「法政大学」のニュース記事検索結果 336件

法政大学

法政大学政策創造研究科が6月28日にシンポジウム「秋葉原のコミュニティの変容と街の『メディア化』」を開催

法政大学政策創造研究科は、シンポジウム「秋葉原のコミュニティの変容と街の『メディア化』」を開催。ハードとソフトが混在する街、秋葉原の歴史について議論しつつ、技術とコミュニティについて考える。近年の秋葉原の「サブカル化」あるいは「観光化」と従...

法政大学

「OUTLET UNIVERSITY」企画販売型共働実習(インターンシップ)販売研修を開催 ~文部科学省 平成24年度「産業界のニーズに対応した教育改善・充実体制整備事業」――法政大学

本プロジェクトは文部科学省 平成24年度「産業界のニーズに対応した教育改善・充実体制整備事業」の一環として、法政大学がオーガナイザーとなり、連携18大学でビジネス全体の流れを学ぶ「企画販売型共働実習(インターンシップ)〔プロジェクトリーダー...

法政大学

法政大学大学院教授 坂本光司 & 坂本光司研究室 “新著”『幸せな職場のつくり方~障がい者雇用で輝く52の物語~』出版記者発表会の開催

ベストセラー『日本でいちばん大切にしたい会社』の著者・坂本光司教授と社会人ゼミ生55名が書いた、感動のエピソード。障がい者雇用はドラマの連続。その先に見える幸せな職場とは?「障がい者」の常識を変える、目からウロコの52社!法政大学大学院教授...

法政大学

「法政大学多摩キャンパス・地域まるごとミュージアム構想研究会」を開催

「法政大学多摩キャンパス・地域まるごとミュージアム構想研究会」は、多摩地域交流センターの依頼を受けて発足した研究会である。周知のように法政大学多摩キャンパスとその周辺地域には自然・歴史・文化・産業などに関わる遺産・資源(史資料)が広く分布し...

法政大学

法政大学比較経済研究所が公開講演会「農業と生態系サービスをどう両立させるか:アジアの事例と経済学の役割」を開催

法政大学比較経済研究所は6月2日(月)に『農業環境政策の経済分析』(日本評論社)の出版を記念して、公開講演会「農業と生態系サービスをどう両立させるか:アジアの事例と経済学の役割」を開催する。執筆者の一人である滋賀大学の田中勝也准教授に、樹木...

法政大学

法政大学地域研究センター主催「全国『道の駅』シンポジウム」開催

近年「道の駅」が見直されている。直販所やトイレを併設し、多くの住民を集める施設となっている。さらに、地域の中核的な施設になる可能性もある。法政大学地域研究センターでは全国の「道の駅」にアンケート調査を実施した。その調査結果と「道の駅」の成功...

法政大学

法政大学が入学式当日に、新入生の父母・保証人向けの「キャリアセンターガイダンス」「公務員・法職講座ガイダンス」を開催

法政大学では入学式当日の4月3日に、新入生の父母・保証人向けの「キャリアセンターガイダンス」「公務員・法職講座ガイダンス」を開催する。今回(2014年度)は2013年度に続いて3回目となる。

法政大学

法政大学国際日本学研究所が3月15日~16日に、ワークショップ「和の国? 武の国? 神の国?! -江戸から見る日本人の自国認識の変容-」を開催

法政大学国際日本学研究所では「日本」という枠組みが、どのようなときに、どんな人々によって、どのように認識されてきたのかということを課題の一つとして研究してきた。今回のワークショップは、近世を中心としてこれまでの成果を確認しながら、全体として...

法政大学

法政大学が3月7日に「国際シンポジウム2014 映像配信を利用した教育情報システムの最新事情 ~MOOCs, Post MOOCs に向けた最新動向~」を開催

現在MOOCsが新たな学びの方法として世界的な規模で急速に普及しつつあり、日本でもJMOOCが設立されるなど注目を集めている。法政大学情報メディア教育研究センターでは昨年3月、第一回国際シンポジウムとしてedXやMatterhornなどの米...

法政大学

法政大学などが、大腸菌内で機能するナノスケールのハイブリッドエネルギー型回転モーターを開発

法政大学生命科学部の曽和義幸専任講師は、名古屋大学理学研究科・本間道夫教授、東北大学多元物質科学研究所・石島秋彦教授、オックスフォード大学・リチャード・ベリー博士との共同研究により、自然界では水素イオン流のみをエネルギー源として利用する大腸...

