「金沢工業大学」のニュース記事検索結果 564件

安心安全な国産ドローンで離島・山間部の小口輸送、白山麓での薬の輸送も用途で目指す。金沢工業大学航空システム工学科赤坂研究室、情報工学科中沢研究室、金沢エンジニアリングシステムズと、組込みシステム技術協会が共同で固定翼小型VTOL試作機を開発

安心安全な国産ドローンで離島・山間部の小口輸送、白山麓での薬の輸送も用途で目指す。金沢工業大学航空システム工学科赤坂研究室、情報工学科中沢研究室、金沢エンジニアリングシステムズと、組込みシステム技術協会が共同で固定翼小型VTOL試作機を開発

金沢工業大学では、工学部航空システム工学科赤坂剛史研究室と情報工学科中沢実研究室が、株式会社金沢エンジニアリングシステムズならびに一般社団法人 組込みシステム技術協会(以下「JASA」)との共同で、固定翼を持つ無尾翼小型VTOL(垂直離着陸...

【国連SDGsの目標7と目標11の達成に貢献】脱炭素を志向した電熱エネルギーのシェアモデルを構築するとともに、排熱や風力、人力による発電設備を新たに導入。 -- 金沢工業大学

【国連SDGsの目標7と目標11の達成に貢献】脱炭素を志向した電熱エネルギーのシェアモデルを構築するとともに、排熱や風力、人力による発電設備を新たに導入。 -- 金沢工業大学

金沢工業大学では、白山麓キャンパスでの産学連携による再生可能エネルギーの地産地消実証実験を第3段階に進めました。株式会社成宏電機(石川県小松市)との産学連携のもと、クリーンなエネルギーを「つくる」、「貯める」、「使う」の各々について、実証実...

金沢工業大学が国連大学IAS OUIKと共同で「北陸 SDGs ステークホルダーミーティング2019」を開催

金沢工業大学が国連大学IAS OUIKと共同で「北陸 SDGs ステークホルダーミーティング2019」を開催

【北陸でSDGs未来都市に選定されたすべての市町村が共催として参加】 来年度以降展開される新たな学習指導要領の全国展開によって拡大するSDGs教育の成果を4年後の日本政府のSDGs実施指針改定につなげる。 金沢工業大学が国連大学IAS OU...

「第4回 科学技術倫理セミナー ~企業と社会とのかかわり~」開催 -- 金沢工業大学

金沢工業大学では、科学技術応用倫理研究所主催の「第4回 科学技術倫理セミナー ~企業と社会とのかかわり~」を令和2年1月8日(水)に開催いたします。

金沢工業大学が工学系大学 カナダトップ5に入るケベック州立高等工学技術学院と覚書締結。学部4年次および大学院生を対象とした交換留学が可能に。

金沢工業大学が工学系大学 カナダトップ5に入るケベック州立高等工学技術学院と覚書締結。学部4年次および大学院生を対象とした交換留学が可能に。

金沢工業大学では、カナダ・ケベック州モントリオールにあるEcole de technologie superieure (ケベック州立高等工学技術学院 以下「ETS」)との間で、学部4年次および大学院生を対象とした交換留学を主な内容とする包...

「第3回 科学技術倫理セミナー ~定年70歳時代をどのように生きるのか~」開催。金沢工業大学 平成29年度私立大学研究ブランディング事業

金沢工業大学では、科学技術応用倫理研究所主催の「第3回 科学技術倫理セミナー ~定年70歳時代をどのように生きるのか~」を11月19日(火)に金沢工業大学扇が丘キャンパスで開催いたします。

ヘルツの原著論文を読み解き、学問の本質に触れる「原著から本質を学ぶ科学技術講座」第16回を11月9日開催

ヘルツの原著論文を読み解き、学問の本質に触れる「原著から本質を学ぶ科学技術講座」第16回を11月9日開催

金沢工業大学(学長:大澤敏)は、「原著から本質を学ぶ科学技術講座」第16回を下記内容で開催する。 原著から本質を学ぶ科学技術講座 第16回「ハインリヒ・ヘルツは何を考え、何を見たか~電磁波発見までの経緯を原著論文より学ぶ~」 講師 : 工...

