「京都産業大学」のニュース記事検索結果 352件

【京都産業大学】マルハナバチの生息地における巣の密度をDNAデータから推定するための方法を開発 -- 国際専門誌『Journal of Insect Conservation』に掲載

【京都産業大学】マルハナバチの生息地における巣の密度をDNAデータから推定するための方法を開発 -- 国際専門誌『Journal of Insect Conservation』に掲載

生命科学部 野村哲郎教授の研究グループは、野外で採集したマルハナバチの働き蜂から得たDNA情報を用いて、生息地における巣の密度を推定する方法を開発した。今回の研究成果により、種の保全において最も重要な女王蜂の個体数が推定できるようになる。

【京都産業大学】アフリカツメガエルの卵母細胞を用いた卵細胞の老化機構とアンチエイジング?~アポサイニンの有益な効果を解明!~国際学術誌「Antioxidants」(オンライン版)に掲載

【京都産業大学】アフリカツメガエルの卵母細胞を用いた卵細胞の老化機構とアンチエイジング?~アポサイニンの有益な効果を解明!~国際学術誌「Antioxidants」(オンライン版)に掲載

京都産業大学生命科学部 佐藤 賢一教授らの研究グループは、老化したアフリカツメガエルの卵細胞を用いて細胞内の活性酸素レベルを検出したところ、活性酸素量は細胞透過性のAOXによって効率的に調節でき、選択的阻害剤であるアポサイニンは、老化した卵...

【京都産業大学】神山天文台は国立天文台との共同研究により、新星爆発によるリチウム生成量の多様性の解明に成功 -- 米国天体物理学誌『The Astrophysical Journal』に掲載決定

【京都産業大学】神山天文台は国立天文台との共同研究により、新星爆発によるリチウム生成量の多様性の解明に成功 -- 米国天体物理学誌『The Astrophysical Journal』に掲載決定

京都産業大学神山天文台と国立天文台の研究チームは、国立天文台すばる望遠鏡の共同利用で、新星「いて座2015 No.3(いて座V5669)」において史上8例目となるリチウム生成の現場を捉えることに成功した。

持続可能な防災インフラ、特定立地の水田が洪水被害を緩和する ~ 生態系を利用した防災・減災を考慮した土地利用の実現に貢献 ~ 学術誌『International Journal of Disaster Risk Reduction』に掲載

持続可能な防災インフラ、特定立地の水田が洪水被害を緩和する ~ 生態系を利用した防災・減災を考慮した土地利用の実現に貢献 ~ 学術誌『International Journal of Disaster Risk Reduction』に掲載

京都産業大学生命科学部の西田貴明准教授、東京都立大学の大澤剛士准教授らの研究チームは、地表面を流れる水を貯めやすい地形条件下、くぼ地や谷地形のような場所に水田が多く存在する地域では、市街地への被害が相対的に低くなることを明らかにした。

京都産業大学×エイトレント株式会社 企業が抱える課題の解決プランを学生と社員が協働し提案!

京都産業大学×エイトレント株式会社 企業が抱える課題の解決プランを学生と社員が協働し提案!

京都産業大学経営学部は、レンタルサービス業のパイオニア企業であるエイトレント株式会社から提供された課題に、学生と社員が協働し解決プランを提案するプロジェクトを始動した。

【京都産業大学】ギャラリー企画展「京都の庭を守ったひとたち -- 森蘊と法金剛院 -- 」を開催

【京都産業大学】ギャラリー企画展「京都の庭を守ったひとたち -- 森蘊と法金剛院 -- 」を開催

京都産業大学ギャラリーにおいて、日本庭園に関する調査研究を牽引してきた一人である森 蘊(もり おさむ)氏にスポットを当て、京都における庭園の研究業績を紹介する企画展を開催。法金剛院の庭園の実測図や測量機、森氏が製作を監修した東三条殿の模型な...

【京都産業大学】世界最高解像度の地球シミュレータで金星大気中の自発的な波の励起を初めて再現 -- 国際学術誌「Nature Communications」に掲載

【京都産業大学】世界最高解像度の地球シミュレータで金星大気中の自発的な波の励起を初めて再現 -- 国際学術誌「Nature Communications」に掲載

京都産業大学理学部 高木征弘教授は、神戸大学、奈良女子大学、東北大学との共同研究において、金星の大気の流れをシミュレーションする大気大循環モデル「AFES-Venus」を、地球シミュレータを用いて世界最高解像度で走らせ、小規模な波の自発的な...

【京都産業大学】ダイコンの細胞質雄性不稔に対する稔性回復遺伝子の機能を解明 -- 学術誌「Molecular Genetics and Genomics」に掲載

【京都産業大学】ダイコンの細胞質雄性不稔に対する稔性回復遺伝子の機能を解明 -- 学術誌「Molecular Genetics and Genomics」に掲載

山岸 博 京都産業大学名誉教授らのグループは、アブラナ科作物の育種に最も広く使われている、ダイコンのオグラ型細胞質雄性不稔遺伝子(ミトコンドリアのorf138)に対する核の稔性回復遺伝子(Rfo)の働きを世界で初めて明らかにした。研究成果は...

