「スポーツ」のニュース記事検索結果 880件

東洋大学が箱根駅伝に出場する陸上競技部を応援する「鉄紺応援ボタン」を公開~デジタルの沿道を鉄紺に染めよう~

東洋大学が箱根駅伝に出場する陸上競技部を応援する「鉄紺応援ボタン」を公開~デジタルの沿道を鉄紺に染めよう~

東洋大学(東京都文京区/学長:矢口悦子)は、箱根駅伝に出場する陸上競技部を応援する「鉄紺応援ボタン」( https://www.toyo.ac.jp/tetsukon/ )を2020年12月1日に東洋大学公式Webサイトで公開した。ボタンを...

神奈川大学

第97回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)出場 本学陸上競技部駅伝チーム メディア共同取材のご案内

2021年1月2日・3日に開催される、第97回東京箱根間往復大学駅伝競走(「箱根駅伝」)に出場する本学陸上競技部駅伝チームのメディア共同取材を下記のとおり開催いたします。

江戸川大学男子バスケットボール部のジャキテェ・ダオウダ選手がB3リーグ東京エクセレンスに練習生として加入

江戸川大学男子バスケットボール部のジャキテェ・ダオウダ選手がB3リーグ東京エクセレンスに練習生として加入

江戸川大学(千葉県流山市)男子バスケットボール部のジャキテェ・ダオウダ選手(社会学部経営社会学科1年・日本体育大学柏高等学校出身)はこのたび、ジャパン・バスケットボールリーグ(B3リーグ)に所属する東京エクセレンスに練習生として加入すること...

青山学院大学が妙高市と連携協力に関する協定を締結

青山学院大学が妙高市と連携協力に関する協定を締結

青山学院大学が有する知的財産・人材と、新潟県妙高市が有する自然・伝統・文化の観光資源とを有効に活用し、相互の交流・発展を図ることで、地域社会への貢献と人材育成に寄与することを目的として、青山学院大学と妙高市は連携協力に関する協定を締結した。

産業能率大学サッカー部 野澤陸選手 ヴァンフォーレ甲府への加入が内定

産業能率大学サッカー部 野澤陸選手 ヴァンフォーレ甲府への加入が内定

産業能率大学(東京都世田谷区)サッカー部に所属する野澤陸選手(情報マネジメント学部4年)が、Jリーグのヴァンフォーレ甲府に来季より加入することが内定しました。 佐野日大高ではボランチ、FWとしてプレーした野澤選手は、同校の全国高校選手権大会...

追手門学院大学

コロナ禍のスポーツ。改めて問われる!グローバル視点でスポーツをとらえる意義とは? -- 追手門学院大学のニュース発信サイト「OTEMON VIEW」に掲載

学校法人追手門学院(大阪市中央区、理事長:川原俊明)はこのたび、運営する追手門学院大学の特設サイト「OTEMON VIEW」に、「コロナ禍のスポーツ。改めて問われる!グローバル視点でスポーツをとらえる意義とは?」と題した記事を掲載した。スポ...

''ランナー下痢''の解明に手掛かり 長時間・高強度な運動で腸内細菌に変化 -- 摂南大学・井上教授ら

''ランナー下痢''の解明に手掛かり 長時間・高強度な運動で腸内細菌に変化 -- 摂南大学・井上教授ら

摂南大学(大阪府寝屋川市)農学部応用生物科学科の井上亮教授は京都府立大学、日本体育大学、京都府立医科大学、栄養・病理学研究所との共同研究で、長距離ランナーの日常的な長時間・高強度の運動が腸内環境を悪化させ、腸の不調を引き起こす可能性があるこ...

江戸川大学の仁志敏久客員教授が横浜DeNAベイスターズの2軍監督に就任

江戸川大学の仁志敏久客員教授が横浜DeNAベイスターズの2軍監督に就任

江戸川大学(千葉県流山市)社会学部経営社会学科の仁志敏久客員教授が、プロ野球・横浜DeNAベイスターズの2軍監督に就任した。

びわこ成蹊スポーツ大学が11月7日に特別講演会「スポーツが未来を変える」を開催 -- 大河正明副学長、植田実教授、佐々木則夫特別招聘教授らが登壇

びわこ成蹊スポーツ大学が11月7日に特別講演会「スポーツが未来を変える」を開催 -- 大河正明副学長、植田実教授、佐々木則夫特別招聘教授らが登壇

びわこ成蹊スポーツ大学(滋賀県大津市)は11月7日、大津市民会館にて特別講演会「スポーツが未来を変える」を開催した。このイベントは1年次生の授業「成蹊スポーツ基礎演習」の一環で、スポーツの多様性と多元性についての知識の幅を広げ、その理解をよ...

