麻布大学

麻布大学の菊水健史教授らによる研究が科学研究費助成事業「基盤研究(S)」に採択 ~「ヒトイヌ共生によるWell-beingの向上 -- 身体・向社会性・社会ネットワークの強化との関連」

大学ニュース  /  先端研究  /  地域貢献

  • ★Facebook
  • ★Twitter
  • ★Google+
  • ★Hatena::Bookmark

麻布大学獣医学部動物応用科学科の菊水健史教授(介在動物学研究室)を代表者とした研究課題「ヒトイヌ共生によるWell-beingの向上―身体・向社会性・社会ネットワークの強化との関連」が、日本学術振興会による令和5(2023)年度科学研究費助成事業の「基盤研究(S)」に採択された。

基盤研究(S)は、独創的、先駆的な研究を格段に発展させるために設けられている研究種目。研究期間が原則として5年間、研究費の申請総額は5,000万円以上2億円以下としており、4区分ある基盤研究の中でも最も大規模で先駆的な内容を扱う。

本研究によって、現在の日本が抱える先進国最下位のウェルビーイングや、児童や家庭の孤立、地域社会の崩壊などの問題解決にもつながることが評価され、科学研究費助成事業「基盤研究(S)」の助成を受け、研究費を獲得した。
菊水健史教授は、主に動物行動学を研究。所属する介在動物学研究室では、イヌを代表とする動物とヒトがいかに共生を成り立たせているのかというテーマのもと、共生を介したヒトと動物の心身への影響を研究している。このたび採択された研究内容は以下のとおり。

◆基盤研究(S)採択課題
「ヒトイヌ共生によるWell-beingの向上―身体・向社会性・社会ネットワークの強化との関連」

【研究内容】
約20万年前に誕生したヒトは、その歴史の5分の1程度をイヌと共に歩んできた。菊水教授らは、これまでヒトとイヌが異種でありながらも、オキシトシン神経系を活性化させるような共進化を経たことを見出した。この身体変化はイヌ飼育者のウェルビーイングを高めると考えられる。一方、イヌの存在は、ある時空間の「場」においてヒトとヒトをつなぐ媒介効果が知られている。

このことから、イヌの存在がヒトに信頼と安心をもたらし、そこから生じる向社会行動が、飼育者においては心身の変化を介した信頼関係の構築を、また「場」におけるヒトとヒトの間の信頼ネットワークを強化する可能性が考えられた。そしてそのヒトとの繋がりを介して、最終的には個人のウェルビーイングが向上すると考えた。

そこで今回の研究課題においては、内分泌学や行動・生理学に加え、社会心理学、IoT技術を駆使した社会行動の調査を実施することで、これまで未踏であった、イヌの存在から創発されるヒトの信頼社会ネットワークの動態とウェルビーイングの向上の関係を明らかにする。

これらの研究は、現在の日本が抱える諸問題の解決の糸口となるといえる。

【共同研究者】
 永澤美保 麻布大学獣医学部・准教授
 西田淳志 東京都医学総合研究所・社会健康医学研究センター長
 清成透子 青山学院大学社会情報学部・教授
 香川秀太 青山学院大学社会情報学部・准教授
 石黒格  立教大学現代心理学部・教授
 宮内栄治 群馬大学生体調節研究所・准教授

<参考情報>
●菊水健史教授
 https://www.azabu-u.ac.jp/academic_graduate/lab/teacher/va/kikusui_takefumi.html 

●介在動物学研究室
 https://sites.google.com/carazabu.com/lab-kaizai/home 

●麻布大学 獣医学部
 https://www.azabu-u.ac.jp/academic_graduate/veterinary/ 
2025年に学園創立135周年を迎える麻布大学は、動物学分野の研究に重点を置く私立大学として、トップクラスの実績を基盤に新たな人材育成に積極的に取り組んでいる。
獣医学部には獣医学科と動物応用科学科が設置されている。獣医学科では、全国共通のモデル・コア・カリキュラムと参加型臨床実習に対応した獣医学教育はもちろんのこと、臨床教育に適した施設・設備を整備して充実した教育を実践している。さらに、多くの研究室において動物に関して多様な研究活動を行っている。動物応用科学科では、動物のさまざまな生命現象を、遺伝子などの分子、細胞から個体、群集までの多様なレベルで理解する動物生命科学分野、人と動物のより良い共生を追求する動物人間関係学分野の総合的な教育と質の高い研究を実施している。



▼本件に関する問い合わせ先

事務局 渉外課

磯野、野鶴

住所

: 神奈川県相模原市中央区淵野辺1-17-71

FAX

: 042-754-7661

E-mail

koho@azabu-u.ac.jp

pr_230425.jpg

hitotoinu.jpg イヌとの共生によるWell-Beingの向上