「先端研究」のニュース記事検索結果 1989件

高等教育機関のための情報セキュリティ規定と教材の普及啓発で文部科学大臣表彰・科学技術賞(理解増進部門)を受賞 -- 曽根秀昭東北大教授、金谷吉成東北大特任准教授、上田浩法政大教授、長谷川明生中京大教授、小川賢神戸学院大教授が共同で受賞

高等教育機関のための情報セキュリティ規定と教材の普及啓発で文部科学大臣表彰・科学技術賞(理解増進部門)を受賞 -- 曽根秀昭東北大教授、金谷吉成東北大特任准教授、上田浩法政大教授、長谷川明生中京大教授、小川賢神戸学院大教授が共同で受賞

文部科学省が本日4月7日に発表した「令和2年度 科学技術分野の文部科学大臣表彰」において、「高等教育機関のための情報セキュリティ規定(*1)と教材の普及啓発」の業績により、曽根秀昭(そね ひであき)東北大学教授/情報・システム研究機構 国立...

神田外語大学がTHE世界大学ランキング日本版2020において総合で36位にランクイン -- 教育充実度、国際性の2項目で高い評価

神田外語大学がTHE世界大学ランキング日本版2020において総合で36位にランクイン -- 教育充実度、国際性の2項目で高い評価

神田外語大学(千葉市美浜区/学長:宮内孝久)はこのたび、イギリスの高等教育専門誌『Times Higher Education(THE)』と株式会社ベネッセホールディングス(岡山県岡山市/代表取締役社長:安達保)が作成した「THE世界大学ラ...

次世代工業材料の実用化へ産学官連携による研究開発 「セラミックス複合材料(CMC)の実用化に向けた研究紹介」 4月1日(水)~5月8日(金) 文部科学省エントランスにて企画展示 -- 東京工科大学

次世代工業材料の実用化へ産学官連携による研究開発 「セラミックス複合材料(CMC)の実用化に向けた研究紹介」 4月1日(水)~5月8日(金) 文部科学省エントランスにて企画展示 -- 東京工科大学

東京工科大学(東京都八王子市、学長:大山恭弘)では、航空機エンジンをはじめとする次世代工業材料として期待される「セラミックス複合材料(CMC)」の実利用に向けた研究開発を紹介する企画展示を、4月1日(水)から5月8日(金)まで「文部科学省情...

陳淑梅教授らの中国語教育反転授業コンテンツが大学等のオンライン授業支援として無料公開 -- 東京工科大学

陳淑梅教授らの中国語教育反転授業コンテンツが大学等のオンライン授業支援として無料公開 -- 東京工科大学

東京工科大学(東京都八王子市)では、 新型コロナウイルス感染症対策に伴う大学等におけるオンライン授業を支援するため、教養学環の陳淑梅(ちん しゅくばい)教授らが取り組んでいる中国語初等教育の反転授業コンテンツを、株式会社朝日出版社(東京都千...

関西大学

◆宮本勝浩 関西大学名誉教授が推定◆ロックダウンした時の経済的損失と影響 ~日本全体の損失額は、約63兆円(2年間)~うち、東京・大阪・愛知では、約20兆1,000億円

 このたび関西大学 宮本勝浩名誉教授が、新型コロナウイルスの影響で、ロックダウンが実施された時の経済的損失について計算した結果、日本全体の損失額は2年間で約63兆円となりました。そのうち、東京・大阪・愛知における損失額は約20兆1,000億...

青山学院大学 鈴木正教授(理工学部 化学・生命科学科)と警視庁科学捜査研究所の共同研究が論文誌 ''Optical Engineering'' に掲載

青山学院大学 鈴木正教授(理工学部 化学・生命科学科)と警視庁科学捜査研究所の共同研究が論文誌 ''Optical Engineering'' に掲載

青山学院大学 鈴木正教授(理工学部 化学・生命科学科)と警視庁科学捜査研究所の共同研究により、科学捜査に応用できる新たな手法の開発に成功し、国際光工学会*の論文誌 ''Optical Engineering'' に掲載されました。

テンプル大学ジャパンキャンパス

新型コロナ対策特別措置として、海外大学在学中の学生向け「夏学期(5月25日~7月29日)のみ受講」を実施 -- テンプル大学ジャパンキャンパス

新型コロナウイルスの世界的影響を受け、テンプル大学ジャパンキャンパス(東京都世田谷区/学長:ブルース・ストロナク/TUJ)では現在、米国を含む日本国外の大学に留学中の学生に対して、夏学期のみの就学を受け入れる特別措置を行うことにしました。東...

