「立教大学」のニュース記事検索結果 119件

立教大学が陸前高田市で野外映画上映会を開催――陸前高田市 夏の風物詩「けんか七夕」の記録映像などを上映

立教大学(吉岡 知哉 総長、東京都豊島区)では、株式会社ヨコシネ ディー アイ エー(神奈川県横浜市)、有限会社鈴木映画(東京都台東区)と協力して、8月7日(日)、8日(月)に岩手県陸前高田市気仙町の成田山金剛寺駐車場で野外映画上映会を開催...

立教大学現代心理学部が映画上映会「原爆から原発へ」を開催

立教大学(吉岡 知哉 総長)現代心理学部は、7月22日(金)、23日(土)に新座キャンパス6号館N636教室にて、映画上映会および公開講演会「原爆から原発へ」を開催する。

英国ケンブリッジ大学で日英高校生サイエンスワークショップ開催~東日本大震災地域高等学校からも特別参加――立教英国学院

2011年7月24日(日)より、英国ケンブリッジ大学で日英高校生のためのサイエンスワークショップ、UK-Japan Young Scientist Workshop(主催:クリフトン科学トラスト 共催:ケンブリッジ大学、立教英国学院)が開催...

立教大学経営学部、立教大学リーダーシップ研究所が「アクティブ・ラーニングとピア・ラーニング~立教大学BLPの取り組み」を開催

立教大学経営学部と立教大学リーダーシップ研究所は、7月19日(火)に、「アクティブ・ラーニングとピア・ラーニング~立教大学BLPの取り組み」を開催する。これは学部必修レベルで行ってきたリーダーシップ開発授業群「ビジネス・リーダーシップ・プロ...

立教大学平和・コミュニティ研究機構が連続講演会「原発社会に未来はあるか?」 第4回「原発事故後を考える集い~なぜパニックは起きたのか(起きていないのか)~」を開催

立教大学(吉岡 知哉 総長、東京都豊島区西池袋3-34-1)平和・コミュニティ研究機構は、7月8日(金)18:15より太刀川記念館3F多目的ホールにて、連続講演会「原発社会に未来はあるか?」第4回「原発事故後を考える集い~なぜパニックは起き...

立教大学が東日本大震災復興支援本部主催講演会「陸前高田市支援について」を開催

立教大学(吉岡 知哉 総長 東京都豊島区西池袋3-34-1)東日本大震災復興支援本部は、2011年7月6日(水)18時30分より池袋キャンパス8号館2階 8202教室にて、講演会「陸前高田市支援について」を開催する。

立教大学の歴史的シンボル、池袋キャンパス本館の耐震補強・改修工事を実施――レンガ造りの建物をバリアフリー・マルチメディア化

立教大学の歴史的シンボル、池袋キャンパス本館の耐震補強・改修工事を実施――レンガ造りの建物をバリアフリー・マルチメディア化

立教大学(吉岡知哉 総長/東京都豊島区西池袋3-34-1)では2011年6月6日(月)より、1918年(大正7年)に建設された同大の歴史的シンボルである池袋キャンパス本館(1号館/モリス館=写真参照)の耐震補強・改修工事に着工した。

立教大学経営学部・ノースイースタン大学共催 公開講演会「責任あるグローバルリーダーを、どうはぐくむか」開催~ペンシルベニア大学ウォートン校のスティーブン・コブリン教授を迎えて~

立教大学(吉岡知哉総長 東京都豊島区西池袋3-34-1)経営学部では、6月22日(水)に池袋キャンパス8号館にて、ノースイースタン大学との共催による公開講演会「責任あるグローバルリーダーを、どうはぐくむか」を開催する。

立教大学が6月11日に公開シンポジウムを開催――東日本大震災発生から3カ月「私たちがこれからできること―陸前高田を例に」~台湾大震災からの復興を描いた映画の上映と陸前高田でのボランティア体験談を通じてこれからの復興支援を考える~

立教大学(吉岡知哉総長/東京都豊島区西池袋3-34-1)では6月11日(土)12時30分より、池袋キャンパス9号館大教室で、公開シンポジウム「私たちがこれからできること―陸前高田を例に」を開催する。

立教大学の手話サークルが『はじめての手話ダンス&ソング』を出版~写真・イラスト入りの3編、絵本風に楽しく~

立教大学の手話サークルが『はじめての手話ダンス&ソング』を出版~写真・イラスト入りの3編、絵本風に楽しく~

立教大学(吉岡知哉総長)新座キャンパス(新座市北野1-2-26)の手話サークル「Hand Shape」が、『はじめての手話ダンス&ソング』というタイトルの手話の本を出版した。単に手話をマスターするためのマニュアル本ではなく、手話の魅力を伝え...

