「関西大学」のニュース記事検索結果 437件

◆宮本勝浩 関西大学名誉教授が推計◆2024年のネコノミクスは約2兆4,941億円

◆宮本勝浩 関西大学名誉教授が推計◆2024年のネコノミクスは約2兆4,941億円

 このたび関西大学 宮本勝浩名誉教授が、2024年のネコノミクス(ネコの経済効果)について計算したところ、約2兆4,941億円となりました。

◆関西大学が新たなキャンパスを地域の皆さまへご紹介◆「はじめまして!関大吹田みらいキャンパス体感DAY!!」を開催

◆関西大学が新たなキャンパスを地域の皆さまへご紹介◆「はじめまして!関大吹田みらいキャンパス体感DAY!!」を開催

 関西大学ではこのたび、新たな学びのフィールド“吹田みらいキャンパス”において、「はじめまして!関大吹田みらいキャンパス体感DAY!!」を2月17日(土)に開催します。

◆関西大学が飛沫防止用アクリル板をフォトスタンドとして再生◆私たちを遮ってきた「アレ」が卒業記念品に!? ~コロナ禍で入学式ができなかった2020年度入学生にSDGsなプレゼント~

◆関西大学が飛沫防止用アクリル板をフォトスタンドとして再生◆私たちを遮ってきた「アレ」が卒業記念品に!? ~コロナ禍で入学式ができなかった2020年度入学生にSDGsなプレゼント~

 関西大学ならびに関西大学教育後援会では、2024年3月に卒業する大学生・大学院生を対象に、学内で使用していた飛沫防止用アクリル板パーテーションを再利用したフォトスタンドを製作し、卒業記念品としてプレゼントします。

◆関西大学初等部6年生が「みんなが助かる」ための防災ブックを出版◆小学生が本気で取り組んだ2年間の防災活動成果を全国に届ける~出版費用はクラウドファンディングで調達!~

◆関西大学初等部6年生が「みんなが助かる」ための防災ブックを出版◆小学生が本気で取り組んだ2年間の防災活動成果を全国に届ける~出版費用はクラウドファンディングで調達!~

 このたび関西大学初等部(大阪府高槻市)は、防災ブック『やってみた!いのちを守る64の防災活動:小学生の体験レポート+専門家のアドバイス』を株式会社さくら社(東京都千代田区)から出版します。2月9日(金)から、紀伊國屋書店 関西大学高槻ミュ...

◆関西大学が豊かなうま味と栄養が自慢の特別なきのこ 豊茸(HOUDAKE)を開発し、本格販売を開始◆~社会課題解決と大学の研究シーズ活用による持続可能な生産・経営を目指して~

◆関西大学が豊かなうま味と栄養が自慢の特別なきのこ 豊茸(HOUDAKE)を開発し、本格販売を開始◆~社会課題解決と大学の研究シーズ活用による持続可能な生産・経営を目指して~

 関西大学(大阪府吹田市)とJAながの(長野県長野市)は、うま味と栄養が豊かな特別なきのこブランド「豊茸(HOUDAKE)」を共同開発し、このたび、阪急百貨店(大阪府大阪市)の協力により、1月26日(金)~1月28日(日)の間、阪急うめだ本...

◆関西大学がシェアサイクルサービス「HELLO CYCLING」を導入◆すべて電動自転車でキャンパス間の移動が便利に!~SDGs実現に向けた交通手段でキャンパス周辺のアクセスを向上~

◆関西大学がシェアサイクルサービス「HELLO CYCLING」を導入◆すべて電動自転車でキャンパス間の移動が便利に!~SDGs実現に向けた交通手段でキャンパス周辺のアクセスを向上~

 このたび関西大学は、国内最大級のシェアサイクルプラットフォーム「HELLO CYCLING」のステーションを千里山キャンパスに設置し、1月25日(木)から運用を開始します。今後は、吹田みらいキャンパスにも設置を予定しており、新たな移動手段...

◆宮本勝浩 関西大学名誉教授が推定◆恵方巻き等の経済効果は約703億520万円~売上高は過去最高の約326億円。一方、食品ロスは13億円超~

◆宮本勝浩 関西大学名誉教授が推定◆恵方巻き等の経済効果は約703億520万円~売上高は過去最高の約326億円。一方、食品ロスは13億円超~

 このたび関西大学 宮本勝浩名誉教授が、2024年の恵方巻き等の経済効果について計算したところ、約703億520万円となりました。(売上高は325億9,500万円と推定)  また、売れ残りによって廃棄処分される食品ロスの金額は、約13億38...

