「昭和大学」のニュース記事検索結果 151件

AIを併用した大腸内視鏡検査:診療現場での精度が明らかに

AIを併用した大腸内視鏡検査:診療現場での精度が明らかに

昭和大学横浜市北部病院消化器センター(工藤進英センター長)は、人工知能(AI)を併用した大腸内視鏡検査について、700名超の患者を対象に診療現場での精度評価を行った。このAIは大腸ポリープが前がん病変(腺腫など)かどうか予測する機能をもち、...

学校法人 昭和大学が学校法人 東京農業大学と包括連携協定を締結 -- 医療・農業・バイオ技術等の分野における充実及び発展を図るとともに医農連携を推進

学校法人 昭和大学が学校法人 東京農業大学と包括連携協定を締結 -- 医療・農業・バイオ技術等の分野における充実及び発展を図るとともに医農連携を推進

学校法人昭和大学(東京都品川区)は、学校法人東京農業大学(東京都世田谷区)と包括連携協定を締結。8月2日に東京農業大学世田谷キャンパスで調印式を執り行い、学校法人昭和大学の小口勝司理事長と学校法人東京農業大学の大澤貫寿理事長が協定書に署名し...

内視鏡検査で大腸ポリープ・癌を自動検知する人工知能(AI)を開発 -- 昭和大学・名古屋大学の医工産官連携研究 --

内視鏡検査で大腸ポリープ・癌を自動検知する人工知能(AI)を開発 -- 昭和大学・名古屋大学の医工産官連携研究 --

昭和大学横浜市北部病院消化器センター(工藤進英センター長)は、名古屋大学大学院情報学研究科(森健策教授)と共同で、人工知能(AI)による大腸内視鏡検査支援システムを開発しました。このAIは、ポリープ・癌をリアルタイムで検知し、医師による病変...

昭和大学

横綱・鶴竜関が昭和大学病院を慰問

現役力士の横綱・鶴竜関が昭和大学病院に入院中の患者さんを慰問されます。

昭和大学

昭和大学、関西医科大学、筑波大学の研究グループが発表 -- デュアン症候群(DRS)と巣状糸球体硬化症(FSGS)を合併する稀少疾患(DRS-FSGS)の責任遺伝子MAFBの同定

昭和大学医学部内科学講座腎臓内科学部門藤が丘病院腎臓内科の佐藤芳憲助教、関西医科大学内科学第二講座の塚口裕康講師、筑波大学医学医療系の高橋智教授らの共同研究グループは、先天性の眼球運動障害の原因となるデュアン症候群(DRS)と巣状糸球体硬化...

学校法人昭和大学が学校法人日本体育大学と包括連携協定を締結 -- スポーツ振興やスポーツ医科学で好循環の創出を目指す

学校法人昭和大学が学校法人日本体育大学と包括連携協定を締結 -- スポーツ振興やスポーツ医科学で好循環の創出を目指す

学校法人昭和大学(東京都品川区)は、学校法人日本体育大学(東京都世田谷区)と包括連携協定を締結。6月6日に昭和大学旗の台キャンパスで調印式を執り行い、学校法人昭和大学の小口勝司理事長と学校法人日本体育大学の松浪健四郎理事長が協定書に署名した...

昭和大学

昭和大学歯科病院が歯科大学病院として日本で初めて矯正歯科治療にう蝕の予防管理プログラム「CAMBRA(TM)」を導入 -- 口腔内の健康創造において真の患者利益を追求

昭和大学歯科病院(東京都大田区、病院長:槇宏太郎)はこのたび、う蝕(虫歯)の予防管理プログラム「CAMBRA(TM)」を導入する。これは、さまざまな要因からう蝕リスクをプロトコル化し、患者個々の口腔内状態と生活習慣、ライフスタイルに合わせ管...

昭和大学

昭和大学薬学部の中村明弘教授らの研究グループが、薬の苦みを蛍光の強さで判定する手法を開発 -- 子どもが飲みやすい薬の開発に期待

昭和大学(東京都品川区)薬学部 基礎医療薬学講座 薬剤学部門の中村明弘教授、原田努准教授、藤田吉明講師らの研究グループはこのたび、従来の方法では測定が難しかった水に溶けにくい薬の苦みを評価する手法を開発。ヒトの十二指腸の上皮細胞由来の培養細...

昭和大学が森村学園中等部・高等部と特別協定校の協定を締結 -- さまざまな相互交流を実施、高大連携の実現を図る

昭和大学が森村学園中等部・高等部と特別協定校の協定を締結 -- さまざまな相互交流を実施、高大連携の実現を図る

昭和大学(東京都品川区)はこのたび、森村学園中等部・高等部(横浜市緑区)と特別協定校として協定を締結した。大学教育の一端を理解させるプログラムの提供や高校の正課授業、課外授業等に対する支援のほか、同大に進学を希望する生徒に対し特別な入学試験...

昭和大学

昭和大学が2019年度入試で新制度導入!!医学部一般選抜(I期)入試の受験で歯学部、薬学部の併願が可能に!-- 志願者の受験チャンスを広げ、受験料負担も軽減

昭和大学(東京都品川区)は2019年度入試から医学部一般選抜(I期)入試の学力試験を1日受験するだけで歯学部と薬学部の併願が可能になる入試制度を新たに導入する。これは医学部の一般選抜(I期)入試の学力試験の結果を歯・薬学部の合否判定に兼用す...

