「������������」のニュース記事検索結果 1554件

関西大学が、◆石濱純太郎没後50年記念国際シンポジウム「東西学術研究と文化交渉」を開催◆~大阪の誇るべき学者・文化人の生涯から学ぶ~

関西大学が、◆石濱純太郎没後50年記念国際シンポジウム「東西学術研究と文化交渉」を開催◆~大阪の誇るべき学者・文化人の生涯から学ぶ~

このたび関西大学東西学術研究所では、石濱純太郎没後50年記念国際シンポジウム「東西学術研究と文化交渉」を、10月26日(金)および27日(土)に、千里山キャンパス以文館4階セミナースペースにて開催します。

植物の耐塩性メカニズムに重要な役割を果たすタンパク質を発見。低カリウム条件での農業などに応用の期待。東京工科大学応用生物学部

植物の耐塩性メカニズムに重要な役割を果たすタンパク質を発見。低カリウム条件での農業などに応用の期待。東京工科大学応用生物学部

東京工科大学(東京都八王子市片倉町、学長:軽部征夫)応用生物学部の多田雄一教授らの研究チーム(注1)は、強い耐塩性を有する「ソナレシバ」というイネ科の植物から、茎葉へのカリウムの輸送に重要な役割を果たすタンパク質を発見しました。  本研究成...

レーザー照射するだけで簡単に有機樹脂フィルムに銅配線が形成できる技術を開発~高コスト設備が不要で電子回路・デバイスの新製造プロセス構築へ~芝浦工業大学

レーザー照射するだけで簡単に有機樹脂フィルムに銅配線が形成できる技術を開発~高コスト設備が不要で電子回路・デバイスの新製造プロセス構築へ~芝浦工業大学

芝浦工業大学(東京都港区/学長 村上雅人)応用化学科の大石知司教授は、大気中で銅錯体膜へのレーザー照射により、有機樹脂上への銅配線が簡便に形成でき、配線形成の低コスト化に貢献できる技術を開発しました。

有機超塑性現象を発見~『Nature Communications』に掲載~

横浜市立大学 大学院生命ナノシステム科学研究科 高見澤 聡 教授、神奈川県立産業技術総合研究所 高崎 祐一 常勤研究員らは、有機化合物結晶の超塑性現象を発見し、「有機超塑性」と名付けました。 有機化合物の結晶は成形性・加工性に乏しいとされて...

エネルギーのベストミックスを探り、電力制御システムを実証実験。 --金沢工業大学のエネルギーマネジメントプロジェクトが、地域特性を活かした再生可能エネルギーの地産地消モデルを構築へ --

エネルギーのベストミックスを探り、電力制御システムを実証実験。 --金沢工業大学のエネルギーマネジメントプロジェクトが、地域特性を活かした再生可能エネルギーの地産地消モデルを構築へ --

金沢工業大学は、再生可能エネルギーや蓄電池・EV(電気自動車)・水素・熱活用などを組み合わせた電力制御システムを構築する「エネルギーマネジメントプロジェクト」を2018年春より開始しています。このプロジェクトは、再生可能エネルギーを軸にした...

昭和大学

乳がんの「ゲノム医療」に貢献 -- 日本人遺伝性乳がんの病的バリアントデータベースを構築 --

理化学研究所(理研)生命医科学研究センター基盤技術開発研究チームの桃沢幸秀チームリーダー、統合生命医科学研究センターの久保充明副センター長(研究当時)、昭和大学病院乳腺外科の中村清吾教授ら研究グループは、乳がんの原因とされる11遺伝子につい...

東京都市大学と東急建設の研究チームが高減衰制震構造システムの実証実験を実施 -- 免震と制震のハイブリッド構造の実用化に目途

東京都市大学と東急建設の研究チームが高減衰制震構造システムの実証実験を実施 -- 免震と制震のハイブリッド構造の実用化に目途

東京都市大学(東京都世田谷区/学長:三木千壽)工学部建築学科の西村功教授と東急建設株式会社(東京都渋谷区/代表取締役社長:今村俊夫)技術研究所の研究チームは8月31日、油圧ダンパーと積層ゴム支承を組み合わせた新型ハイブリッド制震構造の実証実...

世界で初めて高分子膜における水の透過メカニズムを解明 海水の淡水化などの機能を持つ膜の開発に期待

世界で初めて高分子膜における水の透過メカニズムを解明 海水の淡水化などの機能を持つ膜の開発に期待

近畿大学理工学部(大阪府東大阪市)機械工学科准教授 荒井規允(あらい のりよし)らの研究グループは、高分子膜における透水性のメカニズムを解明しました。高分子膜とは高分子(数千個の分子からなる分子)で構成される膜のことで、分子・原子が通る程度...

ブログ分析・自動分類AIなど実用化予定の研究をCEATECJAPAN2018で紹介 -- LINEなどのチャット要約・解析AIボットの体験デモも -- 東京工科大学

ブログ分析・自動分類AIなど実用化予定の研究をCEATECJAPAN2018で紹介 -- LINEなどのチャット要約・解析AIボットの体験デモも -- 東京工科大学

 東京工科大学(東京都八王子)は、AIによる会話データの解析技術などを応用した産学協同による研究成果を、10月16日(火)から19日(金)に幕張メッセにて開催される「シーテック ジャパン 2018」(小間番号:B301)にて紹介いたします。

マウスES細胞から機能的な唾液腺器官の再生に成功 -- 唾液分泌障害への応用に期待 --

マウスES細胞から機能的な唾液腺器官の再生に成功 -- 唾液分泌障害への応用に期待 --

昭和大学(学長:小出良平)の美島健二教授(歯学部 口腔病態診断科学講座 口腔病理学部門)、田中準一助教(歯学部 口腔病態診断科学講座 口腔病理学部門)と理化学研究所(理事長:松本紘)の辻孝チームリーダー(生命機能科学研究センター 器官誘導研...

