「東京医科大学」のニュース記事検索結果 73件

【東京医科大学】7月22日(土)、8月19日(土)来場型オープンキャンパスを医学科・看護学科で同時開催 <7月1日(土)正午より事前予約受付開始・先着順>

【東京医科大学】7月22日(土)、8月19日(土)来場型オープンキャンパスを医学科・看護学科で同時開催 <7月1日(土)正午より事前予約受付開始・先着順>

 東京医科大学(東京都新宿区/学長:林由起子)は、7月22日(土)・8月19日(土)に来場型オープンキャンパスを医学科・看護学科で同時開催いたします。  「来場型」は4年ぶりの開催で、大学説明会や模擬授業の他、学生・教職員による個別相談会、...

【東京医科大学】精神科医療機関における、新型コロナウイルス感染症予防のオンライントレーニングで、予防知識向上に飛躍的な効果

【東京医科大学】精神科医療機関における、新型コロナウイルス感染症予防のオンライントレーニングで、予防知識向上に飛躍的な効果

 東京医科大学(学長:林 由起子/東京都新宿区)茨城医療センター 総合診療科の小林大輝教授(前聖路加国際大学大学院公衆衛生科疫学講座講師)、国立精神・神経医療研究センター(理事長:中込和幸/東京都小平市、以下、NCNP)認知行動療法センター...

【東京医科大学】AYA世代の希少がん「間葉性軟骨肉腫」のモデル化に成功 ~細胞分化と発がんの関係を解明し、治療に効果のある薬剤を発見~

【東京医科大学】AYA世代の希少がん「間葉性軟骨肉腫」のモデル化に成功 ~細胞分化と発がんの関係を解明し、治療に効果のある薬剤を発見~

東京医科大学(学長:林 由起子/東京都新宿区)医学総合研究所未来医療研究センター実験病理学部門の中村卓郎特任教授らが、公益財団法人がん研究会がん研究所がんエピゲノムプロジェクト 田中美和主任研究員、丸山玲緒プロジェクトリーダーらとの共同研究...

【東京医科大学】がんにおける新たな血管新生機構を発見 ~ 肉腫の融合遺伝子とその標的分子の機能を明らかにする ~

【東京医科大学】がんにおける新たな血管新生機構を発見 ~ 肉腫の融合遺伝子とその標的分子の機能を明らかにする ~

東京医科大学(学長:林 由起子/東京都新宿区)医学総合研究所未来医療研究センター実験病理学部門の中村卓郎特任教授らが、公益財団法人がん研究会がん研究所がんエピゲノムプロジェクト 田中美和主任研究員、丸山玲緒プロジェクトリーダー、がん研有明病...

【東京医科大学】医学科で2023年4月~「自由な学び系科目」として、外科学に特化したコースを開設 ~明日の外科学を創る人材を学生時代から育成~

【東京医科大学】医学科で2023年4月~「自由な学び系科目」として、外科学に特化したコースを開設 ~明日の外科学を創る人材を学生時代から育成~

東京医科大学医学部医学科(東京都新宿区/学長:林由起子)では、「柔軟で、多様で、主体的な学び」を推進するため、2023年4月~少人数ゼミ形式の「自由な学び系科目」として、「将来の外科学の中心となる人材」の育成を目指し、「Road to To...

東京医科大学が、「THE 日本大学ランキング 2023」の分野別ランキング「教育リソース」で、私立大学1位を獲得

東京医科大学が、「THE 日本大学ランキング 2023」の分野別ランキング「教育リソース」で、私立大学1位を獲得

2023年3月23日に「THE 日本大学ランキング 2023」が発表され、東京医科大学(東京都新宿区/学長:林 由起子)は、分野別ランキング「教育リソース」において、私立大学で1位、全国国公私立大学で7位(前年度8位)となりました。

【東京医科大学】乳がん術前化学療法の効果を予測する人工知能(AI)の開発 ~ 乳がんの術前化学療法における個別化医療の導入に期待 ~

【東京医科大学】乳がん術前化学療法の効果を予測する人工知能(AI)の開発 ~ 乳がんの術前化学療法における個別化医療の導入に期待 ~

東京医科大学分子病理学分野(学長:林由起子/東京都新宿区)黒田雅彦主任教授、沈彬客員講師、乳腺科学分野 石川孝主任教授、上田亜衣講師、人体病理学分野 長尾俊孝主任教授らを中心とした米国コーネル大学との国際共同研究グループは、国立研究開発法人...