不燃木材が公共建築物や店舗の天井、壁、床などに数多く採用。塗るだけでプラスチックの不燃化も可能に。金沢工業大学 応用化学科 露本伊佐男教授の特許技術の社会実装が進む

不燃木材が公共建築物や店舗の天井、壁、床などに数多く採用。塗るだけでプラスチックの不燃化も可能に。金沢工業大学 応用化学科 露本伊佐男教授の特許技術の社会実装が進む

ホウ酸、ホウ砂はセルロース系材料に高い難燃効果を有することは古くから知られていましたが、金沢工業大学バイオ・化学部応用化学科の露本伊佐男教授の研究室では、ホウ酸ナトリウムを高濃度に含有した水溶液を簡便な方法で製造する技術を開発し、特許を取得...

第61次南極地域観測隊 越冬隊 30名のうち3名が金沢工業大学卒業生。壮行会を11月14日(木)13時より開催。

第61次南極地域観測隊 越冬隊 30名のうち3名が金沢工業大学卒業生。壮行会を11月14日(木)13時より開催。

第61次南極地域観測隊では越冬隊30名のうち3名が金沢工業大学卒業生となりました。つきましては当卒業生3名が11月14日(木)に母校・金沢工業大学を訪問し、13時より大澤敏学長に出発前の挨拶と報告を行います。第61次南極地域観測隊 越冬隊は...

科学技術社会論学会 一般公開の特別企画開催のご案内。金沢工業大学 平成29年度私立大学研究ブランディング事業

科学技術社会論学会第18回年次研究大会・総会(実行委員長:西村秀雄 金沢工業大学教授、後援:金沢工業大学 平成29年度私立大学研究ブランディング事業「これからの科学技術者倫理研究」)が2019年11月9日(土)・10日(日)の2日間、金沢工...

スリランカ日本情報科学短期大学が金沢工業大学と学術協力協定締結。日系ICT企業への人材輩出を目指して、金沢工業大学 情報工学科への編入学および金沢工業大学大学院 情報工学専攻への進学を推進。

スリランカ日本情報科学短期大学が金沢工業大学と学術協力協定締結。日系ICT企業への人材輩出を目指して、金沢工業大学 情報工学科への編入学および金沢工業大学大学院 情報工学専攻への進学を推進。

金沢工業大学(学長:大澤敏)ではこのたび、スリランカにあるLANKA NIPPON BIZTECH INSTITUTE(日本語名「スリランカ日本情報科学短期大学」、古賀道夫理事長、以下「LNBTI」)卒業生を金沢工業大学および同大大学院が留...

農業イノベーションに向けて北菱電興株式会社(金沢市)と金沢工業大学が新たな実証研究を開始。高品位いちご研究圃場を白山麓キャンパス内に設置。10月25日開催の「KIT地方創生イノベーションシンポジウム」で初公開します。

農業イノベーションに向けて北菱電興株式会社(金沢市)と金沢工業大学が新たな実証研究を開始。高品位いちご研究圃場を白山麓キャンパス内に設置。10月25日開催の「KIT地方創生イノベーションシンポジウム」で初公開します。

北菱電興株式会社(金沢市)と金沢工業大学ではこのたび、高品位ないちごの生産に向け、新たな実証研究を開始しました。白山麓キャンパス内に研究用の圃場を設置。10月25日(金)13時30分から金沢工業大学白山麓キャンパスで行われる「KIT地方創生...

外国人観光客の四季折々の生きたレビューでリピーター増を目指す。Bus StopプロジェクトがAIによるWEB版観光マップを開発。 -- 金沢工業大学

外国人観光客の四季折々の生きたレビューでリピーター増を目指す。Bus StopプロジェクトがAIによるWEB版観光マップを開発。 -- 金沢工業大学

Bus Stopプロジェクトの海外誘客チャレンジチーム(リーダー:国際高等専門学校グローバル情報学科5年 五十里翼さん、メンバー:国際高等専門学校学生9名、金沢工業大学学生3名)では、外国人旅行者が自ら作るWEB版観光マップ自動作成フレーム...

