.pr@office.t-kougei.ac.jp

kougei_colorful-photolympic_omote.jpg 東京工芸大学芸術学部開設30周年記念企画「カラフルフォトリンピック」チラシ

kougei_colorful-photolympic_ura.jpg 東京工芸大学芸術学部開設30周年記念企画「カラフルフォトリンピック」チラシ裏

中野1号館.jpg 東京工芸大学中野キャンパス

tokyokougei100logo1923ver.jpg 東京工芸大学創立100周年記念ロゴ