「大阪大学」のニュース記事検索結果 99件

日本人と欧米人の適応進化に関わる遺伝子領域や形質を特定 ~日本人はお酒、欧米人はパンが深く関与~ 大阪大学

日本人と欧米人の適応進化に関わる遺伝子領域や形質を特定 ~日本人はお酒、欧米人はパンが深く関与~ 大阪大学

【研究成果のポイント】 ◆17万人の大規模なヒトゲノム情報の解析により、日本人集団の適応進化に関わる29の遺伝子領域を同定 ◆日本人集団では、アルコール摂取量・腎機能・肥満・免疫疾患が適応進化の対象である一方、欧米人集団では、パン摂取量・握...

脳のMRI画像だけから脳腫瘍の遺伝子変異を推定するAI技術を開発 -- 大阪大学

脳のMRI画像だけから脳腫瘍の遺伝子変異を推定するAI技術を開発 -- 大阪大学

【研究成果のポイント】 ◆悪性脳腫瘍である神経膠腫(Grade II,III)のMRIから、深層学習を用いて画像の特徴を抽出し、脳腫瘍の治療法や予後を決める遺伝子変異の有無を推定することに成功した。 ◆遺伝子変異の有無を調べるためには、手術...

難病 “線維症”の発症原理の一端を解明 -発症に関与する細胞SatMを発見、これを標的に新規薬開発に期待- 大阪大学

難病 “線維症”の発症原理の一端を解明 -発症に関与する細胞SatMを発見、これを標的に新規薬開発に期待- 大阪大学

生命科学・医学系分野の 自然免疫、線維症、疾患特異的マクロファージに関する、大阪大学免疫学フロンティア研究センターの佐藤荘助教、審良静男教授らの研究成果(大阪大学の最新の研究成果はこちらから: http://resou.osaka-u.ac...

制御性T細胞発生に関わる重要なタンパク質を同定 -- 自己免疫疾患やアレルギーの治療に光 -- 大阪大学

制御性T細胞発生に関わる重要なタンパク質を同定 -- 自己免疫疾患やアレルギーの治療に光 -- 大阪大学

生命科学・医学系分野の免疫制御、エピジェネティックス、細胞分化、制御性T細胞に関する、大阪大学免疫学フロンティア研究センターの坂口志文特任教授(常勤)らの研究成果(大阪大学の最新の研究成果はこちら: http://resou.osaka-u...

単一分子も検出できる!高光度マルチカラー化学発光タンパク質を開発 --複数の生命現象を高感度計測する新技術--大阪大学

単一分子も検出できる!高光度マルチカラー化学発光タンパク質を開発 --複数の生命現象を高感度計測する新技術--大阪大学

生命科学・医学系分野のタンパク質工学、イメージング、バイオセンサーに関する、大阪大学産業科学研究所の永井健治教授らの研究成果。(大阪大学の最新の研究情報はこちら: http://resou.osaka-u.ac.jp/ja )

人工知能×アーティストで作成された楽曲が完成 -- 共同募金運動70年記念応援ソングで使用 -- 大阪大学

人工知能×アーティストで作成された楽曲が完成 -- 共同募金運動70年記念応援ソングで使用 -- 大阪大学

大阪大学産業科学研究所の沼尾正行教授らによる、工学系分野の人工知能、機械学習、進化計算、自動作曲に関する研究成果(大阪大学の最新の研究成果はこちらから: http://resou.osaka-u.ac.jp/ja )

白金使用量を約80%削減した燃料電池の電極を開発 -- 次世代発電システムの普及促進に繋がる成果 -- 大阪大学

白金使用量を約80%削減した燃料電池の電極を開発 -- 次世代発電システムの普及促進に繋がる成果 -- 大阪大学

大阪大学太陽エネルギー化学研究センターの神谷和秀助教、中西周次教授らによる、工学系分野の、 機能物性化学、エネルギー関連化学、電気化学、金属錯体化学、触媒に関する研究成果(大阪大学の最新の研究成果はこちらから: http://resou.o...

トポロジカル近藤絶縁体の特異な2次元電子状態を発見 -- 次世代半導体素子の省エネルギー化やスピントロニクス素子実現に一歩近づく成果 -- 大阪大学

トポロジカル近藤絶縁体の特異な2次元電子状態を発見 -- 次世代半導体素子の省エネルギー化やスピントロニクス素子実現に一歩近づく成果 -- 大阪大学

大阪大学大学院理学研究科の萩原健太氏(修士2年)、生命機能研究科の大坪嘉之助教、木村真一教授による、自然科学系分野の、数物系科学・物理学・物性I、同・物性II、トポロジカル近藤絶縁体、角度分解光電子分光に関する研究成果。(大阪大学の最新の研...

脳内麻薬アナンダミドが食欲を増進する高次脳機能メカニズムを解明 -- 美味により引き起こされる摂食行動の脳メカニズムの全容解明に寄与 -- 大阪大学

脳内麻薬アナンダミドが食欲を増進する高次脳機能メカニズムを解明 -- 美味により引き起こされる摂食行動の脳メカニズムの全容解明に寄与 -- 大阪大学

大阪大学大学院歯学研究科の姜英男特任教授らによる、生命科学・医学系分野の、 島皮質、オシレーション、CB1受容体、GPR119、光学的膜電位測定法に関する研究成果(大阪大学の最新の研究成果はこちらから:http://resou.osaka-...

