news

横浜市立大学

横浜市立大学が「ディズニー・バレンシア国際カレッジプログラム」を開始――米国フロリダ州ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートで海外就業体験


横浜市立大学は、グローバル人材育成の一環として、米国フロリダ州バレンシア大学と「ディズニー・バレンシア国際カレッジプログラム」(以下、プログラム)実施に関するMOU(覚書)を締結した。これにより、同大学生は、バレンシア大学の授業を受講しながら同州ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート(以下、WDW)での就業体験(実習)を積むことができることとなる。


1  プログラムの趣旨

 横浜市立大学では、夏季休業期間を利用して、1か月程度の海外就業体験プログラムに学生を派遣してきた。このたび、グローバルな視野をもつ人材の育成をさらに強化するため、5か月にわたる、授業と実習を組み合わせたプログラムを来年度より開始する。派遣中、学生は休学することなく修学でき、単位の取得状況によっては4年間で卒業することも可能となる。

2  プログラムの内容

 米国フロリダ州オーランド市にあるバレンシア大学の科目を履修しながら同市のWDWでの就業体験(実習)を行うプログラム。派遣中、学生はWDW実習生専用の寮で他国からの実習生と共同生活をする。寮内に教室が完備され、ウォルト・ディズニー・カンパニーとバレンシア大学による授業を週約8時間受講し、WDWで週37時間程(時期により異なる)の就業体験(実習)を行うプログラム。本プログラムは、ウォルト・ディズニー・カンパニーと提携している米国の大学とMOU(覚書)を結んだ米国以外の大学に在籍中の学生が対象となる、限られたプログラムである。

3 調印式

 平成26年1月21日(現地時間)にバレンシア大学とMOU(覚書)を締結。横浜市立大学からは学長代理として、キャリア形成支援委員会委員長の大関泰裕教授が調印式に出席した。

▼本件に関する問い合わせ先
 キャリア支援課
 TEL: 045-787-2090

<参考資料>プログラム、ウォルト・ディズニー・カンパニー、バレンシア大学について

横浜市立大学の詳細情報

大学探しナビ

大学探しナビで横浜市立大学の情報を見る

ニュース一覧アイコン横浜市立大学のその他のニュースはこちら
印刷用ページ このニュースを友達に送る