「先端研究」のニュース記事検索結果 1632件

岐阜県産ツブノリ科地衣類の新種発見:カワアカツブノリ Synalissa fluviatilis -- 岐阜聖徳学園大学 --

岐阜県産ツブノリ科地衣類の新種発見:カワアカツブノリ Synalissa fluviatilis -- 岐阜聖徳学園大学 --

岐阜聖徳学園大学教育学部川上紳一教授は原田浩博士(日本地衣学会会長、千葉県立中央博物館主任上席研究員)との共同研究により、岐阜県加茂郡川辺町の飛騨川河床に露出する新第三紀火山岩類(蜂屋層)に生育する新種の地衣類を発見し、ツブノリ科カワアカツ...

近畿大学

分子の大きさで円偏光発光の回転方向を制御できる環状キラル色素を開発

研究のポイント •三次元ディスプレイや暗号通信に応用可能な環状の円偏光発光(CPL)色素を開発した。 •CPL色素の性質と分子構造の相関はこれまで分かっていなかったが、光るユニットを環状にしてサイズを調整することで、偏光の強弱と回転方向の制...

金星探査機「あかつき」が金星の雲の中に巨大な筋状構造を発見 数値シミュレーションによる再現・メカニズム解明にも成功 -- 京都産業大学

金星探査機「あかつき」が金星の雲の中に巨大な筋状構造を発見 数値シミュレーションによる再現・メカニズム解明にも成功 -- 京都産業大学

京都産業大学 理学部 宇宙物理・気象学科/惑星気象研究センター高木 征弘、神戸大学大学院理学研究科の樫村博基助教ら研究グループは、日本の金星探査機「あかつき」による観測で、金星を覆う雲のなかに巨大な筋状構造を発見した。さらに、大規模な数値シ...

「第2回国際がん研究シンポジウム」開催 国際的な「がん専門医療人」の養成を目指して

「第2回国際がん研究シンポジウム」開催 国際的な「がん専門医療人」の養成を目指して

近畿大学医学部(大阪府大阪狭山市)を主幹とする「7大学連携個別化がん医療実践者養成プラン」は、平成31年(2019年)2月2日(土)、3日(日)、シェラトン都ホテル大阪にて、多職種の若手がん研究者や医療従事者を対象として、「第2回国際がん研...

分子の大きさで円偏光発光の回転方向を制御できる環状キラル色素を開発 -- 北里大学

分子の大きさで円偏光発光の回転方向を制御できる環状キラル色素を開発 -- 北里大学

本研究のポイント •三次元ディスプレイや暗号通信に応用可能な環状の円偏光発光(CPL)色素を開発した。 •CPL色素の性質と分子構造の相関はこれまで分かっていなかったが、光るユニットを環状にしてサイズを調整することで、偏光の強弱と回転方向の...

障害者が障害の種類、状況に応じて就労ができる社会の実現を目指す。金沢工業大学AIラボが金沢市と連携して、AI技術を用いた複合センサーによる行動認識システムの実証実験を開始。

障害者が障害の種類、状況に応じて就労ができる社会の実現を目指す。金沢工業大学AIラボが金沢市と連携して、AI技術を用いた複合センサーによる行動認識システムの実証実験を開始。

金沢工業大学AIラボ 中沢実教授(専門:情報通信・ロボット制御)の研究室では、障害者が障害の種類、状況に応じて就労ができる社会の実現を目指して、AI技術を用いた複合センサーによる行動認識システムの第一次実証実験を、金沢市と連携して、2019...

東京経済大学創立120周年記念事業シンポジウム「『交流経済』×『地域循環共生圏』~都市発展のニューパラダイム~」を開催

東京経済大学創立120周年記念事業シンポジウム「『交流経済』×『地域循環共生圏』~都市発展のニューパラダイム~」を開催

2020年に創立120周年を迎える東京経済大学(東京都国分寺市 学長:岡本英男)は、120周年記念事業の一つとして「環境と地域にかかわる産官学民連携による共同研究」を行っており、これまでに4回の研究会を実施してきた。2019年1月26日(土...

多摩大学社会的投資研究所 設立記念講演会及び記者発表会のご案内

多摩大学では、社会的価値実現のためのソーシャルファイナンス領域の中で、特に社会的投資を主な対象領域とする日本初のシンクタンクとして、多摩大学研究開発機構の中に社会的投資研究所を設置致しました。

「健康経営」の推進に新たな科学的知見:ワーク・エンゲイジメントは精神的健康の増進と生産性向上に関連 -- 北里大学

「健康経営」の推進に新たな科学的知見:ワーク・エンゲイジメントは精神的健康の増進と生産性向上に関連 -- 北里大学

北里大学一般教育部 島津明人教授の研究チームは、熱意をもっていきいき働く「ワーク・エンゲイジメント」が、精神的健康の増進と生産性の向上に関連することを明らかにしました。この知見により、健康管理を経営的視点で推進する健康経営のさらなる展開につ...

認知機能リハビリテーション専用ゲームソフト 「Jcores」改訂版を開発 新たにタブレット端末にも対応、来春より運用開始へ  -- 東京工科大学コンピュータサイエンス学部 

認知機能リハビリテーション専用ゲームソフト 「Jcores」改訂版を開発 新たにタブレット端末にも対応、来春より運用開始へ -- 東京工科大学コンピュータサイエンス学部 

東京工科大学(東京都八王子市、学長 軽部征夫)コンピュータサイエンス学部の亀田弘之教授らの研究チームは、統合失調症などの認知機能障害者の就労支援などを目的としたリハビリテーション用ゲームソフトウェア「Jcores(ジェイコアーズ)」の改訂版...