京舞井上流井上安寿子氏による京舞も披露!京都産業大学文化学部がシンポジウム「ポストコロナ社会の文化と観光を考える」を開催する。

京舞井上流井上安寿子氏による京舞も披露!京都産業大学文化学部がシンポジウム「ポストコロナ社会の文化と観光を考える」を開催する。

京都産業大学文化学部の開設20周年記念事業の一環として、2021年4月に新設した「文化学部京都文化学科観光文化コース」の開設記念シンポジウム「ポストコロナ社会の文化と観光を考える」を開催する。

世界遺産上賀茂神社の神馬(しんめ)が交代する「神馬奉献退任奉告祭」で、京都産業大学馬術部が馬引き役を担当

世界遺産上賀茂神社の神馬(しんめ)が交代する「神馬奉献退任奉告祭」で、京都産業大学馬術部が馬引き役を担当

上賀茂神社(正式名:賀茂別雷神社)で10年ぶりに執り行われた神馬「神山号」の交代式「神馬奉献退任奉告祭」において、京都産業大学馬術部部員4人が神馬の馬引きの役割を担った。

【京都産業大学】近赤外線波長における原子吸収線カタログを作成し、恒星の元素組成を高精度に測定

【京都産業大学】近赤外線波長における原子吸収線カタログを作成し、恒星の元素組成を高精度に測定

京都産業大学 神山天文台、東京大学らの研究グループは、2つの赤色巨星(「アークトゥルス(うしかい座α星)」と「しし座μ星」)について得られた高精度なスペクトルから、近赤外線波長域における元素組成解析に適用できるさまざまな原子の吸収線カタログ...

【京都産業大学】京野菜ミブナがミズナから分岐した誕生過程を解明! -- 国際学術誌「Horticulture Research」(オンライン版)に掲載

【京都産業大学】京野菜ミブナがミズナから分岐した誕生過程を解明! -- 国際学術誌「Horticulture Research」(オンライン版)に掲載

京都産業大学生命科学部 木村成介教授らの研究グループは、京都の伝統野菜の新しい品種であるミブナが、ミズナから分岐して誕生した過程とその遺伝的背景を解明した。

京都産業大学×近畿税理士会 次世代を担う税理士の輩出・育成を目的に寄附講座を開設!

京都産業大学×近畿税理士会 次世代を担う税理士の輩出・育成を目的に寄附講座を開設!

京都産業大学は、大学における租税法および税理士制度に関する教育・研究活動、ならびに次世代を担う税理士の輩出・育成を目的として近畿税理士会と覚書を締結し、2021年度春学期に寄附講座を開設した。

京都産業大学×京都府久御山町 現代社会学部の学生が街の魅力を食で伝える「グルメガイドマップ」を作成

京都産業大学×京都府久御山町 現代社会学部の学生が街の魅力を食で伝える「グルメガイドマップ」を作成

京都産業大学現代社会学部の鈴木康久ゼミ生10人は、京都府久世郡久御山町と連携し、街の魅力を“食”で伝えるグルメガイドマップ「久御山町グルメブック 肉と麺」を制作した。

【京都産業大学】70年ぶりの三条大橋全面改修に向け、現代社会学部 鈴木ゼミ生が寄付制度の認知向上に取り組む。

【京都産業大学】70年ぶりの三条大橋全面改修に向け、現代社会学部 鈴木ゼミ生が寄付制度の認知向上に取り組む。

鈴木ゼミ生は、70年ぶりに行われる三条大橋の全面改修費用を補う寄付制度の認知向上を目的としたポスターを作成した。また、同図案は佐々木酒造の日本酒限定ラベルとして展開され、京都市ふるさと納税返礼品として活用されている。

【京都産業大学】春の一大イベント「新歓祭」を2年ぶりに開催!

【京都産業大学】春の一大イベント「新歓祭」を2年ぶりに開催!

京都産業大学では、課外活動は正課における人間形成の効果を高める重要な大学教育の一環であると考えており、コロナ禍においても学生の参加を推進している。そこで、昨年開催できなかった新入生歓迎イベント「新歓祭」を、2年ぶりに志学会執行委員会(学生自...

【京都産業大学】ガスやダストで覆われている彗星核の観測に成功 パンスターズ彗星の熱履歴を解明 -- 米国国際惑星科学誌『Icarus(イカルス)』(オンライン版)に掲載

【京都産業大学】ガスやダストで覆われている彗星核の観測に成功 パンスターズ彗星の熱履歴を解明 -- 米国国際惑星科学誌『Icarus(イカルス)』(オンライン版)に掲載

京都産業大学神山天文台と国立天文台の研究グループは、地上からの観測としては初めて、パンスターズ彗星(P/2016 BA14(PANSTARRS))※の彗星核表面に含水ケイ酸塩鉱物があることを発見し、この彗星が現在の軌道で予想されるよりも高い...

京都産業大学

【京都産業大学】遠藤斗志也教授がハンス・ノイラート賞を受賞! 永田和宏京都産業大学名誉教授に続く日本人2人目の快挙

京都産業大学生命科学部 遠藤斗志也教授(タンパク質動態研究所所長)が、世界のタンパク質研究をリードする国際組織「The Protein Society(米国蛋白質科学会)」から、2021年度の「Hans Neurath Award(ハンス・...

京都産業大学

【京都産業大学】研究活動の産学連携を強化する「研究推進センター」を新設

研究分野の産学連携の強化および外部資金の申請や知的財産関係の手続きなど、研究に関わる全ての業務を担い研究機能を強化する「研究推進センター」を新たに設置する。

【京都産業大学】隠れ食品ロスって何?規格外野菜の実態を伝えるため経営学部の学生が規格外野菜を使ってデザインしたオリジナルマスクケースを配布

【京都産業大学】隠れ食品ロスって何?規格外野菜の実態を伝えるため経営学部の学生が規格外野菜を使ってデザインしたオリジナルマスクケースを配布

京都産業大学経営学部伊吹勇亮ゼミ12期生は、食品ロス問題と規格外野菜の存在について考える機会を創出するため、その啓発活動に取り組んでいる。その活動の一環として、規格外野菜を使ってデザインしたオリジナルマスクケースを配布した。