「先端研究」のニュース記事検索結果 2380件

龍谷大学発酵醸造微生物リソース研究センターキックオフシンポジウムを開催 滋賀県の発酵醸造関係企業との共同研究や地元産業界との連携による地域活性化を目指して 5月15日(土) Zoomによるオンライン開催

【本件のポイント】 ・2021年4月に龍谷大学に設立された発酵醸造微生物リソース研究センターのキックオフシンポジウムをオンラインで開催 ・発酵醸造微生物リソース研究センター設立のねらいは、滋賀県の発酵醸造関係企業との共同研究や地元産業界との...

名城大学の薬学部衛生化学研究室が新型コロナウイルス変異株の簡単、迅速な識別法を確立。 5月12日(水)13:00~ 成果を発表

名城大学の薬学部衛生化学研究室が新型コロナウイルス変異株の簡単、迅速な識別法を確立。 5月12日(水)13:00~ 成果を発表

名城大学(名古屋市天白区)は新型コロナウイルス感染症の先行きの不透明感が拭えない中、この危機に立ち向かうため、大学独自で「名城大学 新型コロナウイルス対策研究プロジェクト」を立ち上げ、このたび、このプロジェクトの1つである薬学部衛生化学研究...

昭和大学

昭和大学がプレミア・ウェルネスサイエンス株式会社と機能性カンナビノイドを用いた共同研究および事業化に向けた包括連携契約を締結

2021年4月1日、学校法人昭和大学(理事長:小口 勝司、以下「昭和大学」)は、新たな機能性素材として注目されているカンナビノイドを用いた研究に関して、プレミア・ウェルネスサイエンス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:細山 紳二)と...

自然光の変化に合わせた室内照明の健康維持への貢献を検証 ~ 在宅勤務時代における睡眠の質の向上に向けて ~

自然光の変化に合わせた室内照明の健康維持への貢献を検証 ~ 在宅勤務時代における睡眠の質の向上に向けて ~

 東京都市大学(東京都世田谷区、学長:三木 千壽)建築都市デザイン学部 建築学科の小林茂雄教授らは、照明環境が生体リズムや睡眠の質に及ぼす影響について検証・考察を行い、室内照明(照度・色温度)を自然光の変化に合わせて調節することが健康維持に...

『畜産農家向けヒートストレス予報 ''ちくさん天気'' 』を開発 -- 北里大学・株式会社ウェザーニューズ・ライブストックジャパン合同会社

『畜産農家向けヒートストレス予報 ''ちくさん天気'' 』を開発 -- 北里大学・株式会社ウェザーニューズ・ライブストックジャパン合同会社

北里大学獣医学部 動物飼育管理学研究室(青森県十和田市)、株式会社ウェザーニューズ(千葉県千葉市)、同大学発ベンチャーのライブストックジャパン合同会社(青森県十和田市)が、家畜の生産性に影響する気象変化を高精度で予測し、暑熱・寒冷ストレスの...

青山学院大学が2022年4月、法学部に日本初の「ヒューマンライツ学科」*を設置予定(設置届出中)

青山学院大学が2022年4月、法学部に日本初の「ヒューマンライツ学科」*を設置予定(設置届出中)

2022年4月、青山学院大学は、法学部に日本初の「ヒューマンライツ学科」*を設置予定(設置届出中)。「法学科」との2学科体制で、より専門性の高い教育を目指す。

新戦略とともにTUJ新チャプターが幕開け グローバルリーダーの育成、ITプログラムなど新たな施策が始動【テンプル大学ジャパンキャンパス】

新戦略とともにTUJ新チャプターが幕開け グローバルリーダーの育成、ITプログラムなど新たな施策が始動【テンプル大学ジャパンキャンパス】

テンプル大学ジャパンキャンパス(東京都世田谷区/以下TUJ)は2021年4月、マシュー・ウィルソン新学長のもと、「真に国際的な」ミッションと「学生ファースト」を軸とするビジョンに基づいた新戦略を発表しました。イノベーション、実用的なスキル開...

日本工業大学の鈴木宏典教授が自動運転車両実証走行実験に協力

日本工業大学の鈴木宏典教授が自動運転車両実証走行実験に協力

日本工業大学 先進工学部 ロボティクス学科の鈴木宏典教授が、川口市が目指す「交通ネットワークが充実した快適で利便な都市」の実現に向けた取り組みの一環として実施された、自動運転バスの実証走行を中心としたMaaS(注1)体験(2021年2月2日...

ものつくり大学

ものつくり大学が2021年度就業者向け社会人教育プログラムをスタートさせる!

ものつくり大学(埼玉県行田市)は、就業者を対象にした社会人教育プログラムをオンライン・オンデマンド講座でスタートさせます。2021年度第一弾は、生産現場のリーダーや管理者、改善推進者を対象にした「現場改善人材養成(初級)」です。本講座で目指...

【京都産業大学】ガスやダストで覆われている彗星核の観測に成功 パンスターズ彗星の熱履歴を解明 -- 米国国際惑星科学誌『Icarus(イカルス)』(オンライン版)に掲載

【京都産業大学】ガスやダストで覆われている彗星核の観測に成功 パンスターズ彗星の熱履歴を解明 -- 米国国際惑星科学誌『Icarus(イカルス)』(オンライン版)に掲載

京都産業大学神山天文台と国立天文台の研究グループは、地上からの観測としては初めて、パンスターズ彗星(P/2016 BA14(PANSTARRS))※の彗星核表面に含水ケイ酸塩鉱物があることを発見し、この彗星が現在の軌道で予想されるよりも高い...

