「金沢工業大学」のニュース記事検索結果 667件

SDGsに取り組む中小企業の、コロナ禍における取り組みを紹介。金沢工業大学が「第3回ジャパンSDGsサミット 連続セッション」第2回を4月27日に開催。第2回テーマ:「コロナ禍で拡大する持続可能な消費や生活の在り方

ジャパンSDGsサミットは、最前線のSDGsの取り組みや情報を共有するとともに、参加者一人ひとりが立ち上がり、行動に移すきっかけとなることを意図して、金沢工業大学が主催しているイベントです。2018年に開催した第1回、2019年に開催した第...

ロボティクス学科の出村研究室と住友重機械工業株式会社が協働ロボット「Sawyer」を活用した新たな取り組みをスタート。国際ロボット競技会での入賞、中小企業でのロボット活用の推進をめざして

ロボティクス学科の出村研究室と住友重機械工業株式会社が協働ロボット「Sawyer」を活用した新たな取り組みをスタート。国際ロボット競技会での入賞、中小企業でのロボット活用の推進をめざして

金沢工業大学(石川県野々市市)の出村公成研究室と住友重機械工業株式会社(東京都品川区)は、協働ロボット「Sawyer(ソーヤー)」を活用した教育・研究の取り組みを4月よりスタートしました。「Sawyer」は、住友重機械工業が国内販売を行う、...

AI、IoTの技術を活用し、工場設備の異常音を検知するアプリを開発。金沢工業大学 松井くにお研究室と株式会社別川製作所の共同研究で

AI、IoTの技術を活用し、工場設備の異常音を検知するアプリを開発。金沢工業大学 松井くにお研究室と株式会社別川製作所の共同研究で

金沢工業大学(石川県野々市市)の松井くにお研究室と株式会社別川製作所(石川県白山市)は、約1年間にわたって共同研究を行い、その成果として工場設備の異常を検知するスマホアプリを開発しました。

金沢工業大学の取り組みが文部科学省のデジタル活用教育高度化事業に採択。AIによる学生支援、AR(拡張現実)などを用いた新しい学びの場の推進へ。

金沢工業大学の取り組みが文部科学省のデジタル活用教育高度化事業に採択。AIによる学生支援、AR(拡張現実)などを用いた新しい学びの場の推進へ。

金沢工業大学の取り組みが、文部科学省が公募を行なっていたデジタル活用教育高度化事業「デジタルを活用した大学・高専教育高度化プラン」に採択されました。今回の取り組みにおいて、学内のデータの統合を進め、教員が効果的に学生の学びを支援できるための...

金沢工業大学のクラスター研究室が開発した歩行トレーニング機器が石川県の「第22回バリアフリー社会推進賞」福祉用具部門の最優秀賞を受賞

金沢工業大学のクラスター研究室が開発した歩行トレーニング機器が石川県の「第22回バリアフリー社会推進賞」福祉用具部門の最優秀賞を受賞

金沢工業大学のクラスター研究室により開発された「大きな一歩を踏み出す勇気を与えるトレーニング機器」が、石川県の「第22回バリアフリー社会推進賞」福祉用具部門の最優秀賞を受賞しました。 バリアフリー社会推進賞は、石川県において先駆的・模範的な...

金沢工業大学が「第3回ジャパンSDGsサミット 連続セッション」の第1回を3月29日(月)にオンラインで開催。SDGsに取り組む中小企業の、コロナ禍での成長を事例共有。

金沢工業大学が「第3回ジャパンSDGsサミット 連続セッション」の第1回を3月29日(月)にオンラインで開催。SDGsに取り組む中小企業の、コロナ禍での成長を事例共有。

第1回のテーマは「SDGsを推進する中小企業はコロナ禍でどのように成長し続けているのか?」です。 ジャパンSDGsサミットは、最前線のSDGsの取り組みや情報を共有するとともに、参加者一人ひとりが立ち上がり、行動に移すきっかけとなることを意...

誘導・観光・店舗情報などを提供するしゃべる点字ブロック。金沢工業大学松井教授らが開発する「コード化点字ブロック」の体験イベントを有楽町マルイ「インクルージョンフェス2021」で実施。

誘導・観光・店舗情報などを提供するしゃべる点字ブロック。金沢工業大学松井教授らが開発する「コード化点字ブロック」の体験イベントを有楽町マルイ「インクルージョンフェス2021」で実施。

金沢工業大学の松井くにお教授の研究チームは、開発する「コード化点字ブロック」を、3月12日(金)~14日(日)に有楽町マルイで開催される「インクルージョンフェス2021」で展示・紹介します。W&Mシステムズ、日本インクルーシブ・クリエイター...

