「徳島文理大学」のニュース記事検索結果 26件

徳島文理大学が東西電工株式会社と植物栽培用の新型LEDライトを共同開発 -- タデ藍のインディカン量が2倍以上に増加

徳島文理大学が東西電工株式会社と植物栽培用の新型LEDライトを共同開発 -- タデ藍のインディカン量が2倍以上に増加

徳島文理大学(徳島県徳島市/学長:田村禎通)はこのたび、東西電工株式会社(徳島県海部郡牟岐町/社長:南渕幸雄)と共同で植物栽培用の新型LEDライトを開発。これを用いてタデ藍に含まれるインディカンの収量が2倍以上に増加することを実証した。同社...

徳島文理大学の学生が自転車で小学校の通学路をパトロール -- 「青チャリ」で子どもたちを犯罪被害から守る

徳島文理大学の学生が自転車で小学校の通学路をパトロール -- 「青チャリ」で子どもたちを犯罪被害から守る

徳島文理大学(徳島県徳島市)はこのたび、徳島県警察本部と連携し、学生による通学路の見守り活動を開始した。学生らは「青チャリ」と呼ばれる自転車で徳島市富田小学校周辺の通学路を1時間ほどパトロール。子どもが多く通る道を中心に見回り、不審者などか...

徳島文理大学児童学科の学生が小学校3・4年生向けのプログラミング教室を開催

徳島文理大学児童学科の学生が小学校3・4年生向けのプログラミング教室を開催

徳島文理大学人間生活学部(徳島県徳島市)児童学科の学生らが、昨年11月17日、徳島文理小学校3・4年生を対象としたプログラミング教室を開催した。当日は保護者を含む50名近くの参加があり、ゲーム作成やロボットの制御、小型電子回路のプログラミン...

徳島文理大学理工学部の梶山博司教授がトマトの収穫量を2倍にできるLEDライトを開発

徳島文理大学理工学部の梶山博司教授がトマトの収穫量を2倍にできるLEDライトを開発

徳島文理大学理工学部(香川県さぬき市)ナノ物質工学科の梶山博司教授はこのたび、トマトの収穫量を2倍にできるLEDライトを開発した。このLEDライトは月明かり程度の微弱なパルス光を照射することができるもので、この光を夜間に照射すると、糖の転流...

徳島文理大学の阿波踊り団体「徳島文理大学連」が8月12日~15日、本場・徳島市の阿波おどりで踊りを披露

徳島文理大学の阿波踊り団体「徳島文理大学連」が8月12日~15日、本場・徳島市の阿波おどりで踊りを披露

徳島文理大学(徳島県徳島市)郷土芸能振興サークル所属の阿波踊りグループ「徳島文理大学連」は8月12日(日)~15日(水)に徳島市内で行われる「阿波おどり」に参加。阿波おどりの本場・徳島市内の各演舞場で学生たちが熱い踊りを披露する。徳島文理大...

大相撲田子ノ浦部屋が6月15~17日まで徳島文理大学で合宿を実施 -- 6月17日には朝稽古を一般公開

大相撲田子ノ浦部屋が6月15~17日まで徳島文理大学で合宿を実施 -- 6月17日には朝稽古を一般公開

6月15日(金)~17日(日)まで、大相撲田子ノ浦部屋が徳島文理大学(徳島県徳島市)で合宿を行う。これは、同大および同短期大学部の同窓会(アカンサス会)が主催するもので、開催に先立ち6月14日(木)に記者会見を実施。6月17日(日)には朝稽...

徳島文理大学がレタスの2倍速栽培法を確立 -- 夜間の光合成により生育を促進、2020年の社会実装を目指す

徳島文理大学がレタスの2倍速栽培法を確立 -- 夜間の光合成により生育を促進、2020年の社会実装を目指す

徳島文理大学理工学部ナノ物質工学科(香川県さぬき市)は、植物工場におけるレタスの栽培日数を半減できる次世代栽培技術を確立した。

徳島文理大学が新学長に田村禎通副学長・保健福祉学部長を選任

徳島文理大学が新学長に田村禎通副学長・保健福祉学部長を選任

徳島文理大学はこのたび、副学長・保健福祉学部長の田村禎通(たむらよしゆき)氏を新学長に選出した。これは、現学長の桐野豊氏の任期満了に伴うもので、2月20日の理事会で選任された。任期は2018年4月1日から3年間。

徳島文理大学薬学部・昭和大学歯学部・理化学研究所らの共同研究グループが毛包と表皮の形成における亜鉛の役割を解明

徳島文理大学(学長:桐野豊)薬学部の深田俊幸教授(昭和大学歯学部兼任講師・理化学研究所客員研究員)、昭和大学(学長:小出良平)歯学部の美島健二教授、理化学研究所(理事長:松本紘)らの共同研究グループは、生体内の亜鉛が皮膚の毛包と表皮の形成に...

