「立命館大学」のニュース記事検索結果 217件

立命館大学がインド工科大学ハイデラバード校(IIT-H)との協力協定を締結――協定締結記念研究フォーラム「IITH-Ritsumeikan SCIENCE WORKSHOP」を同時開催

立命館大学がインド工科大学ハイデラバード校(IIT-H)との協力協定を締結――協定締結記念研究フォーラム「IITH-Ritsumeikan SCIENCE WORKSHOP」を同時開催

立命館大学は、インド工科大学ハイデラバード校(以下、IIT-H)と日本の私立大学で初めての協力協定を2月10日(月)にインド・IIT-Hにて締結した。

京都府と立命館大学との連携・協力に関する包括協定を締結

京都府と立命館大学との連携・協力に関する包括協定を締結

2014年1月27日(月)、立命館大学は京都府と、産業振興等の分野において相互に協力し、人づくり、地域貢献に共同して取り組み、大学を核とした交流を推進するため、連携・協力に関する包括協定を締結した。

在英国日本国大使館・立命館大学共催による科学技術フォーラム「Science, Technology and Innovation Symposium」をイギリス・ロンドンで開催

在英国日本国大使館・立命館大学共催による科学技術フォーラム「Science, Technology and Innovation Symposium」をイギリス・ロンドンで開催

在英国日本国大使館と立命館大学は共同で、日英学術交流150周年記念した科学技術フォーラム「Science, Technology and Innovation Symposium」を1月23日(木)にイギリス・ロンドンの在英国日本国大使館に...

立命館大学理工学部 道関隆国教授の研究グループがLED発電を用いたゼロ待機電力起動回路を世界で初めて開発

立命館大学理工学部 道関隆国教授の研究グループがLED発電を用いたゼロ待機電力起動回路を世界で初めて開発

立命館大学理工学部 道関隆国教授はセイコーインスツル株式会社と共同で、LED発電を利用し、使用時にのみ機器(ワイヤレスマウスやリモコン受信機など)が起動するゼロ待機電力の起動回路を開発した。待機電力を限りなくゼロにできる外部ON/OFFスイ...

立命館大学が、大好評の「100円朝食」提供を12月から前倒しで全面導入――大学生の生活リズム改善・健康増進に効果大

立命館大学は、父母教育後援会の支援を受け、2013年10月21日~11月1日に実験的に導入した「100円朝食」が、大変好評であったことを受け、当初2014年4月から全面導入する予定だったのを、前倒しして2013年12月から京都・滋賀の両キャ...

食欲の秋を宇治で楽しむ「宇治茶スイーツ店マップ」を経済学部の学生たちが作成、10月21日に発行――立命館大学

食欲の秋を宇治で楽しむ「宇治茶スイーツ店マップ」を経済学部の学生たちが作成、10月21日に発行――立命館大学

立命館大学経済学部寺脇ゼミ(指導教員:寺脇 拓教授)に所属する有志の学生39名が、宇治市の観光を盛り上げるために「宇治茶スイーツ店マップ」を作成し、10月21日(月)に発行する。

農学連携で学生の“地産地消”の意識を高め食生活の改善を図る「食育実践事業」を10月よりスタート――立命館大学

農学連携で学生の“地産地消”の意識を高め食生活の改善を図る「食育実践事業」を10月よりスタート――立命館大学

JA草津市、JAおうみ冨士、立命館生活協同組合(以下、立命館生協)と立命館大学は、立命館大学びわこ・くさつキャンパス(以下、BKC)の学生を中心に“地産地消”を促し、食生活の改善を図ることを目的として「食育実践事業」を10月より共同でスター...

立命館大学の学生が平安神宮の鳥居を望む神宮道商店街のPR「かわらばん」を制作 ~9月5日に創刊号を発行

立命館大学の学生が平安神宮の鳥居を望む神宮道商店街のPR「かわらばん」を制作 ~9月5日に創刊号を発行

写真部や広告研究会の学生など、有志で集まった立命館大学の学生9名と京都岡崎地区の神宮道商店街が共同で、商店街のPRかわらばん「神宮道帖」を制作し、9月5日(木)に創刊号を発行する。

ホンモロコの精巣を用いた細胞株「もろこセンサー」の作製に成功 ~環境ホルモンがホンモロコの生殖巣に与える影響を細胞レベルで評価可能に――立命館大学

ホンモロコの精巣を用いた細胞株「もろこセンサー」の作製に成功 ~環境ホルモンがホンモロコの生殖巣に与える影響を細胞レベルで評価可能に――立命館大学

立命館大学薬学部 高田達之・教授、檜垣彰吾・研究員は、琵琶湖の固有魚種であるホンモロコの精巣細胞を用いた細胞株「もろこセンサー」の作製に初めて成功した。これにより、ホンモロコの生殖巣(精巣)に及ぼす内分泌撹乱物質(以下、環境ホルモン)の影響...

立命館大学と守山市が共同で「琵琶湖の水草堆肥化事業」をスタート~厄介者の水草を堆肥化し、有機農法に活用~

立命館大学と守山市が共同で「琵琶湖の水草堆肥化事業」をスタート~厄介者の水草を堆肥化し、有機農法に活用~

立命館大学と守山市は、琵琶湖で大量に繁殖し問題になっている水草を、良質な堆肥に変え、地域農産物の有機栽培に活用する「琵琶湖の水草堆肥化事業(※)」を8月22日にスタートさせた。

立命館大学が7月20日、言語教育情報研究科開設10周年記念講演「ことばは日本の政治を変えるか」を開催――講師は東照二教授

立命館大学は言語教育情報研究科開設10周年を記念し、社会言語学者である東照二教授を講師に、「ことばは日本の政治を変えるか」をテーマに講演会を開催する。東教授は、歴代首相のスピーチを言語学の観点から研究している。この講演では、政治における「言...

