「恵泉女学園大学」のニュース記事検索結果 22件

恵泉女学園大学が5月26日に国際シンポジウム「女性の『生涯就業力』と女子大学の新しい役割」part3を開催 -- 梨花女子大学教授・アジア女性学センター長の金恩實氏らを招請

恵泉女学園大学は5月26日(土)に国際シンポジウム「梨花×恵泉 女性の『生涯就業力』と女子大学の新しい役割part3~今、女子大学生に必要な高等教育を考える」を開催。梨花女子大学教授の金恩實氏と李明宣氏、衆議院議員の山川百合子氏を招き「女性...

恵泉女学園大学でトークセッション「有機園芸を通じて社会とつながる」~たま食ネット×福島有機農家×子ども食堂・誰でも畑、恵泉教育農場~を開催

恵泉女学園大学でトークセッション「有機園芸を通じて社会とつながる」~たま食ネット×福島有機農家×子ども食堂・誰でも畑、恵泉教育農場~を開催

恵泉女学園大学で5月26日(土)に開催される大学行事・“恵泉スプリングフェスティバル2018”の中で、トークセッション「有機園芸を通じて社会とつながる」がもたれる。 今年度のスプリングフェスティバルは、3.11以降この7年間の大学と福島のつ...

恵泉女学園大学と多摩市が共催で、「オスロ・被爆者キャンペーン・報告会(ノーベル平和賞授賞式2017に参加して)」を開催

恵泉女学園大学と多摩市が共催で、ノーベル平和賞授賞式終了に伴い、式典に参加した被爆者の方々による報告会を行う。

恵泉女学園大学で「ノーベル平和賞授賞式への被爆者の参加を応援するキャンペーン」募金活動を実施中

恵泉女学園大学で「軍縮と核問題」を教えている川崎哲氏(ピースボート共同代表)が国際運営委員を務める「核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN/ican)」が2017年度ノーベル平和賞を受賞した。 恵泉では学内外の人々と共に、核兵器のない世界の実...

恵泉女学園大学が7月17日にミニシンポジウム「梨花×恵泉 女性の生き方」を開催 -- 女子大学の教育力や女性の人生の可能性を考える

2016年度より「生涯就業力」を教育テーマに掲げる恵泉女学園大学では、7月17日(月・祝)にミニシンポジウム「梨花×恵泉 女性の生き方」を開催する。これは昨年11月に開催した国際シンポジウム「女性の『生涯就業力』と高等教育の新しい役割」の連...

恵泉女学園大学が5月27日に「恵泉スプリングフェスティバル2017 -- 未来につながる根を張ろう!」を開催 -- オープンキャンパスも同時開催

恵泉女学園大学(東京都多摩市)は5月27日(土)に「恵泉スプリングフェスティバル2017」を開催する。これは、在学生の家族・保証人や地域住民にキャンパスを開放し、“恵泉教育”を見て・知ってもらう機会として毎年5月に実施しているもの。恵泉教育...

恵泉女学園 花と平和のミュージアムが「武田美通・鉄の造形“戦死者たちからのメッセージ”を広める会」と保管協定締結 -- 作品展示会など記念イベントを開催

恵泉女学園「花と平和のミュージアム」(東京都多摩市)はこのたび、「武田美通・鉄の造形“戦死者たちからのメッセージ”を広める会」と保管協定を締結。これにより、2016年に急逝した造形作家・武田美通氏の全作品を預かることとなった。協定締結を記念...

訃報:秋田稔 学校法人恵泉女学園名誉学園長

学校法人恵泉女学園名誉学園長秋田稔は、病気療養中のところ4月28日に永眠いたしました(享年97歳)。

恵泉女学園大学が「多摩市まちの環境美化条例」で表彰状 -- 長年にわたる多摩センター駅前でのアダプト花壇の活動が評価

恵泉女学園大学が「多摩市まちの環境美化条例」で表彰状 -- 長年にわたる多摩センター駅前でのアダプト花壇の活動が評価

東京都多摩市では「多摩市まちの美化条例」に基づき、地域の清掃活動やゴミのポイ捨て防止活動など、街の環境美化に長年にわたり貢献した個人や団体に対する表彰を平成25(2013)年度から行っている。平成28(2016)年度は、恵泉女学園大学をはじ...

恵泉女学園大学とNPO法人あい・ぽーとステーションが、3月10日に生涯就業力講座シンポジウム『女性国会議員と語る女性施策・子育て支援施策』を開催

恵泉女学園大学(東京都多摩市、学長:大日向雅美)では2017年度から、いったん社会を離れた卒業生が新たに社会参画を目指すためのプログラムを本格展開していくことになった。すでに、昨秋より子育てひろば「あい・ぽーと麹町」で試行しているが、3月1...

恵泉女学園大学がNPO法人あい・ぽーとステーションと交流・協力に関する協定を締結

恵泉女学園大学(東京都多摩市)は、子育て支援施設の運営などを行うNPO法人あい・ぽーとステーション(東京都港区)と1月30日に協定を締結した。これは、地域社会の発展強化および、そこで活躍できる人材の育成を目指して締結されたもの。今後は同大の...

