「先端研究」のニュース記事検索結果 1770件

「近大キャビア」を30個限定販売

「近大キャビア」を30個限定販売

近畿大学(大阪府東大阪市)は、水産研究所新宮実験場でチョウザメの養殖研究を行っており、その一環として、平成20年(2008年)から「近大キャビア」を販売しています。今年は令和元年(2019年)7月23日(火)から、30個限定で販売します。

神奈川大学「子どもサマースクール2019」を開催

神奈川大学「子どもサマースクール2019」を開催

今年で20年目を迎える大人気イベント 未来のエンジニアを育成!自分で作る楽しさ、初めて知るワクワクする気持ちを体験! 子ども達の「真剣なまなざし」「とびきりの笑顔」をご覧ください! 【本件のポイント】 ●7/29(月)~8月2日(金)、神...

絶滅危惧種タマカイの3歳未成魚のオス化に世界で初めて成功

絶滅危惧種タマカイの3歳未成魚のオス化に世界で初めて成功

近畿大学水産研究所奄美実験場(鹿児島県大島郡瀬戸内町)は、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧種とされているタマカイの親魚養成の研究を平成27年(2015年)から行っています。このたび、奄美海域の海上網生簀で養成していたタマ...

【京都産業大学】アフリカツメガエル未受精卵の死のメカニズムを解明 -- BioMed Research International誌に掲載

【京都産業大学】アフリカツメガエル未受精卵の死のメカニズムを解明 -- BioMed Research International誌に掲載

京都産業大学生命科学部の佐藤 賢一教授とトクマコフ アレクサンデル研究助教らの研究グループは、アフリカツメガエル未受精卵がより短時間で起こす細胞死に伴う細胞タンパク質および生命活動に必要なエネルギーであるATPの動態を明らかにした。

産学連携で「笑い」の測定方法を開発 「笑い」が身体・心理的に与える影響を医学的に検証

産学連携で「笑い」の測定方法を開発 「笑い」が身体・心理的に与える影響を医学的に検証

近畿大学医学部(大阪府大阪狭山市)内科学教室(心療内科部門)教授の小山敦子らの研究グループは、吉本興業株式会社(大阪府大阪市)、オムロン株式会社(京都府京都市)、西日本電信電話株式会社(大阪府大阪市、以下NTT西日本)と「笑い」を医学的に検...

「近大マグロメンチカツカレー」新発売 紀ノ川サービスエリア(上り線)で7月12日から販売

「近大マグロメンチカツカレー」新発売 紀ノ川サービスエリア(上り線)で7月12日から販売

近畿大学(大阪府東大阪市)が世界で初めて完全養殖に成功した近大マグロの身を贅沢に使用した近大マグロメンチカツを使った「近大マグロメンチカツカレー」が、明日、令和元年(2019年)7月12日(金)から、阪和自動車道の紀ノ川サービスエリア(上り...

成蹊大学

【成蹊大学】大倉元宏 理工学部客員研究員・地域共生社会研究所が「視覚障がい者の駅プラットホームからの転落事例データベース」英語版を公開

成蹊大学(東京都武蔵野市、学長:北川浩)の大倉元宏 理工学部客員研究員・地域共生社会研究所が2019年7月、「視覚障がい者の駅プラットホームからの転落事例データベース」の英語版を公開した。海外でも公共交通機関としての鉄道は存在し視覚障がい者...

殺線虫活性を有する大村天然化合物ライブラリー由来ジエタシンAをリード化合物とする新規NF-κB阻害薬の開発と抗がん剤としての応用の可能性 -- 北里大学

殺線虫活性を有する大村天然化合物ライブラリー由来ジエタシンAをリード化合物とする新規NF-κB阻害薬の開発と抗がん剤としての応用の可能性 -- 北里大学

転写因子(注1)であるNF-κB(注2)の活性化異常はがんをはじめとした種々の疾患に関与しており、特異的阻害薬の開発が待たれている。本研究では、大村天然化合物ライブラリー(注3)より得た殺線虫活性を有するジエタシンAをもとに抗がん活性を有す...

ICT農法で栽培した「バンビーナ」メロンジェラートの試食会を実施

ICT農法で栽培した「バンビーナ」メロンジェラートの試食会を実施

近畿大学農学部(奈良県奈良市)農業生産科学科 兼 アグリ技術革新研究所 教授 野々村照雄が株式会社松井農園(奈良県磯城郡田原本町)と共同開発したメロン「バンビーナ」を、add:PAINDUCE(アド・パンデュース)(大阪府中央区)の協力のも...

NewSpace時代に向けた通信セキュリティ技術の初期実験に成功 -- 法政大学

NewSpace時代に向けた通信セキュリティ技術の初期実験に成功 -- 法政大学

国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT、理事長:徳田 英幸)セキュリティ基盤研究室、インターステラテクノロジズ株式会社(IST、代表取締役:稲川 貴大)および法政大学(総長:田中 優子)は、共同で開発した小型衛星・小型ロケット用通信セキ...

腸内フローラの変化による自己免疫性膵炎の発症メカニズムを解明 新たな治療法の開発へ期待

腸内フローラの変化による自己免疫性膵炎の発症メカニズムを解明 新たな治療法の開発へ期待

近畿大学医学部(大阪府大阪狭山市)内科学教室(消化器内科部門)准教授 渡邉智裕らの研究グループは、膵臓の慢性疾患の一つである自己免疫性膵炎の発症について、腸内で一定のバランスを保ちながら共存する細菌の集まりである腸内細菌叢(腸内フローラ)の...