日本の大学で初 海外の大学と学部を共同設置 ――大連理工大学(中国)・立命館大学国際情報ソフトウェア学部の開設決定について

日本の大学で初 海外の大学と学部を共同設置 ――大連理工大学(中国)・立命館大学国際情報ソフトウェア学部の開設決定について

立命館大学と大連理工大学(中国)が共同で開設準備を進めてきた「大連理工大学・立命館大学国際情報ソフトウェア学部(以下、新学部)」が、2013年3月27日に中国政府教育部より正式に認可された。このことを受け、両大学は、2013年9月に大連理工...

力制御機能を備えた油圧駆動ロボットの開発に国内で初めて成功 ~人が入れない極限環境での俊敏、しなやか、力強い作業が実現可能に――立命館大学

力制御機能を備えた油圧駆動ロボットの開発に国内で初めて成功 ~人が入れない極限環境での俊敏、しなやか、力強い作業が実現可能に――立命館大学

立命館大学理工学部ロボティクス学科の玄相昊(ゲン ソウコウ)准教授はこのたび、油圧駆動ロボットと、ロボットの複雑かつ繊細な力加減が必要な作業を可能にする専用制御装置の開発に国内で始めて成功した。

日中韓キャンパスアジア・プログラム 5月7日より日本で開講 ~国境を越え活躍する東アジアの次世代リーダーを養成~立命館大学

日中韓キャンパスアジア・プログラム 5月7日より日本で開講 ~国境を越え活躍する東アジアの次世代リーダーを養成~立命館大学

立命館大学文学部・広東外語外貿大学(中国)・東西大学校(韓国)から選抜された28名のパイロット学生が3カ国を移動しながら学ぶキャンパスアジア・プログラム「移動キャンパス」の2学期(日本)が、5月7日(火)より立命館大学にてスタートする。

産学農で「超特撰白雪 純米大吟醸 必勝の酒 勝馬米」を共同開発し、4月10日から発売――立命館大学

産学農で「超特撰白雪 純米大吟醸 必勝の酒 勝馬米」を共同開発し、4月10日から発売――立命館大学

立命館大学、農事組合法人栗東有機農業生産組合、競走馬育成事業協同組合と小西酒造株式会社は、「超特撰白雪 純米大吟醸 必勝の酒 勝馬米(以下、清酒 勝馬米)」を共同で開発した。4月10日(水)から限定で1000本発売する。

立命館大学が「限られた場所でも行える運動プログラム」の教本とDVDを作成し大船渡市に報告・贈呈――被災地における中学生の身体活動量の低下傾向が明らかに

立命館大学が「限られた場所でも行える運動プログラム」の教本とDVDを作成し大船渡市に報告・贈呈――被災地における中学生の身体活動量の低下傾向が明らかに

3月27日(水)、立命館大学スポーツ健康科学部は、大船渡市立第一中学校で行った身体活動量と栄養調査の結果をはじめ、2012年2月から行ってきた運動・健康科学面での支援の取り組みを、災害復興に向けた連携協力協定を結ぶ大船渡市に報告した。併せて...

淡江大学(台湾)・立命館大学が東日本大震災をテーマにした学生フォーラム「震災復興と東アジアを担う若者の使命」を開催

淡江大学(台湾)・立命館大学が東日本大震災をテーマにした学生フォーラム「震災復興と東アジアを担う若者の使命」を開催

立命館大学(日本)は3月8日(金)に、淡江大学(台湾)と学生フォーラム「震災復興と東アジアの未来を担う若者の使命」を共催する。

立命館大学薬学部・民秋均教授と塚谷祐介客員研究員の研究グループが、赤外光線を吸収するクロロフィル(葉緑素)を光合成生物が生産する仕組みを発見

立命館大学薬学部の民秋均教授と総合科学技術研究機構の塚谷祐介客員研究員の研究グループは、人間の目では確認できない光である赤外光線を唯一吸収できるクロロフィル(葉緑素)を光合成生物が生産する仕組みを、世界で初めて発見した。

日中韓共同で次世代人文学リーダーの育成を目指す キャンパスアジア・プログラム「移動キャンパス」いよいよスタート――立命館大学

日中韓共同で次世代人文学リーダーの育成を目指す キャンパスアジア・プログラム「移動キャンパス」いよいよスタート――立命館大学

立命館大学・広東外語外貿大学(中国)・東西大学校(韓国)は、2月17日(日)より広東外語外貿大学にて、キャンパスアジア・プログラム「移動キャンパス」をスタートさせた。

世界初「マイクロプラズマ励起大面積高出力深紫外発光素子(MIPE)」の開発に成功 ~国連水銀条約をクリアする水銀フリー大面積・高出力深紫外発光を実現

世界初「マイクロプラズマ励起大面積高出力深紫外発光素子(MIPE)」の開発に成功 ~国連水銀条約をクリアする水銀フリー大面積・高出力深紫外発光を実現

立命館グローバルイノベーション研究機構(R-GIRO)の青柳克信・特別招聘教授と株式会社PIリサーチの黒瀬範子・主任研究員は世界で初めて「マイクロプラズマ励起大面積高出力深紫外発光素子(MIPE)」の開発に成功した。