「東京医科大学」のニュース記事検索結果 76件

【東京医科大学病院】2024年度より来場型で再開:市民公開講座開催のお知らせ<入場無料・事前申込不要> ~4/15(月)は大腸がん、肝がんについて医師が解説~

【東京医科大学病院】2024年度より来場型で再開:市民公開講座開催のお知らせ<入場無料・事前申込不要> ~4/15(月)は大腸がん、肝がんについて医師が解説~

東京医科大学病院(新宿区西新宿6-7-1/病院長:山本謙吾)は、2024年4月15日(月)より、市民公開講座を来場型にて再開いたします。 第166回は、2024年4月15日(月) 17:00 ~開演〈第1部〉大腸がんについて(消化器外科・...

【東京医科大学】前立腺がんの篩状腺管構造と再発との関連 ~前立腺がんの悪性度分類の改訂の際に重要な知見を報告~

【東京医科大学】前立腺がんの篩状腺管構造と再発との関連 ~前立腺がんの悪性度分類の改訂の際に重要な知見を報告~

東京医科大学(学長:林 由起子/東京都新宿区)人体病理学分野の長尾俊孝主任教授、泌尿器科学分野の下平憲治講師、大野芳正主任教授らの研究グループは、前立腺がん組織中の篩状腺管構造の占拠率と術後の生化学的再発との関連についてデジタル病理システム...

【東京医科大学】血液内科の無菌室長期療養患者の心理面におけるペット型ロボット(aibo)の支援効果を確認

【東京医科大学】血液内科の無菌室長期療養患者の心理面におけるペット型ロボット(aibo)の支援効果を確認

 東京医科大学(学長:林 由起子/東京都新宿区)血液内科学分野は、無菌室で数ヶ月の隔離治療が必要となる血液疾患の患者さんの心理的なサポートにペット型ロボット(aibo)が有効かどうかについて実証実験を行った結果aiboの介入により一定の心理...

東京医科大学が女性限定で臨床医学系教授または准教授の公募を実施

東京医科大学が女性限定で臨床医学系教授または准教授の公募を実施

東京医科大学(学長:林 由起子/東京都新宿区)では、女性に限定し分野を問わず臨床医学系の教授または准教授を幅広く公募している。これは、女性活躍推進法一般事業主行動計画の目標達成を目指し「雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等に関...

東京医科大学と吉祥女子中学・高等学校が高大連携協定を締結

東京医科大学と吉祥女子中学・高等学校が高大連携協定を締結

2024年1月12日、東京医科大学(学長:林 由起子/東京都新宿区)と吉祥女子中学・高等学校(校長:赤沼 一弘/東京都武蔵野市)は、高大連携協定を締結しました。

【東京医科大学病院】来春2月・中高生のための医学体験講座(消化器内科セミナー)を開催 ~最先端の内視鏡機器や超音波検査をシミュレーション体験~

【東京医科大学病院】来春2月・中高生のための医学体験講座(消化器内科セミナー)を開催 ~最先端の内視鏡機器や超音波検査をシミュレーション体験~

 東京医科大学病院(新宿区西新宿6-7-1 副院長(消化器内科主任教授):糸井隆夫)は、2024年2月23日(金・祝)、中学2年生~高校3年生を対象に、講義とシミュレーション実習を通して、消化器内科の診療や最先端の内視鏡機器や超音波検査を体...

【東京医科大学】母親の飲酒や糖尿病に胎内暴露された児の運動学習障害を末梢血を用いて予測する新たな手法を発見~機械学習を用いた末梢血単核球の選択的スプライシングによる運動学習障害の予測~

【東京医科大学】母親の飲酒や糖尿病に胎内暴露された児の運動学習障害を末梢血を用いて予測する新たな手法を発見~機械学習を用いた末梢血単核球の選択的スプライシングによる運動学習障害の予測~

東京医科大学(学長:林由起子/東京都新宿区)糖尿病・代謝・内分泌内科学分野の佐々木順子 助教、菅井啓自 臨床研究医、李国姣 研究員、鈴木亮 主任教授、小田原雅人 兼任教授、産科婦人科学分野の佐々木徹 講師らは、米国Children's Na...