徳島文理大学が12月から徳島・香川の両キャンパスでイルミネーションを点灯 -- 2018年2月14日まで実施予定

徳島文理大学が12月から徳島・香川の両キャンパスでイルミネーションを点灯 -- 2018年2月14日まで実施予定

徳島文理大学では毎年、徳島キャンパス(徳島県徳島市)と香川キャンパス(香川県さぬき市)の両キャンパスでイルミネーションを実施している。今年は、徳島キャンパスで12月1日(金)、香川キャンパスでは6日(木)に点灯式を開催。両キャンパスとも20...

徳島文理大学が中央大学との包括連携協定を締結

徳島文理大学が中央大学との包括連携協定を締結

2017年7月5日(水)、徳島文理大学徳島キャンパスで、徳島文理大学と中央大学(東京都八王子市)との包括連携協定の締結式を行った。

徳島文理大学薬学部、昭和大学歯学部、理化学研究所らの研究グループが皮膚のコラーゲン維持における亜鉛の役割を解明

徳島文理大学(学長 桐野豊)薬学部の深田俊幸教授(昭和大学歯学部兼任講師・理化学研究所客員研究員)、昭和大学(学長 小出良平)歯学部の美島健二教授、理化学研究所(理事長 松本紘)らの共同研究グループ[1]は、生体内の亜鉛が健康的な皮膚コラー...

徳島文理大学の学食で学生考案のジビエ料理「シカ肉メニュー」を販売 -- 1月25日に「徳島COCプログラム報告会」も開催

徳島文理大学(徳島市山城町)は、徳島県でも問題となっている野生鳥獣被害の軽減を目指した取り組みを2015年から進めており、2016年4月からは短期大学部生活科学科食物専攻の学生らが野生鳥獣肉の有効活用としてジビエ料理の開発に取り組んでいる。...

徳島文理大学が公開講座をまとめた書籍『今を生きるための達人の教え』を刊行

徳島文理大学が公開講座をまとめた書籍『今を生きるための達人の教え』を刊行

徳島文理大学ではこのたび、2009年度に開催された公開講座を書籍化。同大が招いた「経営の達人」「情報の達人」「環境問題の達人」「人脈の達人」の講演をもとに、「明日どうなるか」より、「明日どうするか」を考えられるようになるための具体的な指針を...

徳島文理大学メディアデザイン学科生が制作した「デジタル紙芝居」を公開中

徳島文理大短期大学部の飯原一夫教授が描いた絵本「シロのないた海」・「赤池の河童」を、同大人間生活学部メディアデザイン学科の学生たちがアニメーション化してホームページ上で公開し、好評を得ている。

徳島文理大学メディアデザイン学科・猪子絵梨奈さんが「e‐とくしま推進財団表彰」を受賞

徳島文理大学人間生活学部メディアデザイン学科4年生の猪子絵梨奈さんが、平成21年度「e‐とくしま推進財団表彰」(個人部門)を受賞した。徳島新聞社と連携して制作した防災啓発動画「浜神から逃げろっ!!」の制作チームリーダーとして活躍した点が評価...

徳島文理大学メディアデザイン学科の3年生が今年も大学オリジナル商品を開発、学内ファミリーマートで販売開始

徳島文理大学メディアデザイン学科の3年生が今年も大学オリジナル商品を開発、学内ファミリーマートで販売開始

徳島文理大学メディアデザイン学科の3年生は、今年も大学オリジナル商品を開発。学内ファミリーマートでの販売を開始した。今年の新商品はケースつき付箋紙やエコバッグなど4種類。学科初の高大連携プロジェクトとして、小松島西高校のキャラクターとのコラ...

徳島文理大学メディアデザイン学科4年生の論文が「SPSS Directions Japan」に採択

徳島文理大学メディアデザイン学科4年生・谷銀河さん、吉田有佳里さん、栗本絵理香さんの論文「学内エコバッグ推進活動のための調査分析とその表現方法に関する研究」が、SPSS社の主宰する学生向け論文募集「第9回SPSS研究奨励賞」の審査で、ポスタ...

「四国の教員養成の知の拠点」を目指す――徳島文理大学が代表校となり「教員養成コンソーシアム四国」を構築

徳島文理大学が代表校となり、四国学院大学(香川県善通寺市)、高松大学(香川県高松市)を連携校として、優れた資質能力を身につけた教員養成に取り組む「教員養成コンソーシアム四国」が文部科学省の平成21年度戦略的大学連携支援事業に採択された。

徳島文理大学が2010年4月、保健福祉学部に理学療法学科を新設(届出中)

2つの薬学部と保健福祉学部を擁する徳島文理大学では、薬剤師をはじめ管理栄養士や看護師、保健師、助産師など、多様なメディカルスタッフを養成。今年3月にはそれらの病院実習を円滑に行う中核施設として「実習支援センター」を設立した。こうした特性をい...