滋賀県立大学が1月18日に湖沼流域管理研究センター開設記念「琵琶湖・洞庭湖湖沼流域保護管理法制度研究会」を開催

滋賀県立大学(滋賀県彦根市)は1月18日(金)、「琵琶湖・洞庭湖湖沼流域保護管理法制度研究会」を開催する。これは、環境科学部が2018年11月に設置した「湖沼流域管理研究センター」の開設記念となるもの(要事前申し込み)。同センターは今後、中...

成蹊学園と国立極地研究所が包括連携協定を締結 -- ESD推進で連携・協力

成蹊学園と国立極地研究所が包括連携協定を締結 -- ESD推進で連携・協力

12月17日(月)、成蹊学園と国立極地研究所は、ユネスコが推奨するESD(持続可能な社会づくりの担い手を育む教育)において連携し、その協力関係を強化していくための包括連携協定を締結した。私立学校法人が国立極地研究所と包括連携協定を締結するの...

成蹊大学 理工学部 竹本研究室 東京武蔵野シティFC協力のもと、サッカー選手の視線を研究

成蹊大学 理工学部 竹本研究室 東京武蔵野シティFC協力のもと、サッカー選手の視線を研究

成蹊大学(東京都武蔵野市) 理工学部 竹本 雅憲准教授のヒューマンファクター研究室では、卒業研究の一環で、東京武蔵野シティFC協力のもと、計測装置を用いたサッカー選手の視線分析を行っている。

とんかつのテイクアウト用「お弁当箱」を共同開発~新開発の保温剤と特殊紙で、お渡し30分後も「60℃」&「サクサク」を維持~芝浦工業大学

とんかつのテイクアウト用「お弁当箱」を共同開発~新開発の保温剤と特殊紙で、お渡し30分後も「60℃」&「サクサク」を維持~芝浦工業大学

芝浦工業大学(東京都港区/学長 村上雅人)デザイン工学部の戸澤幸一教授と、株式会社リンガーハット(品川区大崎/代表取締役社長 秋本英樹)が運営するとんかつ専門店「とんかつ濱かつ」がテイクアウト用のお弁当箱を共同で開発し、12月7日より使用を...

血管新生関連疾患の標的となるサリューシン-β受容体の発見(新規リガンド・受容体解析技術による未知受容体の発見) -- 北里大学

血管新生関連疾患の標的となるサリューシン-β受容体の発見(新規リガンド・受容体解析技術による未知受容体の発見) -- 北里大学

北里大学と株式会社プロトセラの研究グループは、血圧降下作用などの生理活性を示すサリューシン-βの受容体がATP合成酵素β鎖であることを明らかにしました。

千葉工業大学 惑星探査研究センターの超小型衛星2号機がJAXA革新的衛星技術実証2号機に搭載される実証テーマに採択されました!

世界初の展開型大面積ダストセンサを搭載する超小型衛星を、イプシロンロケットにより打ち上げ。

デザイン学部「卒業制作展」2月1日(金)~4日(月) 大田区蒲田「ギャラリー鴻」ほか -- 東京工科大学

デザイン学部「卒業制作展」2月1日(金)~4日(月) 大田区蒲田「ギャラリー鴻」ほか -- 東京工科大学

東京工科大学デザイン学部(東京都大田区、学部長:池田政治)では、4年間の学びの集大成である「平成30年度 卒業制作展」を、2月1日(金)から4日(月)まで、蒲田キャンパス「ギャラリー鴻」などで開催いたします。(入場無料)

AIを活用したソフトウェアテストの手法を開発へ 日本ナレッジ(株)と連携、品質特性ごとに不具合を分類・解析 -- 東京工科大学コンピュータサイエンス学部

AIを活用したソフトウェアテストの手法を開発へ 日本ナレッジ(株)と連携、品質特性ごとに不具合を分類・解析 -- 東京工科大学コンピュータサイエンス学部

東京工科大学(東京都八王子市、学長:軽部征夫)コンピュータサイエンス学部の喜多義弘助教らの研究チームは、日本ナレッジ株式会社(東京都台東区、代表取締役:藤井洋一)と連携し、機械学習を適用したソフトウェアの品質分析手法の開発を開始いたします。...

麻布大学いのちの博物館企画展示9~アニマルウェルフェアとは? -- 動物の暮らしをよくする動き --

いのちの博物館では企画展示第9弾として、「アニマルウェルフェアとは?-動物の暮らしをよくする動き」を開催します。

神田外語大学日本研究所が、講演会「ドイツにおける伊万里焼の収集と磁器陳列室の流行 -- 神聖ローマ帝国諸侯の事例 -- 」を開催

神田外語大学(千葉市美浜区/学長:宮内孝久)は、同大7号館2Fクリスタルホールにおいて12月14日(金)にドイツにおける日本の伊万里焼の存在に関する講演会を開催する。同講演会は、神聖ローマ帝国と呼ばれた地域(現ドイツ)を支配した選帝侯という...