岐阜聖徳学園大学の川上紳一教授が2018年度ひらめき☆ときめきサイエンス「天体望遠鏡を作って探れ! 月の起源と進化」を開催。

岐阜聖徳学園大学の川上紳一教授が2018年度ひらめき☆ときめきサイエンス「天体望遠鏡を作って探れ! 月の起源と進化」を開催。

岐阜聖徳学園大学教育学部の川上紳一教授が、日本学術振興会「ひらめき☆ときめきサイエンス」の講座として、中学生を対象に「天体望遠鏡を作って探れ! 月の起源と進化」というプログラムを開催する。

社会人向けセミナー「次世代リーダーシップにおけるデザイン・マネジメント」開催 ~働き方改革やリーダーシップのあり方とデザインの知の関係性を探る~ --立命館大学--

 立命館大学デザイン科学研究センターDesign Management Lab(以下、DML)(※1)は、社会人向けセミナー「次世代リーダーシップにおけるデザイン・マネジメント」を 10月16日(火)、立命館東京キャンパスで開催いたします。...

神奈川工科大学との産学連携に基づく車両運動制御技術「G-Vectoring Control Plus」をマツダ・日立オートモティブシステムズが発表

神奈川工科大学との産学連携に基づく車両運動制御技術「G-Vectoring Control Plus」をマツダ・日立オートモティブシステムズが発表

マツダ株式会社(以下、マツダ)と日立オートモティブシステムズ株式会社(以下、日立オートモティブシステムズ)は、神奈川工科大学(学長 小宮一三)との産学連携に基づいて開発された新しい車両運動制御技術「G-Vectoring Control P...

【武蔵学園データサイエンス研究所設立記念講演会】11/24(土) データサイエンスの展開 ~社会科学分野への提言~

【武蔵学園データサイエンス研究所設立記念講演会】11/24(土) データサイエンスの展開 ~社会科学分野への提言~

学校法人根津育英会武蔵学園(東京都練馬区/理事長:根津公一)では、データサイエンスの重要性や高等教育での必要性を認識し、2017年に武蔵学園データサイエンス研究所を設立しました。今回は、設立を記念して、アドバイザリーボードによる基調講演およ...

横浜市立大学先端医科学研究センター「コミュニケーション・デザイン・センター」が始動! 世界初の医科学研究機関におけるクリエイティブ研究拠点が横浜に!

横浜市立大学学術院医学群 先端医科学研究センター 武部貴則教授(東京医科歯科大学統合研究機構 教授・米シンシナティ小児病院 准教授)が提唱してきた「広告医学」という独自概念を発展させ、ヘルスケア分野のコミュニケーション課題解決を目指すクリエ...

食中毒の原因となる「サルモネラ菌」を迅速に検出する新たな手法を開発 -- 創価大学の久保いづみ研究室と産業技術総合研究所との共同研究 --

食中毒の原因となる「サルモネラ菌」を迅速に検出する新たな手法を開発 -- 創価大学の久保いづみ研究室と産業技術総合研究所との共同研究 --

創価大学(東京都八王子市/学長:馬場善久)の、生命情報工学を中心に研究をしている久保いづみ研究室が、産業技術総合研究所との共同研究により、食中毒の原因となるサルモネラ菌を検出する新たな手法を開発しました。

廃棄瓦を芝生などが植生できる緑化コンクリートに有効利用。金沢工業大学が県内2社と共同で研究開発を開始。2019年度中に実用化を目指す。

廃棄瓦を芝生などが植生できる緑化コンクリートに有効利用。金沢工業大学が県内2社と共同で研究開発を開始。2019年度中に実用化を目指す。

金沢工業大学は小松製瓦株式会社(石川県小松市)と株式会社エコシステム(石川県能美市)と共同で、廃棄瓦を有効利用した緑化コンクリートの研究開発を開始しました。平成30年度小松市産学官共同研究促進事業補助金の選定を受けて行われるもので、金沢工業...

関西大学

◆第3次人工知能ブームを迎え、関西大学梅田キャンパスが新講座を開講◆ AIの理解を深め、技術革新につなげる「エンジニアのための人工知能基礎講座」~ 最新の理論・技術から事例紹介まで ~

関西大学ではこのたび、「KANDAI Me RISE まなびプラザ」(*)の一環として、企業の技術者を対象に「エンジニアのための人工知能基礎講座 -最新の理論・技術から事例紹介まで-」を、10月5日(金)から12月7日(金)の期間、毎週金曜...

移動ロボットの屋外自動走行実験「中之島チャレンジ」を企画・実施 -- 大阪工業大学

移動ロボットの屋外自動走行実験「中之島チャレンジ」を企画・実施 -- 大阪工業大学

大阪工業大学(大阪市旭区)は9月23日、24日に大阪・中之島で、人が往来する環境における移動ロボットの屋外自動走行実験「中之島チャレンジ」を、大阪市立大学、関西大学、株式会社プロアシスト(事務局)と企画・実施し、ロボット工学科のコミュニケー...

「革新材料による次世代インフラシステムの構築」に関する成果報告と大型の試作品や社会実装を実現した成果品などを実物展示。「金沢工業大学COI中間成果報告会」を開催

「革新材料による次世代インフラシステムの構築」に関する成果報告と大型の試作品や社会実装を実現した成果品などを実物展示。「金沢工業大学COI中間成果報告会」を開催

金沢工業大学COI研究推進機構は「金沢工業大学COI中間成果報告会」を平成30年10月10日(水)13時15分から18時30分まで日本科学未来館(東京都江東区青海2-3-6)で開催します。