法政大学

法政大学がR&Iによる格付けを更新――「AA-」を継続

学校法人法政大学は、「株式会社 格付投資情報センター(R&I)」の格付けを更新した。

法政大学

法政大学が2月4日、グローバル人材育成推進事業として国際キャリア支援シンポジウム「君のグローバル人材の理解は間違ってる!?」を開催

法政大学ではグローバル人材育成事業の一環として、国際キャリア支援シンポジウムを実施する。グローバル人材の育成が日本社会の急務だと言われている。多くの学生は、外国語(英語)を自由に操れることがグローバル人材の第一要件だと考えている。しかし、英...

法政大学

法政大学イノベーション・マネジメント研究センターが2月1日、国際シンポジウム「都市地域における産業転換-米英イノベーション先進地域のエコシステム- Industry Change in Urban Region:Ecosystems in Innovative Region in the US and UK」を開催

米国は、シリコンバレーのみならず、産業転換を連鎖的に果たした優等生都市を有している。シアトルは、ソフトウエア産業のエコシステムを構築した後に、インタラクティブ・メディア産業、航空宇宙産業、バイオテクノロジー産業に波及していった。オースティン...

法政大学

法政大学が1月16日に「ソチオリンピック出場者壮行会」を開催

法政大学生の鈴木世奈(すずき・せな)選手および床亜矢可(とこ・あやか)選手がアイスホッケー女子日本代表に選ばれ、ソチオリンピックに出場する。ついては、ソチでの活躍を祈念し、同大市ケ谷キャンパスにて「ソチオリンピック出場者壮行会」を開催する。...

法政大学

法政大学イノベーション・マネジメント研究センターが1月8日に国際セミナー「韓国ベンチャー企業の輸出パフォーマンス―企業家のジェンダーの影響―Korean Entrepreneurs and International Export Performance:Does Gender Matter?」を開催

Yongsun Paik教授(Loyola Marymount大学)にご登壇いただき、韓国のベンチャー企業(International new ventures)の輸出パフォーマンスについて検討する。Paik教授は、企業家のジェンダーがベン...

法政大学

法政大学社会学部科研費プロジェクトが12月14日に「脱原発とエネルギー転換」を勧告したドイツ倫理委員会委員2名の来日講演会・討論会を開催

現在、日本でも福島原発事故を境に、国民の多数が脱原発を求め、再生可能エネルギーを中心とするエネルギー転換が全国各地で進もうとしている。ドイツは、脱原発とエネルギー転換を政策として決定・実施して2年余になる。この決定に大きな役割を果たしたのが...

法政大学

法政大学が12月1日、大手優良企業23社を招き「学内企業説明会」を開催――採用活動解禁日に一斉開催

法政大学キャリアセンターは、まさに企業の採用広報解禁日にあたる12月1日に、大手企業23社を市ケ谷キャンパスに招き、学内企業説明会を開催する。

法政大学

法政大学が次期総長候補者に田中優子社会学部長を選出――任期は2014年4月1日~2017年3月31日

学校法人法政大学(総長:増田壽男/以下、法政大学)は、現増田壽男総長の任期満了(2014年3月31日)に伴う総長候補者選挙を実施。本日11月22日(金)に行われた総長候補者選挙の結果、田中優子(たなか・ゆうこ)社会学部長を選出した。なお、正...

法政大学

法政大学野球部助監督に青木久典氏が内定

学校法人法政大学(総長:増田壽男/以下、法政大学)は、現在富士大学野球部監督を務める青木久典(あおき・ひさのり)氏を、2014年1月1日付で同大野球部助監督に招聘することを内定した。

法政大学

法政大学が「学徒出陣」70年を記念し、12月16日にシンポジウムを開催ーーOBの学徒出陣経験者3名が証言者として登場、同大総長が平和宣言を行うほか、12月9日~20日には記念展示会も

このたび、法政大学では学徒出陣70周年を記念し、「学び舎から戦場へ-学徒出陣70年 法政大学の取り組み-」と題し、法政大学市ヶ谷キャンパス内で公開シンポジウム(12月16日)と展示会(12月9 日~20日)を開催。メインゲストとして、法政...