「千葉工業大学」のニュース記事検索結果 122件

高校生が自らの手でハイブリッドロケットの設計から打ち上げをおこなう「ロケットガール&ボーイ養成講座2023」参加者募集開始!

高校生が自らの手でハイブリッドロケットの設計から打ち上げをおこなう「ロケットガール&ボーイ養成講座2023」参加者募集開始!

千葉工業大学では宇宙関連教育に注力をしていく一環として、第8回目となる「ロケットガール&ボーイ養成講座」を開催します。

国内大学初!千葉工業大学が学位証明書をNFTで発行 -- 学位記授与式に合わせて学生がデザインしたNFT学位証明書を配付 --

国内大学初!千葉工業大学が学位証明書をNFTで発行 -- 学位記授与式に合わせて学生がデザインしたNFT学位証明書を配付 --

■本件における4つのポイント ・「大学」が学位証明書をNFTで発行した事例としては国内初 ・学位記授与式に合わせてNFT学位証明書を発行 ・千葉工業大学の学生3名が証明書のデザインを考案 ・学生のプライバシー保護を目的とした「NFT+VC」...

web3の人材育成教育プログラム、3月18日に公開講座を実施へ web3で文化や社会はどう変化するのか?今後訪れる未来の姿は --

千葉工業大学と株式会社PitPaは、2023年3月18日に公開講座を実施いたします。この公開講座は、千葉工業大学で2023年度4月から実施されるweb3の人材育成を目指す教育プログラムに先駆けて実施されるものとなります。

【12月25日・26日】「ロボカップ世界大会2022」で優勝したCIT Brainsがスカイツリータウンキャンパスでロボットを紹介

2022年12月25日(日)、26日(月)の2日間、本学、東京スカイツリータウン(R)キャンパスに、「ロボカップ世界大会2022」で優勝したCIT Brainsのメンバーが集結します。 世界が認めた高い技術力を誇るメンバーが製作したロボット...

千葉工業大学 東京スカイツリータウン(R)キャンパス ご来場者数100万人を達成!

千葉工業大学 東京スカイツリータウンキャンパスは2022年9月23日(金・祝)に来場者数100万人を達成しました。

デザイン科学科 松崎教授が円柱形つまみの回転操作における指の使用状況についての研究でイグ・ノーベル賞を受賞

学校法人千葉工業大学創造工学部デザイン科学科 松崎元 教授がイグ・ノーベル賞「工学賞」を受賞しました。

高校生が自らの手でハイブリッドロケットの設計から打ち上げをおこなう「ロケットガール&ボーイ養成講座2022」参加者募集開始!

高校生が自らの手でハイブリッドロケットの設計から打ち上げをおこなう「ロケットガール&ボーイ養成講座2022」参加者募集開始!

千葉工業大学では宇宙関連教育に注力をしていく一環として、第7回目となる「ロケットガール&ボーイ養成講座」を開催します。 昨年度に続き、新型コロナウイルス感染症対策をおこない、講座を開催します。

高校生が自らの手でハイブリッドロケットの設計から打ち上げをおこなう「ロケットガール&ボーイ養成講座2021」参加者募集開始!

高校生が自らの手でハイブリッドロケットの設計から打ち上げをおこなう「ロケットガール&ボーイ養成講座2021」参加者募集開始!

千葉工業大学では宇宙関連教育に注力をしていく一環として、第6回目となる「ロケットガール&ボーイ養成講座」を開催します。 昨年度は新型コロナウイルスの影響で実施を断念いたしましたが、今年度は感染予防対策に細心の注意と遵守できる体制を整え、講座...

日本の最東端・南鳥島の形成史が判明 -- 1億年以上前にできた火山島が約4000万年前に再活動していた --

【発表のポイント】 - 南鳥島の形成史が初めて明らかになった - 1億数千万年前に形成した火山島が4000万年前に再活動していた - 周囲の海山群は1億数千万年前に活動したが島にはなっていない - 南鳥島が今も島である理由は4000万年前の...

令和3(2021)年度一般選抜 大学入学共通テスト利用入学試験の検定料を免除

新型コロナウイルス禍により世界的に経済情勢が悪化する中、学校法人千葉工業大学は受験生の進学支援策として、今年度に限り大学入学共通テスト利用入学試験<前期・中期・後期>の検定料(通常15,000円)を免除する。 大学入学共通テストは自分の居住...