【東京医科大学】前立腺癌における新たな骨転移進展機構を解明 ~ エクソソームを標的とした新たな前立腺癌治療法への期待 ~

【東京医科大学】前立腺癌における新たな骨転移進展機構を解明 ~ エクソソームを標的とした新たな前立腺癌治療法への期待 ~

東京医科大学 医学総合研究所 分子細胞治療研究部門の落谷孝広教授と東京慈恵会医科大学 泌尿器科学講座の木村高弘教授、占部文彦助教、および国立がん研究センター研究所 病態情報学ユニットの山本雄介ユニット長らの研究チームは、前立腺癌細胞から分泌...

【東京医科大学】マクロライド系抗生物質アジスロマイシンのオートファジー阻害活性における分子機構の解明に成功 ~ 今後のアジスロマイシンのがん治療応用に期待 ~

【東京医科大学】マクロライド系抗生物質アジスロマイシンのオートファジー阻害活性における分子機構の解明に成功 ~ 今後のアジスロマイシンのがん治療応用に期待 ~

 東京医科大学(学長:林 由起子/東京都新宿区)生化学分野 宮澤啓介主任教授、高野直治准教授を中心とする研究グループは、マクロライド系抗生剤のアジスロマイシン(AZM)を固相化した機能性磁性ナノビーズを用いることで、AZMが結合する細胞内タ...

【東京医科大学】妊娠時の間欠的低酸素曝露による成長期仔ラット骨格筋における代謝異常と血管密度の減少を発見 ~胎児期における低酸素環境への曝露が、成長後の骨格筋に影響を及ぼす~

【東京医科大学】妊娠時の間欠的低酸素曝露による成長期仔ラット骨格筋における代謝異常と血管密度の減少を発見 ~胎児期における低酸素環境への曝露が、成長後の骨格筋に影響を及ぼす~

東京医科大学(学長:林 由起子/東京都新宿区)病態生理学分野 林 由起子主任教授、和田英治講師、法医学分野 前田秀将准教授の研究チームが、東京医科歯科大学 咬合機能矯正学分野の小野卓史教授、細道純准教授、Wirongrong Wongkit...

【東京医科大学】DNA障害に呼応したp53活性化は、リソソーム膜の損傷と細胞保護的オートファジーの2つを同時に誘導する ~ p53による新たな細胞死制御機構の発見とリソソームを標的とする新規がん治療法への応用展開 ~

【東京医科大学】DNA障害に呼応したp53活性化は、リソソーム膜の損傷と細胞保護的オートファジーの2つを同時に誘導する ~ p53による新たな細胞死制御機構の発見とリソソームを標的とする新規がん治療法への応用展開 ~

東京医科大学(学長:林 由起子/東京都新宿区)生化学分野 宮澤啓介主任教授、高野直治准教授と耳鼻咽喉科・頭頸部外科学分野 塚原清彰主任教授、山下凱後期臨床研修医を中心とする研究グループは、DNA障害性抗がん剤処理によりがん細胞において、p5...

東京医科大学が、「座り過ぎは体によくありません!」と題した市民公開講座をオンラインで開催(11月21日~1月4日) ~各キャンパスでもオンライン開催:がんや最新治療の解説など様々な講演動画を視聴可

東京医科大学が、「座り過ぎは体によくありません!」と題した市民公開講座をオンラインで開催(11月21日~1月4日) ~各キャンパスでもオンライン開催:がんや最新治療の解説など様々な講演動画を視聴可

東京医科大学(東京都新宿区/学長 林 由起子)では、知の還元として各キャンパスで市民公開講座を開催しています。大学キャンパスでは「知ることがチカラになる」をキャッチフレーズに公開講座を開催しており、今回「座り過ぎは体によくありません!」と題...

東京医科大学が、11月1日に「受験生サイト」を公開 ~医学科・看護学科の受験生向けに、東京医大が「わかる」特設サイトをリリース

東京医科大学が、11月1日に「受験生サイト」を公開 ~医学科・看護学科の受験生向けに、東京医大が「わかる」特設サイトをリリース

東京医科大学(東京都新宿区/学長:林由起子)は、11月1日に、医学科および看護学科の受験生に向けて「受験生サイト」を公開しました。東京医大の強みや各学科の教育の特徴、キャンパスライフをはじめ、受験生が知りたい情報を集約した東京医大が「わかる...

東京医科大学が、「ヒト腸内細菌と代謝物質を介した免疫応答が新型コロナウイルス感染症および合併症に与える影響を発見:膨大なオミックス情報解析研究 ~ウイルス感受性やCOVID-19合併症の個人差の根底に腸内環境の違いが関与の可能性~」

東京医科大学が、「ヒト腸内細菌と代謝物質を介した免疫応答が新型コロナウイルス感染症および合併症に与える影響を発見:膨大なオミックス情報解析研究 ~ウイルス感受性やCOVID-19合併症の個人差の根底に腸内環境の違いが関与の可能性~」

東京医科大学(学長:林由起子/東京都新宿区)消化器内視鏡学分野の永田尚義准教授と河合隆主任教授が参画する研究グループは、新型コロナウイルス感染症患者と非感染者の患者の糞便中のマイクロバイオームとメタボローム、血液中のサイトカインを網羅的に解...