4月1日より厚生労働省が75歳以上を対象とした「フレイル健診」を開始 スポーツ健康科学部・真田樹義教授がフレイル対策を動画で解説 ‐‐ 立命館大学

厚生労働省が本日(4月1日)より75歳以上を対象に「フレイル健診」を開始することを受け、立命館大学スポーツ健康科学部の真田樹義教授は、健康寿命を延ばすフレイル対策について、解説動画を公開しました。

光照射を利用したフッ素樹脂上への銅微細配線形成技術を開発 -- 5G時代の情報の大容量高速伝送に対応する銅微細配線を、簡略なプロセスと低コストで可能に --

光照射を利用したフッ素樹脂上への銅微細配線形成技術を開発 -- 5G時代の情報の大容量高速伝送に対応する銅微細配線を、簡略なプロセスと低コストで可能に --

芝浦工業大学(東京都港区/学長:村上雅人)工学部応用化学科の大石知司教授は、フッ素樹脂上への簡便な銅微細配線形成技術を開発しました。この技術は、撥水性で他材料との接合が難しいフッ素樹脂への銅微細配線形成を可能とするものです。大がかりな装置を...

神田外語大学が東京外国語大学との共同開発による動画付き無料ウェブ教材「フィリピン英語会話モジュール」を公開

神田外語大学が東京外国語大学との共同開発による動画付き無料ウェブ教材「フィリピン英語会話モジュール」を公開

神田外語大学(千葉市美浜区/学長 宮内孝久)が東京外国語大学(東京都府中市/学長 林佳世子)との共同開発による「フィリピン英語会話モジュール」を無料で初公開しました。これはウェブ教材「英語会話モジュール」のアメリカ英語、イギリス英語、オース...

【京都産業大学】もと湿地の水田が洪水の発生を抑制することを解明-- Elsevierが発行する英文誌Ecological Indicatorsに発表

【京都産業大学】もと湿地の水田が洪水の発生を抑制することを解明-- Elsevierが発行する英文誌Ecological Indicatorsに発表

京都産業大学生命科学部 西田 貴明 准教授らの研究グループが、半自然環境である水田に注目し、もと湿地であったと考えられる場所に水田が存在すると、陸水由来の洪水が発生しにくい傾向があることを明らかにした。このことは、水田が食料生産の場としてだ...

金沢工業大学メディア情報学科 根岸研究室が高知工科大学との共同研究で2色覚者(色覚異常者)がもつ色の印象が一般色覚者と同じであることを解明。さまざまな商品の配色デザインへ科学的指針を提供。

金沢工業大学メディア情報学科 根岸研究室が高知工科大学との共同研究で2色覚者(色覚異常者)がもつ色の印象が一般色覚者と同じであることを解明。さまざまな商品の配色デザインへ科学的指針を提供。

金沢工業大学 メディア情報学科の根岸一平講師(専門:心理物理学、脳情報工学、視覚情報処理、色覚メカニズム)と、高知工科大学 情報学群の篠森敬三教授、同大学院修士課程修了の小松保奈美さんが、赤と緑を区別できない2色覚者(色覚異常者)でも、条件...

近畿大学

アルマ望遠鏡でブラックホールジェットと星間ガスの衝突を観測 銀河の巨大ガス流出のメカニズム解明へ新たな一歩

近畿大学理工学部(大阪府東大阪市)教授 井上 開輝、中央研究院天文及天文物理研究所(台湾)研究員 松下 聡樹、国立天文台 特任准教授 中西 康一郎、東京大学大学院理学系研究科 准教授 峰崎 岳夫からなる研究チームは、チリ共和国に設置された世...