金沢工業大学がコマニーとのSDGsに関する共同研究の成果として避難所用プライベートブースを開発。避難所で安心して着替えや授乳ができる空間を確保、平時には集中ブース・リモートワークブースとして活用。

金沢工業大学がコマニーとのSDGsに関する共同研究の成果として避難所用プライベートブースを開発。避難所で安心して着替えや授乳ができる空間を確保、平時には集中ブース・リモートワークブースとして活用。

金沢工業大学 経営情報学科平本研究室・SDGs推進センター(センター長:平本督太郎)は、パーティション業界最大手のコマニー株式会社(本社:石川県小松市、代表取締役社長執行役員:塚本健太氏)とのSDGsに関する共同研究の成果として、避難所用プ...

「教育用ドローンを用いた教材開発」と「VRゲームコントローラーを題材としたプログラミング教材」を2020年度に開発。金沢工業大学情報工学科 河並研究室と合同会社DMM.com、一般社団法人FAP の三者。STEAM教材として市販化目指す。

「教育用ドローンを用いた教材開発」と「VRゲームコントローラーを題材としたプログラミング教材」を2020年度に開発。金沢工業大学情報工学科 河並研究室と合同会社DMM.com、一般社団法人FAP の三者。STEAM教材として市販化目指す。

金沢工業大学工学部情報工学科 河並崇 准教授の研究室(専門分野:組込みシステム、IoT)と、合同会社DMM.com、一般社団法人FAP の三者では、2019年度から共同で「未来トップクリエーターの養成を目指すSTEAM教育に関する研究と教材...

金沢工業大学がスマホをかざすと点字ブロックが店舗の情報を音声案内。「コード化点字ブロックによる音声情報案内」体験イベント を3月6日(土)に実施。~金沢市市民生活AI 技術等促進事業~

金沢工業大学がスマホをかざすと点字ブロックが店舗の情報を音声案内。「コード化点字ブロックによる音声情報案内」体験イベント を3月6日(土)に実施。~金沢市市民生活AI 技術等促進事業~

工学部情報工学科 松井くにお教授(専門:人工知能)の研究チームは、印をつけてコード化した「コード化点字ブロック」で誘導・案内情報を提供するシステムを2018年から開発してきました。今回、このシステムを使って様々な音声情報を取得してもらい、そ...

金沢工業大学が「次世代を担う若者が示すSDGsの先にある未来」をテーマに「第4回ジャパンSDGsユースサミット」を3月6日(土)にオンライン開催します。

金沢工業大学では2018年より「ジャパンSDGsサミット」を開催しております。サミットは、日本政府が実施するジャパンSDGsアワードの受賞組織が集う場であり、受賞組織同士の知の共有の場になるとともに、受賞組織以外も含めた新たなパートナーシッ...

金沢工業大学 電気電子工学科の横谷哲也教授が主導してきたIoTプラットフォームが国際標準として出版。IoTの普及促進に向けIoTプラットフォームを規定。大学院生も調査分析及び原理検証に貢献

金沢工業大学 電気電子工学科の横谷哲也教授が主導してきたIoTプラットフォームが国際標準として出版。IoTの普及促進に向けIoTプラットフォームを規定。大学院生も調査分析及び原理検証に貢献

電気電子工学科の横谷哲也教授が中心となって推進してきたIoTプラットフォーム「IoT Data Exchange Platform (IoT DEP)」が、ISO/IEC JTC1(※)で承認され、国際標準「ISO/IEC 30161」とし...

第3回ジャパンSDGsサミットを連続セッションとして金沢工業大学が開催。第1~3回ジャパンSDGsアワード受賞組織のコロナ禍における取組をテーマ別に紹介します

第3回ジャパンSDGsサミットを連続セッションとして金沢工業大学が開催。第1~3回ジャパンSDGsアワード受賞組織のコロナ禍における取組をテーマ別に紹介します

金沢工業大学では、第1回「ジャパンSDGsアワード」SDGs推進副本部長(内閣官房長官)賞受賞後、SDGs達成に向けた様々な組織との連携を加速させています。 *SDGsとは国連加盟193か国が達成を目指す持続可能な開発目標のことです。 こ...