金沢工業大学「秋のオープンキャンパス」開催延期のお知らせ

金沢工業大学「秋のオープンキャンパス」開催延期のお知らせ

金沢工業大学「秋のオープンキャンパス」開催延期のお知らせ

【地方創生に向けた、5G時代のこれからの教育研究】KIT地方創生イノベーションシンポジウム「Society5.0社会を目指した5Gによる教育研究イノベーションの創出」を開催

【地方創生に向けた、5G時代のこれからの教育研究】KIT地方創生イノベーションシンポジウム「Society5.0社会を目指した5Gによる教育研究イノベーションの創出」を開催

金沢工業大学では、KIT地方創生イノベーションシンポジウム「Society5.0社会を目指した5G(第5世代移動通信)による教育研究イノベーションの創出」を、10月25日(金)13時30分から17時まで、金沢工業大学白山麓キャンパス Inn...

GPSで位置を検出しながら英語で自動観光案内。外国人観光客を対象に金沢工業大学Smart City Projectがレンタサイクル「まちのり」を使ったスタンプラリーを企画

GPSで位置を検出しながら英語で自動観光案内。外国人観光客を対象に金沢工業大学Smart City Projectがレンタサイクル「まちのり」を使ったスタンプラリーを企画

金沢工業大学「Smart City Project」(金沢工業大学学生21名、国際高等専門学校学生7名)では、このたび、外国人観光客を対象に、金沢市内の観光スポットをレンタサイクル「まちのり」で観光しながらめぐる「金沢満喫スタンプラリー」を...

金沢工業大学ICCがプロジェクトメンバーとして参画する硬翼帆式風力推進大型商船「ウィンドチャレンジャー」が設計基本承認。「帆」をもつ大型商船実現で温室効果ガス削減を狙う

金沢工業大学ICCがプロジェクトメンバーとして参画する硬翼帆式風力推進大型商船「ウィンドチャレンジャー」が設計基本承認。「帆」をもつ大型商船実現で温室効果ガス削減を狙う

金沢工業大学ICCがプロジェクトメンバーとして参画する硬翼帆式風力推進大型商船「ウィンドチャレンジャー」が一般財団法人本海事協会より硬翼帆式風力推進装置の設計に関する基本承認をこのたび取得しました。硬翼帆の構造およびその制御に関する基本設計...

金沢工業大学夢考房小型無人飛行機プロジェクトが自動操縦部門で圧勝。「自動離着陸および自動投下」は大会史上初めて成功の快挙。日本航空宇宙学会主催「第15回全日本学生室内飛行ロボコン」

金沢工業大学夢考房小型無人飛行機プロジェクトが自動操縦部門で圧勝。「自動離着陸および自動投下」は大会史上初めて成功の快挙。日本航空宇宙学会主催「第15回全日本学生室内飛行ロボコン」

一般社団法人 日本航空宇宙学会が主催する「第15回全日本学生室内飛行ロボットコンテスト」が令和元年9月28日(土)、9月29日(日)の2日間、東京都の大田区総合体育館で行われ、自動操縦部門に出場した金沢工業大学夢考房小型無人飛行機プロジェク...

交差点や通学路にAIセンサーユニットを設置し、交通トラブルに繋がる複合要因を解析。金沢工業大学AIラボが金沢市の事業で実証実験へ

交差点や通学路にAIセンサーユニットを設置し、交通トラブルに繋がる複合要因を解析。金沢工業大学AIラボが金沢市の事業で実証実験へ

金沢工業大学AIラボ(所長:工学部情報工学科 中沢実教授)では、このたび交差点や通学路における市民の安全安心をテーマとしたAIセンサーシステムの実証実験に産学連携で取り組むことになりました。2019年度「金沢市市民生活AI技術等促進事業」(...

夢考房チームが「ETロボコン」関西・北陸合同大会デベロッパー部門プライマリークラスで優勝。企業チームが多く参加する中、ソフトウェアの設計図に高い評価。夢考房から2チームがパシフィコ横浜で行われるチャンピオンシップ大会へ

夢考房チームが「ETロボコン」関西・北陸合同大会デベロッパー部門プライマリークラスで優勝。企業チームが多く参加する中、ソフトウェアの設計図に高い評価。夢考房から2チームがパシフィコ横浜で行われるチャンピオンシップ大会へ

「組込みソフトウェア」の設計技術を競うロボットコンテスト「ETロボコン2019」関西地区・北陸地区合同大会が9月15日(日)、京都コンピュータ学院京都駅前校で開催され、金沢工業大学夢考房から出場した「ブロブフィッシュ」がデベロッパー部門プラ...