「大学通信」のニュース記事検索結果 262件

8月20日(土)・21日(日)、学び体験フェア「マナビゲート」開催

8月20日(土)・21日(日)、学び体験フェア「マナビゲート」開催

NPO法人学びの支援コンソーシアムは、8月20日(土)と21日(日)の2日間、東京国際フォーラムにて「学び体験フェアマナビゲート」を開催。“子ども目線でアレンジした”大学の学びが体験できる。12回目となる今回は、12大学が出展予定。

大学通信

7月10日に「2016東京西地区 私立中学校・高等学校進学相談会」を開催

「2016東京西地区 私立中学校・高等学校進学相談会」(主催:同実行委員会)が7月10日(日)、東京都国分寺市の東京経済大学にて開催される。東京都内の私立中学・高等学校78校(主に多摩地区の学校)が参加し、学校ごとの個別ブース形式で、入試担...

大学通信

キャンパスがロケ地に -- 愛校心や知名度アップに貢献

大学のキャンパスが、ドラマや映画のロケによく使われている。歴史を感じる趣ある校舎や広々としたキャンパスが、人気作品に数多く登場。大学の魅力アピールに繋がっている。【日本工業大学、千葉商科大学、共立女子大学、創価大学、武蔵大学、神奈川工科大学...

大学通信

保護者との連携強化 -- 保護者向けイベントや懇談会を開催

保護者向けの懇談会や情報提供などのサービスを拡充する大学が増えている。保護者との連携を強化し、教育活動や就職支援への理解を深めて良好な関係を築くことを狙いとしている。【筑波学院大学、文教大学、実践女子大学、白百合女子大学、創価大学、中央大学...

シンポジウム「新時代の教育とアクティブラーニング」を6月5日(日)に開催

シンポジウム「新時代の教育とアクティブラーニング」を6月5日(日)に開催

これからの時代を見据え、アクティブラーニング型の授業を取り入れる学校が増えている。なぜ今アクティブラーニングが必要なのか、そもそもアクティブラーニングとは何なのかを考えるシンポジウムが開催される。近年の中学入試に関する講演、2020年の大学...

大学通信

地域内の大学間連携

近年、大学間連携が積極的に行われている。地域内の課題解決、活性化などを目的に、地域内の大学が連携。互いに協力し合うことで良い相乗効果を生んでいる。【日本工業大学、大妻女子大学、駒澤大学、神奈川大学、関東学院大学、日本映画大学】

大学通信

5年前の東日本大震災における、教育・研究面の被災地支援

このたびの「平成28年熊本地震」で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。5年前の東日本大震災では、大学はそれぞれの教育・研究の特徴を生かしたさまざまな被災地支援を行いました。当時、大学プレスセンターに寄せられた情報をまとめました。

大学通信

5年前の東日本大震災における、各大学の学生・受験生への支援策について

このたびの「平成28年熊本地震」で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。5年前の東日本大震災では、大学は学生や受験生に対し、さまざまな支援を実施しました。当時、大学プレスセンターに寄せられた情報をまとめました。

大学通信

初年次教育と新入生サポート

もうすぐ入学シーズン。大学では新入生がスムーズに学生生活をスタートできるよう、さまざまなサポートを行っている。その核となるのが「初年次教育」で、文科省によると国内の9割以上の大学が実施している。大学で必要な基礎的知識やスキルを身に付けるのが...

大学通信

東日本大震災の被災地とのつながり

東日本大震災からまもなく5年。大学ではいまも学生や教職員が、それぞれの専門知識や技術を活かした復興支援活動を展開している。【札幌大学、奥羽大学、筑波学院大学、聖学院大学、神田外語大学、千葉商科大学、青山学院大学、大妻女子大学、北里大学、恵泉...

大学通信

大学発のお酒

ゼミやキャリア教育の一環として、学生がお酒造りに挑戦している。地域活性化や酒文化の普及などにつながる効果がある。また企業と連携した開発や研究も進められている。【大妻女子大学、関東学院大学、金沢工業大学、佛教大学、桃山学院大学】

大学通信

2015年 大学プレスセンターアクセスランキング

2015年のニュースアクセスランキングを上位30位までご紹介します。

大学通信

“キャンパス「お宝」”発見(3)

大学が研究・教育を行うために収集・収蔵している資料の中には、価値ある史料や芸術品など、貴重な「お宝」も多い。こうしたお宝は、企画展などで一般公開されることもある。【文教大学、聖徳大学、学習院大学、帝京大学、目白大学、立正大学、神奈川大学、金...

大学通信

11月8日に「2015私立中学校・高等学校進学相談会」を開催

「2015私立中学校・高等学校進学相談会」(主催:大学通信)が11月8日(日)、秋葉原のUDXアキバ・スクエアにて開催される。首都圏の私立中学・高等学校99校が参加し、学校ごとの個別ブース形式で、入試担当者がさまざまな相談に応じる。来場者に...

大学通信

自治体と協力して支援 学生のU・Iターン就職

U・Iターン就職の支援に力を入れる大学が増えている。自治体と協定を結び、地元の企業やインターンシップの情報を提供するなど、多様な就職先を開拓するとともに、政府が推進する地方創生の一翼も担っている。【千葉商科大学、大東文化大学、神奈川大学、関...

大学通信

インターネット出願を導入する私立中高

多くの大学で導入が進むインターネット出願(Web出願)だが、私立中高でも導入の動きが始まっている。時間や場所を選ばず出願できるため、保護者や受験生の負担が軽減されるメリットがある。【開智未来中高、昌平中、文教大学付属中高、安田学園中高、サレ...

大学通信

地域社会の中核として求められる大学の社会貢献

教育、研究と並び、社会貢献は大学の重要なミッションの一つだ。中でも「地域貢献」は、地域社会の中核的存在として、大学に大きな期待が寄せられている。【筑波学院大学、日本工業大学、聖徳大学、麗澤大学、大妻女子大学、芝浦工業大学、明治大学、テンプル...

大学通信

アクティブラーニングに力を入れている私立中高

グローバル社会を生きる「21世紀型能力」を身につけるため、アクティブラーニングを導入する私立中高が増えている。2020年の大学入試改革で求められるスキルにも通じるため、今後多くの学校で導入する可能性がある。【駒込中高、田園調布学園中高、トキ...

大学通信

エコキャンパス実現への取り組み

大学がエコの取り組みを強化している。学生が取り組む「小さなエコ」から、大学を挙げて取り組むものまでさまざまだ。【日本工業大学、千葉商科大学、駒澤大学、東京経済大学、目白大学、愛知学院大学、京都産業大学、摂南大学】

大学通信

2020年東京五輪に向けた大学の取り組み

2020年に東京で行われるオリンピック・パラリンピックに向け、大学ではさまざまな分野で貢献しようとしている。【筑波学院大学、神田外語大学、実践女子大学、芝浦工業大学、多摩大学、東京富士大学、帝京平成大学、武蔵野大学、立命館大学、追手門学院大...