東京医科大学が「慢性骨髄性白血病患者における新型コロナウイルスワクチン2回接種の効果を検証 ~ワクチン接種はチロシンキナーゼ阻害薬投与下でも同等の効果が期待~」

東京医科大学が「慢性骨髄性白血病患者における新型コロナウイルスワクチン2回接種の効果を検証 ~ワクチン接種はチロシンキナーゼ阻害薬投与下でも同等の効果が期待~」

 東京医科大学 (学長:林 由起子/東京都新宿区)血液内科学分野 後藤明彦主任教授、片桐誠一朗助教を中心とする研究チームは、東京医科大学病院外来通院患者を対象とした前向き観察研究を実施しました。チロシンキナーゼ阻害薬を継続もしくは中止してい...

東京医科大学が、「摂食抑制ニューロンの産生制御シグナルを解明 -- メタボリックシンドローム予防へ向けた新たな展開 --」(医学科学生も研究に参加)

東京医科大学が、「摂食抑制ニューロンの産生制御シグナルを解明 -- メタボリックシンドローム予防へ向けた新たな展開 --」(医学科学生も研究に参加)

 東京医科大学(学長:林 由起子/東京都新宿区)組織・神経解剖学分野 大山恭司准教授、金城ありさ、中村剛(ともに同大学医学科第5学年)の研究グループは、英国Sheffield大学Place博士、Manning博士、米国Johns Hopki...

東京医科大学が、7/30「医学科・看護学科WEBオープンキャンパス2022」特設サイトを公開 ~来場型オープンキャンパスの中止に伴う代替措置として、8/20・8/27「オンライン個別相談会」を開催(8/1~事前予約開始)

東京医科大学が、7/30「医学科・看護学科WEBオープンキャンパス2022」特設サイトを公開 ~来場型オープンキャンパスの中止に伴う代替措置として、8/20・8/27「オンライン個別相談会」を開催(8/1~事前予約開始)

 東京医科大学(東京都新宿区/学長:林由起子)は、大学ホームページにて「医学科・看護学科WEBオープンキャンパス2022」(事前申込不要)を7月30日(土)~公開します。なお、7月30日および8月20日に開催を予定していた来場型オープンキャ...

東京医科大学が「薬の種類や多剤併用が及ぼすヒト腸内細菌への全貌を解明 ~ 世界に類を見ない腸内細菌叢ビッグデータベースを構築 ~ 」

東京医科大学が「薬の種類や多剤併用が及ぼすヒト腸内細菌への全貌を解明 ~ 世界に類を見ない腸内細菌叢ビッグデータベースを構築 ~ 」

 東京医科大学(学長:林 由起子/東京都新宿区)消化器内視鏡学分野の永田尚義 准教授と、河合隆 主任教授、早稲田大学ナノ・ライフ創新研究機構の西嶋傑 次席研究員(現:欧州分子生物学研究所)、理工学術院の服部正平 教授(現:東京大学名誉教授)...

東京医科大学が、「臓器移植の拒絶反応に細胞外小胞が重要な働きをしていることを世界で初めて解明~ 移植医療の発展に細胞外小胞であるエクソソームの重要性を示唆 ~」

東京医科大学が、「臓器移植の拒絶反応に細胞外小胞が重要な働きをしていることを世界で初めて解明~ 移植医療の発展に細胞外小胞であるエクソソームの重要性を示唆 ~」

東京医科大学(学長:林由起子/東京都新宿区)医学総合研究所の落谷孝広教授が参画する共同研究グループ(米国ペンシルベニア大学・移植部門、イェール大学外科部長のPrashanth Vallabhajosyula博士らのチーム)が、胚移植における...

東京医科大学が「東京医大の研究」特設サイトをリニューアル公開 ~患者に優しい医療(低侵襲医療)の実現に向けた研究活動のさらなる推進を目指して~

東京医科大学が「東京医大の研究」特設サイトをリニューアル公開 ~患者に優しい医療(低侵襲医療)の実現に向けた研究活動のさらなる推進を目指して~

東京医科大学(東京都新宿区/学長:林由起子)では、「患者に優しい医療(低侵襲医療)の実現に向けた研究活動」を推進しております。このたび、「東京医大の研究」特設サイトの情報を更新し、デザインも新たにリニューアル公開しました。