優れた発光特性を有するキラルな多環式芳香族炭化水素の合成に成功 次世代3Dディスプレイ等への応用に期待

優れた発光特性を有するキラルな多環式芳香族炭化水素の合成に成功 次世代3Dディスプレイ等への応用に期待

早稲田大学大学院先進理工学研究科博士後期課程 3年高野 秀明氏(日本学術振興会特別研究員)、同理工学術院の柴田 高範教授、近畿大学大学院総合理工学研究科の今井 喜胤准教授らの研究グループは、軸性キラリティ※1 を有する炭素、水素のみからなる...

神奈川大学 工学部 岩倉いずみ准教授(化学教室・工学研究所)らの研究グループの論文がNature姉妹紙の『Communications Chemistry』に掲載されました

神奈川大学 工学部 岩倉いずみ准教授(化学教室・工学研究所)らの研究グループの論文がNature姉妹紙の『Communications Chemistry』に掲載されました

●閃光時間が10 フェムト秒という極限的超短パルスレーザー光を用いる ●分子振動をコヒーレントに励起することで、溶液から気相への相転移を誘起できることを見出した ●不飽和溶液を用いても結晶化できるという利点がある

文部科学省「私立大学等改革総合支援事業」 7年間の選定タイプ数で芝浦工業大学が日本一

文部科学省「私立大学等改革総合支援事業」 7年間の選定タイプ数で芝浦工業大学が日本一

芝浦工業大学(東京都港区/学長 村上雅人)は、文部科学省 令和元年度「私立大学等改革総合支援事業」の、「特色ある教育の展開」、「特色ある高度な研究の展開」、「地域社会への貢献(地域連携型)」、「社会実装の推進」の4つのタイプに選定されました...

昭和大学

昭和大学先端がん治療研究所の鶴谷教授らのグループが、がん細胞のHER2遺伝子変異がHER2を標的とした抗体薬物複合体(ADC)の効果を予測するバイオマーカーになりうることを示唆する臨床試験の結果を発表

学校法人昭和大学(東京都品川区/理事長:小口勝司)が設置する昭和大学先端がん治療研究所(東京都品川区/所長:鶴谷純司)の鶴谷純司教授、Memorial Sloan Kettering Cancer CenterのDr. Bob Liを中心と...

フラストレートした量子磁性体の量子シミュレーション方法を提唱 -- 負の絶対温度をもつ気体の有効利用

フラストレートした量子磁性体の量子シミュレーション方法を提唱 -- 負の絶対温度をもつ気体の有効利用

青山学院大学理工学部(神奈川県相模原市)物理・数理学科山本 大輔助教、近畿大学理工学部(大阪府東大阪市)理学科物理学コース段下 一平准教授、理化学研究所創発物性科学研究センター(埼玉県和光市)福原 武ユニットリーダーは、この負温度の原子気体...

新しい視点からの英文法『日本語を活用して学ぶ英文法』刊行!母語の影響を必ず受ける外国語学習に新たな切り口で挑む

新しい視点からの英文法『日本語を活用して学ぶ英文法』刊行!母語の影響を必ず受ける外国語学習に新たな切り口で挑む

神田外語大学(千葉市美浜区/学長:宮内孝久)出版局は、2020年4月1日(水)に新著『日本語を活用して学ぶ英文法』を発行します。これは、同大学外国語学部英米語学科の石居康男教授と桒原和生教授が、日本語を母語とする学習者のために新しい切り口か...

青山学院大学

フラストレートした量子磁性体の量子シミュレーション方法を提唱 -- 負の絶対温度をもつ気体の有効利用(青山学院大学・近畿大学)

青山学院大学、近畿大学、理化学研究所の研究グループは、負の絶対温度の原子気体が、物性物理学における難題である「量子磁性体におけるフラストレーションの効果」を解明するためのシミュレータとして機能することを示しました。この成果は、「負の絶対温度...