関西大学

◆ 宮本勝浩 関西大学名誉教授が推定◆東京オリンピック・パラリンピックが簡素化された時に失われる経済効果は約1兆3,898億円

 このたび関西大学 宮本勝浩名誉教授が、2021年の東京オリンピック・パラリンピックが簡素化されて開催された時に失われる経済効果について計算した結果、損失額は約1兆3,898億円となりました。

明浄学院高等学校がマーチングバンド全国大会への出場校に選ばれました。

明浄学院高等学校がマーチングバンド全国大会への出場校に選ばれました。

学校法人藍野大学の支援契約締結校である明浄学院高等学校の吹奏楽部が第42回マーチングバンド関西大会の「ビデオ審査会」で28団体の中から金賞を受賞し、全国大会出場校に選ばれました。

北翔大学が令和3年4月に「大学院生涯スポーツ学研究科 生涯スポーツ学専攻 博士後期課程」を開設 -- 地域に根ざした生涯スポーツ振興の指導的役割を果たす人材を養成

北翔大学が令和3年4月に「大学院生涯スポーツ学研究科 生涯スポーツ学専攻 博士後期課程」を開設 -- 地域に根ざした生涯スポーツ振興の指導的役割を果たす人材を養成

北翔大学(北海道江別市)は、令和3年4月に「北翔大学大学院 生涯スポーツ学研究科 生涯スポーツ学専攻 博士後期課程(入学定員3名)」を開設することを令和2年10月23日付で文部科学大臣から認可された。これにより、北海道唯一の「生涯スポーツ学...

プロ野球ドラフト会議 硬式野球部 佐藤 輝明選手 4球団から1位指名を受け、阪神タイガースが交渉権を獲得

プロ野球ドラフト会議 硬式野球部 佐藤 輝明選手 4球団から1位指名を受け、阪神タイガースが交渉権を獲得

令和2年(2020年)10月26日(月)にプロ野球ドラフト会議が開催され、近畿大学体育会硬式野球部の佐藤 輝明選手が、オリックス・バファローズ、阪神タイガース、福岡ソフトバンクホークス、読売ジャイアンツの4球団から1位指名され、抽選の結果、...

【獨協大学】硬式野球部の並木秀尊選手(経済学科4年)が東京ヤクルトスワローズより5位指名 -- 獨協大の学生として、初めてNPB所属球団から指名

【獨協大学】硬式野球部の並木秀尊選手(経済学科4年)が東京ヤクルトスワローズより5位指名 -- 獨協大の学生として、初めてNPB所属球団から指名

10月26日、プロ野球ドラフト会議が都内で行われ、硬式野球部の並木秀尊選手(なみき・ひでたか 経済学科4年)が東京ヤクルトスワローズから5位指名を受けました。創立から56年、獨協大学の学生として、初めてNPB所属球団から指名されました。

同志社大学

同志社大学体育会硬式野球部 花野巧 氏の監督就任について

平成26年12月より、同志社大学硬式野球部の監督職にありました 澁谷卓弥氏が、本年11月30日をもちまして、その職を退くこととなり、花野巧氏(現伏木海陸運送株式会社硬式野球部ヘッドコーチ)が12月より同志社大学硬式野球部監督に就任いたします...

esports projectマスコットキャラクター「イースラ」が誕生!&新ゲームタイトルを追加 -- 大阪電気通信大学

esports projectマスコットキャラクター「イースラ」が誕生!&新ゲームタイトルを追加 -- 大阪電気通信大学

大阪電気通信大学esports projectのマスコットキャラクター「イースラ」が誕生しました。 2018年に全学的活動として立ち上げたesports projectは、およそ80人の学生が携わっています。

オンラインセミナー「気候変動から気候危機へ」-- 講演「気候変動の最前線」と対談「為末大氏×江守正多氏」聖心女子大学グローバル共生研究所主催 10/31開催

オンラインセミナー「気候変動から気候危機へ」-- 講演「気候変動の最前線」と対談「為末大氏×江守正多氏」聖心女子大学グローバル共生研究所主催 10/31開催

聖心女子大学グローバル共生研究所(東京都渋谷区)は10月31日(土)にオンラインセミナー「気候変動から気候危機へ -困難な時代をしなやかに生きるヒント-」を開催する。気候変動研究の第一人者である江守正多氏(国立環境研究所地球環境研究センター...

大阪成蹊大学 スポーツイノベーション研究所が、公開講座「スポーツイノベーションアカデミー」を開講(2021年1-3月)

大阪成蹊大学 スポーツイノベーション研究所が、公開講座「スポーツイノベーションアカデミー」を開講(2021年1-3月)

2021年1月7日(木)より、全6回の公開講座を実施します。メイン講師は、大阪成蹊大学 スポーツイノベーション研究所所長の大河正明がつとめます。

◆宮本勝浩 関西大学名誉教授が推定◆市民マラソン大会中止の経済的損失は日本全体で約7,123億円(東京マラソン:約290億円 大阪マラソン:約188億円)

◆宮本勝浩 関西大学名誉教授が推定◆市民マラソン大会中止の経済的損失は日本全体で約7,123億円(東京マラソン:約290億円 大阪マラソン:約188億円)

このたび、関西大学 宮本勝浩名誉教授が新型コロナウイルス感染症の影響による市民マラソン大会中止の経済的損失について計算した結果、損失額は約7,123億円となりました。

◆宮本勝浩 関西大学名誉教授が推定◆2020年のプロ野球の経済的損失は約1,423億円(昨年比)

◆宮本勝浩 関西大学名誉教授が推定◆2020年のプロ野球の経済的損失は約1,423億円(昨年比)

このたび、関西大学 宮本勝浩名誉教授が新型コロナウイルス感染症の影響による2020年の日本のプロ野球の経済的損失について計算した結果、約1,423億円(昨年比)となりました。なお、2020年の売上総額は約377億円に留まると推定しています(...