◆関西大学生が若い目線で岸和田市の魅力をPR◆岸和田市の新たな魅力を発見!『探検』パンフレットを作成~ SNSやGoogleマップにも情報満載! ~

◆関西大学生が若い目線で岸和田市の魅力をPR◆岸和田市の新たな魅力を発見!『探検』パンフレットを作成~ SNSやGoogleマップにも情報満載! ~

 関西大学外国語学部の井上典子ゼミでは、岸和田市との地域連携事業の一つとして、インバウンドの本格的な回復に伴い、岸和田市の魅力を発信する活動に取り組んでいます。岸和田市協力のもと、実地調査やインタビュー取材を行い、岸和田市の認知度を向上させ...

関西大学

◆第28回 関西大学先端科学技術シンポジウム「AI時代の研究と教育」を開催◆

 このたび関西大学では、第28回先端科学技術シンポジウム「AI時代の研究と教育」を、1月25日・26日の2日間、千里山キャンパスにて開催します。また、医学系研究機関との共同研究成果報告として、関大メディカルポリマーシンポジウムならびに医工薬...

◆関西大学体育会サッカー部 吉本 武さんがFC琉球に入団内定◆~正確なキックが武器の超攻撃型サイドバック~

◆関西大学体育会サッカー部 吉本 武さんがFC琉球に入団内定◆~正確なキックが武器の超攻撃型サイドバック~

 関西大学体育会サッカー部の吉本武選手(総合情報学部4年次生)が、2024年シーズンからJリーグ・FC琉球の選手として加入することが決定しました。

◆宮本勝浩 関西大学名誉教授が推定◆ドジャースに移籍した大谷選手の経済効果は約533億5,200万円(後払い契約等を反映)

◆宮本勝浩 関西大学名誉教授が推定◆ドジャースに移籍した大谷選手の経済効果は約533億5,200万円(後払い契約等を反映)

 このたび関西大学 宮本勝浩名誉教授が、ドジャース移籍による2024年の大谷翔平選手の経済効果を計算したところ、約533億5,200万円となりました。

◆宮本勝浩 関西大学名誉教授が推定◆山本由伸選手の大リーグ入団の経済効果は約315億6,645万円

◆宮本勝浩 関西大学名誉教授が推定◆山本由伸選手の大リーグ入団の経済効果は約315億6,645万円

このたび関西大学 宮本勝浩名誉教授が、山本由伸選手の大リーグ入団の経済効果を計算したところ、約315億6,645万円となりました。

◆関西大学体育会サッカー部 堤 奏一郎さん・西村 真祈さんがFC大阪に入団内定◆両利きの爆速ウィンガー(堤選手)と攻守の要である大型FW(西村選手)

◆関西大学体育会サッカー部 堤 奏一郎さん・西村 真祈さんがFC大阪に入団内定◆両利きの爆速ウィンガー(堤選手)と攻守の要である大型FW(西村選手)

 関西大学体育会サッカー部の堤奏一郎選手(社会学部4年次生)および西村真祈選手(法学部4年次生)が、2024年シーズンからJリーグ・ FC大阪の選手として加入することが決定しました。

◆関西大学が「まちFUNまつり2023」を開催◆子どもたちに楽しく学べる場を!地域に開かれた大学へ~ スポーツ・文化体験に謎解きイベント、サイエンスショー、子ども店長ほか ~

◆関西大学が「まちFUNまつり2023」を開催◆子どもたちに楽しく学べる場を!地域に開かれた大学へ~ スポーツ・文化体験に謎解きイベント、サイエンスショー、子ども店長ほか ~

 関西大学ではこのたび、地域と大学をつなぐイベント「まちFUNまつり2023」を、12月10日(日)に千里山キャンパスにて開催します。

◆シンポジウム「万博に学ぼう」を関西大学東京センターで開催!◆~2025大阪・関西万博まで500日前!首都・東京から万博機運を醸成~

◆シンポジウム「万博に学ぼう」を関西大学東京センターで開催!◆~2025大阪・関西万博まで500日前!首都・東京から万博機運を醸成~

 関西大学ではこのたび、大阪・関西万博(以下、万博)開催の500日前を記念して、シンポジウム「万博に学ぼう-2025年日本国際博覧会を知る~少し先の未来課題を、自分ごとへ」を、11月30日(木)13:30から東京センターで開催します。