学校法人 東京医科大学 と 公益財団法人 新国立劇場運営財団が包括連携協定を締結

学校法人 東京医科大学 と 公益財団法人 新国立劇場運営財団が包括連携協定を締結

2023年11月30日、学校法人東京医科大学(理事長:矢﨑 義雄/東京都新宿区)と公益財団法人新国立劇場運営財団(理事長:銭谷 眞美/東京都渋谷区)は、包括連携協定を締結しました。

東京医科大学と東京都健康長寿医療センターが包括連携に関する協定を締結

東京医科大学と東京都健康長寿医療センターが包括連携に関する協定を締結

 2023年11月8日、東京医科大学(学長:林 由起子/東京都新宿区)と地方独立行政法人東京都健康長寿医療センター(理事長:鳥羽 研二 /東京都板橋区)は、包括連携に関する協定を締結しました。  本協定は、相互の技術相談や共同研究、専門職の...

東京医科大学と蕨市が包括連携協定を締結

東京医科大学と蕨市が包括連携協定を締結

2023年11月1日、東京医科大学(学長:林 由起子/東京都新宿区)と蕨市(市長:賴高 英雄/埼玉県蕨市)は、包括連携協定を締結しました。

【東京医科大学】先進医療で実施中の「自己骨髄由来培養間葉系細胞移植による末梢動脈疾患に対する完全自家血管新生治療法」の安全性に関する論文が掲載 ~虚血による下肢切断の回避、疼痛軽減を目指して~

【東京医科大学】先進医療で実施中の「自己骨髄由来培養間葉系細胞移植による末梢動脈疾患に対する完全自家血管新生治療法」の安全性に関する論文が掲載 ~虚血による下肢切断の回避、疼痛軽減を目指して~

 東京医科大学(学長:林 由起子/東京都新宿区)心臓血管外科学分野の福田尚司教授(東京医科大学病院 細胞・再生医療センター長)を中心とする下肢血管新生再生医療研究グループは、「自己骨髄由来培養間葉系細胞移植による末梢動脈疾患に対する完全自家...

【東京医科大学】加圧培養法でヒト臍帯の細胞のみから移植可能な人工血管を開発 ~先天性心疾患などの心血管手術への応用に期待~

【東京医科大学】加圧培養法でヒト臍帯の細胞のみから移植可能な人工血管を開発 ~先天性心疾患などの心血管手術への応用に期待~

 東京医科大学(学長:林 由起子/東京都新宿区)細胞生理学分野の中村隆助教、横山詩子主任教授、横浜市立大学大学院医学研究科 産婦人科学 生殖成育病態医学(宮城悦子教授)博士課程2年 小嶋朋之 大学院生らの研究グループは、低酸素環境で周期的に...

東京医科大学が、「来場型オープンキャンパス2023」の様子を動画で公開

東京医科大学が、「来場型オープンキャンパス2023」の様子を動画で公開

東京医科大学(東京都新宿区/学長:林由起子)は、多くの来場者で盛況だった「来場型オープンキャンパス2023」の様子を動画で公開しました。動画は、受験生サイトの「WEBオープンキャンパス2023」で公開しています。在学生や卒業生のインタビュー...

【東京医科大学】学習・記憶の座をつくる海馬神経幹細胞とアストロサイトの新規サブタイプを発見(医学科生も研究に参加)

【東京医科大学】学習・記憶の座をつくる海馬神経幹細胞とアストロサイトの新規サブタイプを発見(医学科生も研究に参加)

東京医科大学(学長:林 由起子/東京都新宿区)組織・神経解剖学分野(高橋宗春主任教授)の大山恭司准教授、篠原広志講師、東京医科大学病院 卒後臨床研修センター 大村捷一郎臨床研修医、同大医学科第5学年 嘉和知朋美らの研究グループは、学習・記憶...