東京医科大学公衆衛生学分野町田征己講師ら研究チーム「COCOAに対する市民の懸念 最も高いのはその予防効果について ~COCOA使用者の内、効果を最大限にするために必要な使い方をしている人は60.8%~」

東京医科大学公衆衛生学分野町田征己講師ら研究チーム「COCOAに対する市民の懸念 最も高いのはその予防効果について ~COCOA使用者の内、効果を最大限にするために必要な使い方をしている人は60.8%~」

東京医科大学(学長:林由起子/東京都新宿区)公衆衛生学分野町田征己講師らの研究チームは、関東地方在住の20-79歳の男女2,013人を対象に、接触確認アプリ:COCOAに関する考えについてインターネット調査を2020年9月8日に実施しました...

【大阪大学】歩くネコをロボットで再現、反射回路を新発見 ~四脚歩行ロボットで動物の生体解明へ~

【大阪大学】歩くネコをロボットで再現、反射回路を新発見 ~四脚歩行ロボットで動物の生体解明へ~

大阪大学大学院工学研究科の大学院生(当時)の谷川豊章さん(令和3年3月博士前期課程修了)、増田容一助教、石川将人教授らの研究グループは、動物の神経および筋肉の特性を再現可能な四脚ロボット(図1)を開発しました。本ロボットを用いた歩行実験によ...

立命館大学

【隕石中に閉じ込められたCO2に富む液体の水を世界で初めて発見】太陽系形成時に誕生した小天体がその後の木星の軌道変化に伴なって移動した証拠

立命館大学総合科学技術研究機構の土`山明教授らの研究グループは、炭素質コンドライトと呼ばれる隕石(サッターズミル隕石: Sutter's Mill)の鉱物の中に、X線ナノCTおよび低温下での透過型電子顕微鏡を用いた分析により、鉱物中に閉じ込...

機能性材料として注目の人工らせん高分子_らせん構造キラルシリカを簡便調製_応用化学科 平井准教授らのグループが革新的手法を開発 -- 大阪工業大学

機能性材料として注目の人工らせん高分子_らせん構造キラルシリカを簡便調製_応用化学科 平井准教授らのグループが革新的手法を開発 -- 大阪工業大学

大阪工業大学(大阪市旭区)応用化学科の平井智康准教授、台湾の国立陽明交通大学(台北市北投区、旧国立交通大学)の李明家助教、東京工業大学(東京都目黒区)の早川晃鏡教授らの国際共同研究グループは、極めて簡便なプロセスによって、分子スケールのらせ...

昭和大学

医薬品フォーミュラリの策定に医療ビッグデータの利活用を開始 -- 昭和大学と株式会社JMDCの共同研究

昭和大学(東京都品川区/学長:久光正)の百賢二准教授(薬学部病院薬剤学講座)および佐々木忠徳統括薬剤部長らは、株式会社JMDC(東京都港区/代表取締役社長兼CEO:松島陽介)との共同研究として、医薬品フォーミュラリ策定に医療ビッグデータの活...

【大阪大学】自分の顔を優先処理する脳の仕組みを発見 -- 潜在意識に入った自分の顔がドーパミン報酬系を駆動

【大阪大学】自分の顔を優先処理する脳の仕組みを発見 -- 潜在意識に入った自分の顔がドーパミン報酬系を駆動

大阪大学大学院生命機能研究科の中野珠実准教授らの研究グループは、潜在意識に入った自分の顔の情報がドーパミン報酬系を活性化させることを世界で初めて明らかにしました。 【研究成果のポイント】 ◆サブリミナル※1 に提示された自分の顔に対してドー...

関西学院大学 研究シーズのバーチャル展示会を開催中 ~ テーマは「観る」と「創る」 5月31日まで

関西学院大学 研究シーズのバーチャル展示会を開催中 ~ テーマは「観る」と「創る」 5月31日まで

関西学院大学は、理系3学部(理・工・生命環境学部)による研究成果の一端を「観る」「創る」というテーマで紹介する「研究成果バーチャル展示※」を、4月1日からWEB上で始めています。コロナ禍において、各学部の研究活動にはさまざまな制約が課されて...

農業生産学科 石川幸男教授が今年度の「日本農学賞・読売農学賞」を受賞 -- 摂南大学

農業生産学科 石川幸男教授が今年度の「日本農学賞・読売農学賞」を受賞 -- 摂南大学

摂南大学(大阪府寝屋川市)農業生産学科 石川幸男教授がこれまで長年にわたって行った3つの研究成果をまとめた「害虫防除に向けたガ類の性フェロモンにおける分子基盤研究と新規生殖操作・配偶行動の発見」が2021年度日本農学賞・読売農学賞を受賞しま...

京都産業大学

【京都産業大学】遠藤斗志也教授がハンス・ノイラート賞を受賞! 永田和宏京都産業大学名誉教授に続く日本人2人目の快挙

京都産業大学生命科学部 遠藤斗志也教授(タンパク質動態研究所所長)が、世界のタンパク質研究をリードする国際組織「The Protein Society(米国蛋白質科学会)」から、2021年度の「Hans Neurath Award(ハンス・...

【大阪大学】新型コロナ感染禍の日本社会と心理 -- 第1波(2020年3月下旬)の状況をリアルタイムで調査し、データを公開

大阪大学大学院人間科学研究科の大学院生の山縣芽生さん(博士後期課程2年生)、寺口司招へい研究員、三浦麻子教授の研究グループは、新型コロナ感染禍の日本社会と心理を広範な観点から捉えるために、第1波時(2020年3月下旬)に一般市民を対象とした...