萩生田文部科学大臣が千葉工業大学の新型コロナウイルス対策を視察

2020年6月30日(火)萩生田文部科学大臣が、本学津田沼キャンパスの新型コロナウイルス感染症対策を視察されました。

山口県で国内初の小型ロケット空中発射システム実証実験の実施 -- 成層圏気球用姿勢制御装置の動作実証 --

山口県で国内初の小型ロケット空中発射システム実証実験の実施 -- 成層圏気球用姿勢制御装置の動作実証 --

2020年7月、山口県において小型ロケットの空中発射システムの実証試験が行われます。発射試験は「やまぐち空中発射プロジェクト(※1)」が実施するもので、成層圏気球からロケットを空中発射する発射システムの検討を機械電子創成工学科・惑星探査研究...

千葉工業大学 次期学長(第13代)に松井 孝典氏を選出

 学校法人千葉工業大学は2020年6月9日に理事会を開催し、小宮一仁学長の任期満了に伴う後任として、松井孝典氏を選任いたしましたのでお知らせします。  任期は2020年6月29日から2024年6月28日までの4年間となります。

人工知能が花の種類を自動分類する[ハナノナ]がApp Storeで無料アプリランキング2位に

人工知能が花の種類を自動分類する[ハナノナ]がApp Storeで無料アプリランキング2位に

千葉工業大学人工知能・ソフトウェア技術研究センターはディープラーニングで学習した人工知能が花の種類を自動分類する[ハナノナ]を開発し、App Storeで無料アプリランキング2位になりました。

世界初 ツタンカーメンの鉄剣の元素分布分析を実施

世界初 ツタンカーメンの鉄剣の元素分布分析を実施

本学地球学研究センターおよび惑星探査研究センターの合同研究チームが、エジプト考古学博物館にてツタンカーメンの鉄剣の化学分析を行いました。この鉄剣は、紀元前14世紀に鉄隕石を材料として造られたと考えられています。このプロジェクトでは世界で初め...

千葉工業大学惑星探査研究センターが新たな太陽系外惑星KELT-24bの発見に貢献! -- 和歌山県日高川町かわべ天文公園の口径1m望遠鏡を用いて太陽系外惑星の観測に初めて成功 --

千葉工業大学惑星探査研究センターが新たな太陽系外惑星KELT-24bの発見に貢献! -- 和歌山県日高川町かわべ天文公園の口径1m望遠鏡を用いて太陽系外惑星の観測に初めて成功 --

・太陽系外惑星を探索する国際チームKELTプロジェクトの一環として、かわべ天文公園(和歌山県日高川町)の口径1m望遠鏡を用いて新たな太陽系外惑星KELT-24bのトランジット観測に成功しました。この観測データを用いたKELT-24bの発見に...

千葉工業大学 夏休み特別イベント 惑星探査研究センター講演会【「はやぶさ2」最新情報!】を開催します

千葉工業大学 夏休み特別イベント 惑星探査研究センター講演会【「はやぶさ2」最新情報!】を開催します

7月11日、小惑星「リュウグウ」へ2回目のタッチダウンに成功した小惑星探査機「はやぶさ2」。 千葉工業大学惑星探査研究センターは「はやぶさ2」のほぼ全ての科学観測機器に携わっています。 今、大注目の「はやぶさ2」最新情報を、「はやぶさ2」実...

千葉工業大学 再生可能エネルギーの一層の利用を図る「REIWA」プロジェクトをスタート

千葉工業大学 国際金融研究センター(所長:小林孝雄)はこのたび、再生可能エネルギーの一層の利用を図るべく、次のプロジェクトをスタートさせました。名付けて、REIWAです。

高校生が自らの手でハイブリッドロケットの設計から打ち上げをおこなう「ロケットガール&ボーイ養成講座2019」参加者募集開始!

高校生が自らの手でハイブリッドロケットの設計から打ち上げをおこなう「ロケットガール&ボーイ養成講座2019」参加者募集開始!

千葉工業大学では宇宙関連教育に注力をしていく一環として、昨年に続き第5回目となる「ロケットガール&ボーイ養成講座」を開催します。 「ロケットガール&ボーイ養成講座」とは、ハイブリッドロケットの設計・製作から、その打ち上げに至るまで、全てを高...

千葉工業大学 株式会社格付投資情報センター(R&I)の格付において発行体格付「AA-」を16年連続維持

本学は、2003年11月6日に株式会社格付投資情報センター(R&I)から発行体格付「AA-」を取得して以来、毎年更新審査を受けており、今年度も16年連続となる「AA-」を維持、そのニュースリリースが、2019年3月22日、R&Iより下記のと...