立教大学が芥川賞作家の磯崎憲一郎氏(崎の字は山へんに立・可)を迎え、公開講演会「私の考える“小説”とは」を開催

立教大学文学部では、5月28日(土)に池袋キャンパスにて、芥川賞作家の磯崎憲一郎氏(崎の字は山へんに立・可)を迎え、「私の考える“小説”とは」をテーマとした公開講演会を開催する。小説というジャンルの成立や、小説と世界の関係、小説の書かれ方な...

立教大学法学部が「震災後を語る集い―私たちに何ができるか―」をテーマにシンポジウムを開催

立教大学法学部では5月11日(水)に、「震災後を語る集い―私たちに何ができるか―」をテーマにシンポジウムを開催する。3月11日に発生した東日本大震災の残したつめ跡を、私たちはどう受け止め、自らを癒やし、再び立ち上がることができるのか。キャン...

立教大学が「東日本大震災に伴う立教大学の復興支援活動指針」を策定

立教大学は、「東日本大震災に伴う立教大学の復興支援活動指針」を策定し、全学的な連携・協力の下、被災地の復興支援をさらに進めていくこととなった。今後、立教大学が展開する被災地への支援は、この指針に基づいて組織的・継続的に行われる。

立教大学の学生が「豊島区の都市政策に関する調査報告書」を作成――「文化芸術政策の動向」と「池袋駅周辺整備計画の進展」を追跡

立教大学(豊島区西池袋、吉岡知哉総長)ではこのたび、経済学部山縣宏之(准教授)ゼミナールの学生が、地元池袋駅周辺の都市計画の展開と豊島区の文化芸術政策の動向を追跡し、「豊島区都市政策に関する調査報告」(2010年9月~12月実施)をまとめた...

立教大学が東日本大震災被災学生支援のための救援金と被災地支援のための義援金を募集

立教大学は、東日本大震災で被災した学生の奨学支援を目的とした緊急の救援金と、被災地の復興支援のための義援金を募集しています。前者は「立教未来計画」への寄付金から充当することとし、後者は学内に募金箱を設置するほか、専用の銀行口座を開設して募集...

2011年度入学式の中止および前期授業開始日の変更について――立教大学

立教大学は、東日本大震災の影響による計画停電の実施やこれに伴う交通機関の混乱、福島第1原子力発電所の事故対応の未収束等に鑑み、4月4日(月)、5日(火)に開催を予定していた入学式等を中止することにしました。

被災された入学予定者の方および在学生の方に対する「2011年度入学金・学費等の減免措置」等について――立教大学

立教大学では、被災された皆さまへの支援として「2011年度入学金・学費等の減免措置」を申請いただけるよう準備しました。また、「日本学生支援機構 緊急採用・応急採用奨学金」も本学を通じて申請することができます。

立教大学経営学部がカナダ・クイーンズ大学経営学院との国際提携協定を締結

立教大学経営学部は、この度カナダ・クイーンズ大学経営学院と学部学生の交換留学をめざした国際提携協定を締結した。既に締結されている30大学と合わせると、経営学部独自で展開する国際提携は31大学にのぼる。

立教大学卒業式等中止のお知らせ

立教大学は、東日本大震災の影響による計画停電の実施やこれに伴う交通機関の混乱、福島第1原子力発電所の事故対応の未収束等に鑑み、卒業式等を中止することにしました。

芥川賞作家の磯崎憲一郎氏(※)を迎えてのシンポジウム「私の考える“小説”とは」中止のお知らせ (※崎の字は山へんに立・可)──立教大学

立教大学が3月19日(土)に開催を予定していた磯崎憲一郎氏(崎の字は山へんに立・可)によるシンポジウム「私の考える“小説”とは」は、東日本大震災の影響のため中止となりました。