恵泉女学園大学が横須賀学院高等学校と相互教育研究交流に関する協定を締結 -- 教育研究の活性化や進学への意識向上を狙う

恵泉女学園大学が横須賀学院高等学校と相互教育研究交流に関する協定を締結 -- 教育研究の活性化や進学への意識向上を狙う

恵泉女学園大学(東京都多摩市)は横須賀学院高等学校(神奈川県横須賀市)と、相互教育研究交流に関する協定を締結。10月20日に調印式を行った。同大は国際社会に貢献する人材を高等学校と共に育成するため高大連携協定を結んでおり、これで3校目。

恵泉女学園大学・大学院が11月5日に国際シンポジウム『女性の「生涯就業力」と高等教育の新しい役割』を開催

2016年度より「生涯就業力」を教育テーマに掲げている恵泉女学園大学では、11月5日に女性の躍進を第一線で牽引するパネリストを迎え、国際シンポジウム『女性の「生涯就業力」と高等教育の新しい役割』を開催する。入場無料、要事前申し込み。

恵泉女学園大学が新たな社会参画を目指す卒業生のためのプログラムを展開 -- 「生涯就業力」を育成

恵泉女学園大学(東京都多摩市)は2017年度から、いったん社会を離れたが新たな社会参画を目指す卒業生のためのプログラムを展開する。これは、今年度から同大が掲げている教育テーマ「『生涯就業力』を磨く」に基づいて行われるもの。社会参画を希望して...

恵泉女学園大学が5月28日に「恵泉スプリングフェスティバル2016 -- 未来へ種を播こう!」を開催 -- 花と緑が輝くキャンパスで会いましょう

恵泉女学園大学は5月28日(土)に「恵泉スプリングフェスティバル2016」を開催する。これは、在学生のご家族・保証人はもとより、地域の方々にキャンパスを開放し、“恵泉教育”を見て・知ってもらう機会として毎年5月に実施しているもの。今年は「未...

恵泉女学園大学が『タイで学んだ女子大生たち』を発刊 -- 長期フィールドスタディプログラムの15年間の成果報告

恵泉女学園大学が『タイで学んだ女子大生たち』を発刊 -- 長期フィールドスタディプログラムの15年間の成果報告

恵泉女学園大学(東京都多摩市)はこのたび、『タイで学んだ女子大生たち』を発刊した。これは2000年度からスタートした、タイでの長期フィールドスタディプログラムの15年にわたる活動成果をまとめたもの。参加者たちの体験報告のほか、プログラムの概...

恵泉女学園大学が3月26日にシンポジウム「村井吉敬の歩くアジア学 『小さな民』から安保法制と『積極的平和主義』を考える」を開催

恵泉女学園大学が3月26日にシンポジウム「村井吉敬の歩くアジア学 『小さな民』から安保法制と『積極的平和主義』を考える」を開催

恵泉女学園大学平和文化研究所は3月26日(土)に、日本平和学会関東地区研究会と共同でシンポジウム「村井吉敬の歩くアジア学 『小さな民』から安保法制と『積極的平和主義』を考える」を開催する。これは、2013年に逝去した経済学者、村井吉敬氏と生...

恵泉女学園大学大学院が2016年度から「東アジア市民社会リーダー育成FS」を開始 -- 日・中・韓の学生と東アジア市民社会の未来をデザイン

恵泉女学園大学大学院(東京都多摩市)は2016年度から、新たに「東アジア市民社会リーダー育成FS(フィールドスタディ)」を実施する。これは、提携校である聖公会大学(韓国)、世新大学(台湾)の学生と共同で、事前授業、現地FS、事後発表会を行う...

恵泉女学園大学が第3回「福島キッズリフレッシュ&エコキャンプ@恵泉」を実施 -- 福島と東京の子どもたちの交流の場を学生らが支援

恵泉女学園大学が第3回「福島キッズリフレッシュ&エコキャンプ@恵泉」を実施 -- 福島と東京の子どもたちの交流の場を学生らが支援

恵泉女学園大学(東京都多摩市)は昨年8月に第3回「福島キッズリフレッシュ&エコキャンプ@恵泉」を実施した。これは、福島に住む子どもたちを多摩に招き、東京の子どもたちとの交流や共に体験学習を行うというもの。同大ではこうした活動を通して、東日本...

学校法人恵泉女学園が『史料室所蔵資料目録』をHPで公開 -- 収蔵リストには新渡戸稲造のサインや『花子とアン』『あさが来た』モデルに関する資料も

学校法人恵泉女学園が『史料室所蔵資料目録』をHPで公開 -- 収蔵リストには新渡戸稲造のサインや『花子とアン』『あさが来た』モデルに関する資料も

学校法人恵泉女学園(東京都世田谷区)はこのたび、『恵泉女学園史料室所蔵資料目録その1』(2014年11月発行)および『同その2』(2015年11月発行)をPDF資料にまとめ、学園ホームページで公開した。目録に含まれる資料は1889年から19...