昭和大学と多摩美術大学の学生がコラボレーション -- スクールバスのラッピングデザインを作成

昭和大学と多摩美術大学の学生がコラボレーション -- スクールバスのラッピングデザインを作成

昭和大学と多摩美術大学の学生はこのたび、昭和大学横浜キャンパス(横浜市緑区十日市場町)で運行されているスクールバスのラッピングデザインをコラボレーションにより作成した。これは、両校の連携活動の一環として行われたもの。3月28日には完成披露会...

昭和大学がウィーン医科大学と歯学部間協定を締結 -- 医学部に続き、歯学部でも交流がスタート

昭和大学がウィーン医科大学と歯学部間協定を締結 -- 医学部に続き、歯学部でも交流がスタート

昭和大学歯学部は3月15日、ウィーン医科大学(オーストリア)歯学部と学部間協定を締結した。昭和大学とウィーン医科大学は2005年9月に医学部間で協定を締結している。今後は歯学部間においても活発な交流が期待される。

昭和大学が台北医科大学と姉妹校協定を締結 -- 学生交流のほか、共同研究なども

昭和大学が台北医科大学と姉妹校協定を締結 -- 学生交流のほか、共同研究なども

昭和大学(東京都品川区)は2月23日、台北医科大学(台湾)と姉妹校協定(大学間協定)を締結した。同大と台北医科大学は2006年12月に歯学部間協定、2012年10月に医学部間協定、2017年3月に薬学部間協定を締結。このたびの協定により今後...

昭和大学

昭和大学が3月24日に「文部科学省 私立大学研究ブランディング事業 研究成果報告会・シンポジウム」を開催

昭和大学は3月24日(土)、文部科学省 私立大学研究ブランディング事業の研究成果報告会とシンポジウムを旗の台キャンパス(東京都品川区)で開催。2016年度に同事業の一つに採択された「医系総合大学の実績を基盤とした生体内レドックス制御機構解明...

昭和大学の土佐泰祥准教授がマダガスカル国家勲章「シュヴァリエ」を受章 -- 口唇口蓋裂治療の功績が評価

昭和大学の土佐泰祥准教授がマダガスカル国家勲章「シュヴァリエ」を受章 -- 口唇口蓋裂治療の功績が評価

昭和大学医学部形成外科学講座の土佐泰祥准教授はこのたび、マダガスカル共和国の国家勲章シュヴァリエ章を受章した。土佐准教授は2011年から昭和大学マダガスカル口唇口蓋裂医療協力事業の団長として、これまで150人以上の口唇口蓋裂の子どもたちに手...

昭和大学歯学部が川崎市歯科医師会と連携・協力に関する包括協定を締結 -- 歯科医師の教育や人材育成などで協力

昭和大学歯学部が川崎市歯科医師会と連携・協力に関する包括協定を締結 -- 歯科医師の教育や人材育成などで協力

昭和大学歯学部(東京都品川区)はこのたび、公益社団法人川崎市歯科医師会と包括連携に関する協定を締結した。同協定は、学生教育ならびに地域社会の発展に寄与することを目的として締結されたもので、歯科医師会会員や診療所の歯科医師の教育、後方支援など...

昭和大学

昭和大学医学・医療振興財団が今年度の昭和上條医療賞の受賞者を発表

公益財団法人昭和大学医学・医療振興財団(東京都品川区・理事長 山元俊憲)は、このほど平成29年度の昭和上條医療賞受賞者を発表した。授賞式は12月18日、昭和大学50年記念館で執り行う。

日本における口唇口蓋裂治療のパイオニア・昭和大学が、昭和大学藤が丘病院に「昭和大学口唇口蓋裂センター」を開設

日本における口唇口蓋裂治療のパイオニア・昭和大学が、昭和大学藤が丘病院に「昭和大学口唇口蓋裂センター」を開設

昭和大学は10月1日、昭和大学藤が丘病院(横浜市青葉区)の院内に「昭和大学口唇口蓋裂センター」を開設した。これは、昭和大学病院(東京都品川区)にあった唇裂口蓋裂センターを移設し、全学的なセンターとして整備したもの。日本で初めて口唇口蓋裂医療...

昭和大学

昭和大学歯学部・徳島文理大学薬学部・理化学研究所らの共同研究グループが毛包と表皮の形成における亜鉛の役割を解明

徳島文理大学(学長:桐野豊)薬学部の深田俊幸教授(昭和大学歯学部兼任講師・理化学研究所客員研究員)、昭和大学(学長:小出良平)歯学部の美島健二教授、理化学研究所(理事長:松本紘)らの共同研究グループは、生体内の亜鉛が皮膚の毛包と表皮の形成に...

昭和大学が富士吉田市の運動普及推進員養成講習に講師を派遣 -- 包括的連携協力に関する協定の一環

昭和大学が富士吉田市の運動普及推進員養成講習に講師を派遣 -- 包括的連携協力に関する協定の一環

昭和大学はこのたび、山梨県富士吉田市の「運動普及推進員養成講習」に講師を派遣する。これは、同大と同市が2015年に締結した「包括的連携協力に関する協定」に基づいて行われるもの。同市の保健推進委員を対象に、体の構造等の基礎知識から栄養学、運動...