◆瞳だけで傾聴するコミュニケーションロボット◆関西大学総合情報学部 瀬島吉裕研究室が日本科学未来館でロボットを常設展示~会話の熱量をシミュレーション 熱量に応じた共感する仕組みを生成~

◆瞳だけで傾聴するコミュニケーションロボット◆関西大学総合情報学部 瀬島吉裕研究室が日本科学未来館でロボットを常設展示~会話の熱量をシミュレーション 熱量に応じた共感する仕組みを生成~

 関西大学総合情報学部の瀬島吉裕准教授の研究グループは、コミュニケーション時の音声や振る舞いから、会話の熱量を推定するモデルを実装した傾聴コミュニケーションロボットを開発しました。このロボットは、実空間での発話や振る舞いを仮想的な温度情報と...

◆宮本勝浩 関西大学名誉教授が推定◆2023年の大谷翔平選手の経済効果は約504億1,008万円、2024年は約500億円(エンゼルス残留)、約643億6,800万円(ドジャース移籍)

◆宮本勝浩 関西大学名誉教授が推定◆2023年の大谷翔平選手の経済効果は約504億1,008万円、2024年は約500億円(エンゼルス残留)、約643億6,800万円(ドジャース移籍)

 このたび関西大学 宮本勝浩名誉教授が、2023年・2024年の大谷翔平選手の経済効果を計算したところ、2023年は約504億1,008万円、2024年にエンゼルスに残留した場合は約500億円、2024年にドジャースに移籍した場合は約643...

◆「関西大学防災Day2023~広がれ!みんなの安全・安心!~」を実施◆防災啓発ブースや地域防災に役立つ体験イベント、5年ぶりの炊き出し訓練も~近隣住民も参加する約1万人による大規模防災イベントを通じて防災を考える1日!~

◆「関西大学防災Day2023~広がれ!みんなの安全・安心!~」を実施◆防災啓発ブースや地域防災に役立つ体験イベント、5年ぶりの炊き出し訓練も~近隣住民も参加する約1万人による大規模防災イベントを通じて防災を考える1日!~

 関西大学ではこのたび、学生・教職員・近隣住民ら約1万人が参加する大規模防災訓練「関大防災Day2023 ~広がれ!みんなの安全・安心!~」を、11月20日(月)12:00から、全6キャンパス(千里山・高槻・高槻ミューズ・堺・北陽・梅田)お...

◆関西大学北陽高等学校「企×学協働プロジェクト『刀』(カタナ)」◆高校生が25の企業・団体のリアルな課題解決に挑戦中~満足度93.3%を誇る、SDGsを軸にした産学連携による探究学習~

◆関西大学北陽高等学校「企×学協働プロジェクト『刀』(カタナ)」◆高校生が25の企業・団体のリアルな課題解決に挑戦中~満足度93.3%を誇る、SDGsを軸にした産学連携による探究学習~

 関西大学北陽高等学校では、2022年度から探究学習の一環として、企業と学校によるSDGsの達成を目指す協働プロジェクト「刀」を実施しています。高校卒業後に武器となる力をつけてほしいという想いから「刀」と名付けられた同プロジェクトでは、同校...

◆ 関西大学公開講座「アフターコロナの働き方はチーム戦!~トップ5%社員の巻込力」。越川慎司氏が新たな働き方を解説! ◆~働き方デザイナーが指南!トップ5%社員の行動習慣を学ぶ~

◆ 関西大学公開講座「アフターコロナの働き方はチーム戦!~トップ5%社員の巻込力」。越川慎司氏が新たな働き方を解説! ◆~働き方デザイナーが指南!トップ5%社員の行動習慣を学ぶ~

 関西大学ではこのたび、公開講座「アフターコロナの働き方はチーム戦!~トップ5%社員の巻込力~」を、10月27日(金)19:00から、関西大学梅田キャンパスにて開催します。本講座では、株式会社クロスリバー代表取締役の越川慎司氏が講師として登...