京都産業大学神山天文台の研究チームが参加する世界初の探査機待機型の彗星探査計画が、欧州宇宙機関(ESA)のFクラス探査計画として唯一採択

京都産業大学神山天文台の研究チームが参加する世界初の探査機待機型の彗星探査計画が、欧州宇宙機関(ESA)のFクラス探査計画として唯一採択

京都産業大学神山天文台の河北秀世台長らが参加する、欧州・日本・米国の彗星研究者を中心とする国際研究チームの彗星探査計画「コメット・インターセプター(Comet Interceptor)」が、欧州宇宙機関(ESA)が2028年に打ち上げる新し...

電気通信大学と東芝メモリ、AI・半導体メモリで提携

国立大学法人電気通信大学(東京都調布市、学長:福田喬)と東芝メモリ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:成毛康雄)は、2019年7月4日、AIを活用した生産技術をはじめ、半導体メモリに関する研究開発を協力して推進する連携協定を結びまし...

相模女子大学生活デザイン学科の学生が、町田市環境資源部3R推進課との協働研究「4R PROJECT」の研究発表を行います

相模女子大学生活デザイン学科の学生が、町田市環境資源部3R推進課との協働研究「4R PROJECT」の研究発表を行います

相模女子大学(学長・風間誠史、神奈川県相模原市南区)学芸学部生活デザイン学科の学生が、7月5日(金)・6日(土)、「まちだくらしフェア2019」にて「4R PROJECT」の研究発表を行います。

【京都産業大学】ミトコンドリアにおける膜電位の定説を覆す役割を解明 -- Scientific Reports誌に掲載

【京都産業大学】ミトコンドリアにおける膜電位の定説を覆す役割を解明 -- Scientific Reports誌に掲載

京都産業大学生命科学部 遠藤 斗志也 教授、河野 慎 研究助教らの研究グループは、プレ配列をもつミトコンドリアタンパク質がミトコンドリア内に移行する際に必須の膜電位の定説を覆す役割を解明することに成功した。ミトコンドリアの機能低下などの障害...

「近畿大学研究シーズ発表会」を東京で開催_首都圏における産学連携活動のさらなる発展へ

「近畿大学研究シーズ発表会」を東京で開催_首都圏における産学連携活動のさらなる発展へ

近畿大学リエゾンセンター(大阪府東大阪市)は、令和元年(2019年)7月3日(水)、東京の大田区産業プラザPiOにて、「近畿大学研究シーズ発表会」を開催します。

今夏、杉原研究特別教授の錯覚作品を明治大学博物館で公開します~オープニング・セレモニーを7月11日に開催~

今夏、杉原研究特別教授の錯覚作品を明治大学博物館で公開します~オープニング・セレモニーを7月11日に開催~

明治大学博物館は2019年7月13日(土)~9月8日(日)の期間で、特別展「見えているのに見えていない!立体錯視の最前線」を開催します。また、展示に先立って7月11日(木)にオープニング・セレモニーを開催します。

神田外語大学が「持続可能な開発目標」SDGsについて分かりやすく学ぶ「SDGs Awareness Week」を開催します -- 国連サミットで採択された17の国際目標に関するさまざまなイベントを実施

神田外語大学が「持続可能な開発目標」SDGsについて分かりやすく学ぶ「SDGs Awareness Week」を開催します -- 国連サミットで採択された17の国際目標に関するさまざまなイベントを実施

神田外語大学(千葉市美浜区/学長:宮内孝久)は、6月24日(月)~28日(金)の5日間、SDGs(持続可能な開発目標)の関心を促す「SDGs Awareness Week」を開催します。これは、国際・社会問題に対して関心の高いさまざまな学生...

立正大、九州大、海洋研究開発機構、名古屋大で共同研究世界で初めて『スーパー爆弾低気圧』の発達要因を解明 -- 天気予報の改善や温暖化に伴う爆弾低気圧の変化の理解向上に --

立正大、九州大、海洋研究開発機構、名古屋大で共同研究世界で初めて『スーパー爆弾低気圧』の発達要因を解明 -- 天気予報の改善や温暖化に伴う爆弾低気圧の変化の理解向上に --

立正大学地球環境科学部・平田英隆助教は、九州大学理学研究院・川村隆一教授、海洋研究開発機構アプリケーションラボ・野中正見主任研究員、名古屋大学宇宙地球環境研究所・坪木和久教授らとの共同研究の結果、2018年に北米に災害をもたらした「スーパー...

MEGA地震予測で知られる村井俊治東京大学名誉教授による特別講演「地象リモートセンシングによる地震予測」など講演4件を実施。「令和元年度 第2回空間情報セミナー」を開催。 -- 金沢工業大学

MEGA地震予測で知られる村井俊治東京大学名誉教授による特別講演「地象リモートセンシングによる地震予測」など講演4件を実施。「令和元年度 第2回空間情報セミナー」を開催。 -- 金沢工業大学

金沢工業大学空間情報プロジェクトでは「令和元年度第2回空間情報セミナー」(日本写真測量学会北信越支部共催) を7月26日(金)13時から金沢工業大学扇が丘キャンパス12号館アントレプレナーズラボ4階、イノベーションホールで開催します。当日は...