東京医科大学と巣鴨中学校・高等学校が高大連携協定を締結

東京医科大学と巣鴨中学校・高等学校が高大連携協定を締結

2023年8月4日、東京医科大学(学長:林 由起子/東京都新宿区)と巣鴨中学校・高等学校(校長:堀内 不二夫/東京都豊島区)は、高大連携協定を締結しました。

【東京医科大学】結腸脾弯曲部に向かう変異動脈の走行経路には2パターンあることを初めて明らかに~結腸脾弯曲部がんに対する膵損傷リスクの少ない新しい血管処理方法の確立に期待~(医学科生が筆頭著者)

【東京医科大学】結腸脾弯曲部に向かう変異動脈の走行経路には2パターンあることを初めて明らかに~結腸脾弯曲部がんに対する膵損傷リスクの少ない新しい血管処理方法の確立に期待~(医学科生が筆頭著者)

 東京医科大学(学長:林 由起子/東京都新宿区)人体構造学分野 伊藤正裕主任教授、表原拓也客員研究員(順天堂大学 解剖学・生体構造科学講座准教授)、河田晋一助教、消化器・小児外科学分野 永川裕一主任教授、榎本正統准教授、医学科第6学年 岡崎...

【東京医科大学】腫瘍内リンパ球は乳がん生存率と相関することを発見 ~さらなる腫瘍内リンパ球の働き解明に向けて~

【東京医科大学】腫瘍内リンパ球は乳がん生存率と相関することを発見 ~さらなる腫瘍内リンパ球の働き解明に向けて~

 東京医科大学(学長:林由起子/東京都新宿区)乳腺科学分野 呉蓉榕 臨床助教、石川孝 主任教授らの研究グループは、ロズウェルパーク総合がんセンター (米国ニューヨーク州) 高部和明 主任教授、横浜市立大学 (神奈川県横浜市) 消化器・腫瘍外...

【東京医科大学】定量的核形態情報を用いた淡明細胞型腎がんの再発予測 〜従来の核異型度を超える再発予測能をもつ人工知能を応用した診断技術を開発〜

【東京医科大学】定量的核形態情報を用いた淡明細胞型腎がんの再発予測 〜従来の核異型度を超える再発予測能をもつ人工知能を応用した診断技術を開発〜

 東京医科大学(学長:林 由起子/東京都新宿区)分子病理学分野の黒田雅彦 主任教授、人工知能応用医療講座の齋藤彰 特任教授、泌尿器科学分野の松原脩也 助教、大野芳正 主任教授らの研究グループは、定量的核形態情報を用いて淡明細胞型腎がんの再発...

【東京医科大学】細胞外アミノアシルtRNA合成酵素は関節リウマチにおいてサイトカインおよびPAD4を放出させることで、自己免疫応答や炎症応答を引き起こす~ブシラミンによる標的アミノアシルtRNA合成酵素を介する抗リウマチ作用~

【東京医科大学】細胞外アミノアシルtRNA合成酵素は関節リウマチにおいてサイトカインおよびPAD4を放出させることで、自己免疫応答や炎症応答を引き起こす~ブシラミンによる標的アミノアシルtRNA合成酵素を介する抗リウマチ作用~

 東京医科大学(学長:林由起子/東京都新宿区)医学総合研究所の半田宏兼任教授らの研究グループは、国立国際医療研究センター研究所 肝炎・免疫研究センター 免疫病理研究部 鈴木春巳部長らの研究グループとの共同研究により、アミノアシルtRNA合成...

【夏休み企画:シミュレーション体験】東京医科大学病院が、8月19日(土)「少年少女医学講座」を開催<小学5年~中学3年対象・40組80名/申込締切 7月18日(火)>

【夏休み企画:シミュレーション体験】東京医科大学病院が、8月19日(土)「少年少女医学講座」を開催<小学5年~中学3年対象・40組80名/申込締切 7月18日(火)>

東京医科大学病院(新宿区西新宿6-7-1 病院長:山本謙吾)は、8月19日(土)、小学校5年生~中学3年生とその保護者を対象に、シミュレーション体験を通して医療の基礎知識を学べる夏休み企画「少年少女医学講座」を開催いたします。