糖を運ぶタンパク質の挙動を可視化 -- 2型糖尿病発症のメカニズムに迫る -- 大阪大学

糖を運ぶタンパク質の挙動を可視化 -- 2型糖尿病発症のメカニズムに迫る -- 大阪大学

大阪大学大学院工学研究科生命先端工学専攻ケミカルバイオロジー領域 菊地和也教授らによる生命科学・医学系分野の2型糖尿病、グルコース輸送体、糖鎖、タンパク質ラベル化、蛍光プローブに関する研究成果。(大阪大学の最新研究情報はこちら:http:/...

コレステロール吸収に関与する蛋白質の機能を解明 -- 非アルコール性脂肪肝炎と動脈硬化の革新的治療薬開発に期待 -- 大阪大学

コレステロール吸収に関与する蛋白質の機能を解明 -- 非アルコール性脂肪肝炎と動脈硬化の革新的治療薬開発に期待 -- 大阪大学

大阪大学大学院医学系研究科循環器内科学/保健センターの小関正博助教らによる、生命科学・医学系分野の分子血管学、肝臓学、脂質代謝異常、分子病態学、分子遺伝疫学に関する研究成果。

欠陥修復した酸化グラフェンから優れた電気特性をもつバンド伝導の観察に成功~高結晶性グラフェン薄膜のスケーラブル製造への道筋を開拓~大阪大学

欠陥修復した酸化グラフェンから優れた電気特性をもつバンド伝導の観察に成功~高結晶性グラフェン薄膜のスケーラブル製造への道筋を開拓~大阪大学

大阪大学大学院工学研究科の根岸良太助教、小林慶裕教授、北陸先端科学技術大学院大学の赤堀誠志准教授、名古屋大学大学院工学研究科の伊藤孝寛准教授、あいちシンクロトロン光センター渡辺義夫リエゾン副所長らの研究グループによる、自然科学系分野の、グラ...

「ちきゅう」の断層掘削試料の分析と動力学解析による南海トラフ地震での断層すべり量の定量的評価 -- 世界初! 海溝付近の断層すべり量を評価する新たなメソッド

「ちきゅう」の断層掘削試料の分析と動力学解析による南海トラフ地震での断層すべり量の定量的評価 -- 世界初! 海溝付近の断層すべり量を評価する新たなメソッド

大阪大学大学院理学研究科の廣野哲朗准教授らの研究グループによる、自然科学系分野の、統合国際深海掘削計画、地震発生帯掘削、南海地震、東日本大震災、巨大津波に関する研究成果。(大阪大学の最新の研究情報はこちらから: http://resou.o...

光合成生物の酸化ストレスを減らす影の立役者 ~光合成の効率を調整するタンパク質、カルレドキシンを発見 -- 大阪大学

光合成生物の酸化ストレスを減らす影の立役者 ~光合成の効率を調整するタンパク質、カルレドキシンを発見 -- 大阪大学

大阪大学蛋白質研究所栗栖源嗣教授による、自然科学系分野のタンパク質、X線結晶解析、構造生物学、色素体機能・光合成に関する研究成果。(大阪大学の最新の研究情報はこちらから: http://resou.osaka-u.ac.jp/ja/top ...

世界初!マウス実験モデルを確立 金属アレルギー発症原因の解明に光 ~予防・治療法の開発、安全な金属ナノ粒子の開発に貢献 -- 大阪大学

世界初!マウス実験モデルを確立 金属アレルギー発症原因の解明に光 ~予防・治療法の開発、安全な金属ナノ粒子の開発に貢献 -- 大阪大学

大阪大学 微生物病研究所の特任准教授 吉岡靖雄、薬学研究科の助教 東阪和馬による、生命科学・医学系分野のナノ材料工学、生物系薬学、免疫学、ナノ粒子、アレルギー・免疫関連疾患に関する研究成果。(大阪大学の最新の研究情報はこちらから http:...

骨を溶かす細胞の機能を動物の体内で可視化 ~移動しながら溶かす場所を探す破骨細胞をその場で観測 -- 大阪大学

骨を溶かす細胞の機能を動物の体内で可視化 ~移動しながら溶かす場所を探す破骨細胞をその場で観測 -- 大阪大学

大阪大学 免疫学フロンティア研究センター菊池和也教授、石井優教授らによる、破骨細胞、in vivoイメージング、2光子励起、内視鏡顕微鏡に関する研究成果。(大阪大学の最新研究情報はこちらから: http://resou.osaka-u.ac...

自殺予防対策に繋がる成果 ~誕生日前後の死亡リスクの増加傾向を明らかに -- 大阪大学

自殺予防対策に繋がる成果 ~誕生日前後の死亡リスクの増加傾向を明らかに -- 大阪大学

大阪大学大学院国際公共政策研究科准教授松林哲也らによる、社会科学分野の社会医学、自殺予防に関する研究成果。(大阪大学の最新研究情報はこちらから: http://resou.osaka-u.ac.jp/ja/top )

大阪大学

サイエンスカフェ@待兼山 “土曜の午後はミュージアム”

土曜日の昼下がりはサイエンスカフェを楽しもう。コーヒーを片手にケーキをつまみながら「科学する」とはどういうことかを、専門家とともに考えていく。