学生とともに学び新たなイノベーション創出の機会に。金沢工業大学が独自に進める共創教育「社会人共学者」。2021年度前学期(遠隔授業) 受講生の募集を開始。

金沢工業大学は、2021年度前学期の「社会人共学者」の募集を2月17日から開始します。「社会人共学者」は、企業に勤務している方が在学生とともに授業を受講し、授業運営の協力者として支援を行うとともに、イノベーション創出に向けて世代を超えて学ぶ...

【学生が企画・実施】金沢工業大学の学生がアジアの学生とオンラインで多国籍チームを組み、社会に実在する問題に当事者の立場になって解決に取り組む

【学生が企画・実施】金沢工業大学の学生がアジアの学生とオンラインで多国籍チームを組み、社会に実在する問題に当事者の立場になって解決に取り組む"KIT Online Social Innovation Program"を開催します。

金沢工業大学では、学生がアジア3カ国の大学の学生とオンラインで多国籍チームを組み、問題発見・解決に取り組む“KIT Online Social Innovation Program”を2021年2月22日(月)から26日(金)まで開催します...

金沢工業大学・国際高等専門学校の学生が授業や課外活動を通して得られた活動成果を発信。KIT・ICTステークホルダー交流会2020を2月16日(火)~25日(木)にオンラインにて開催

金沢工業大学・国際高等専門学校の学生が授業や課外活動を通して得られた活動成果を発信。KIT・ICTステークホルダー交流会2020を2月16日(火)~25日(木)にオンラインにて開催

金沢工業大学・国際高等専門学校は、「KITステークホルダー交流会2020」を2月16日(火)~25日(木)にオンライン開催します。 「KIT・ICTステークホルダー交流会」は、正課や課外活動を通して「知識の修得」と「知恵の活用」に取り組んで...

白山市の好きなところを写真で投稿しよう!金沢工業大学がInstagram投稿企画『#ハクサンタクサン』と、地域を元気にする最初の一歩としての発信のつくり方のオンライン講座『ハクサンタクサン編集会議』を開催

金沢工業大学では白山市SDGs未来都市計画推進事業の一環として、白山市の好きなところを写真で投稿しよう!Instagram投稿企画『#ハクサンタクサン』と、地域を元気にする最初の一歩としての発信のつくり方のオンライン講座『ハクサンタクサン編...

産学連携で研究成果の実用化を目指す。新技術を企業関係者に向けて発明者自らが発表する「金沢工業大学 新技術説明会」をオンラインで開催。

産学連携で研究成果の実用化を目指す。新技術を企業関係者に向けて発明者自らが発表する「金沢工業大学 新技術説明会」をオンラインで開催。

 金沢工業大学では「金沢工業大学 新技術説明会」を2021年2月25日(木) 12時55分から15時55分まで、Zoomビデオウェビナーによるオンライン形式で開催します。  新技術説明会は大学の研究成果(特許)を実用化(技術移転)させること...

金沢工業大学がSDGs教育のための「SDGs×人生ゲーム」の開発に向けた検討を開始。これまでのSDGsイノベーション教育の知見・取り組みを活かして

金沢工業大学がSDGs教育のための「SDGs×人生ゲーム」の開発に向けた検討を開始。これまでのSDGsイノベーション教育の知見・取り組みを活かして

金沢工業大学(石川県野々市市)はこれまでに取り組んできたSDGs教育を発展させるために、このたび、株式会社タカラトミーとSDGs教育のための『人生ゲーム』(発売元:株式会社タカラトミー)の開発・活用に向け、検討を始めます。

高等学校教員、教育関係者を対象に「第19回 数理工教育セミナー」を開催。「金沢工業大学における遠隔授業の取り組みとICT教材の活用」をテーマに2月27日(土) 10時から12時30分 オンラインセミナーとして実施。

高等学校教員、教育関係者を対象に「第19回 数理工教育セミナー」を開催。「金沢工業大学における遠隔授業の取り組みとICT教材の活用」をテーマに2月27日(土) 10時から12時30分 オンラインセミナーとして実施。

金沢工業大学では「金沢工業大学における遠隔授業の取り組みとICT教材の活用」をテーマとした「第19回数理工教育セミナー」を令和3年2月27日(土)10時からオンライン開催します。配信はオンライン会議システム「Zoom」を用いて行ないます。 ...