ものつくり大学

ものつくり大学が埼玉県立行田特別支援学校高等部と教育連携協定を締結。高大合同で学内クリーン活動を実施!

大学ニュース  /  イベント  /  高大連携

  • ★Facebook
  • ★Twitter
  • ★Google+
  • ★Hatena::Bookmark

ものつくり大学(埼玉県行田市/学長:國分泰雄)は、2024年2月13日(火)埼玉県立行田特別支援学校高等部と教育連携に関する連携協定を締結しました。締結式に先立ち、行田特別支援学校高等部の生徒の方々と本学教職員で学内のクリーン活動を実施しました。

2024年2月13日(火)、ものつくり大学において埼玉県立行田特別支援学校高等部とものつくり大学との教育に関する連携協定の締結式が行われました。本協定を通じて本学と行田特別支援学校とが、相互の密接な連携と協力、交流により、児童・生徒の職業観育成やキャリア形成を支援し、未来の人材育成に寄与することを目的としています。

締結式に先立ち、行田特別支援学校高等部の生徒5名と、本学教職員約15名で学内のクリーン活動を実施しました。行田特別支援学校高等部の皆さんは、図書館の窓拭きを行いました。本学教職員は学内と大学周辺の歩道のゴミ拾いを行い、綺麗な大学づくりに向けて活動しました。
クリーン活動の後は、情報メカトロニクス学科の三井研究室が制作した「X-POPCORN」(エクストリームポップコーン)で作ったポップコーンを生徒のみなさんに振る舞い、交流を深めました。
行田特別支援学校とは、2月9日(金)にも情報メカトロニクス学科の三井実教授が、中学部2年生の総合的な学習の時間にロボット操作体験の交流事業を実施しています。

▼本件に関する問い合わせ先

ものつくり大学 広報地域交流係

TEL

: 048-564-3906

E-mail

koho@iot.ac.jp

DSC09106.JPG 左から田中理子行田特別支援学校校長、國分泰雄ものつくり大学学長

DSC09056.JPG 行田特別支援学校高等部のみなさんと学内クリーン活動に参加したものつくり大学の教職員

DSC09059.JPG 図書館の窓拭きを行う様子

DSC09069.JPG 行田特別支援学校高等部の皆さんと情報メカトロニクス学科の三井研究室が交流する様子