「������������」のニュース記事検索結果 1396件

細胞の核にある異常なタンパク質を外に運ぶ新たな仕組みを発見!「UBIN-POST(郵便ポスト)」と命名 -- 京都産業大学 --

細胞の核にある異常なタンパク質を外に運ぶ新たな仕組みを発見!「UBIN-POST(郵便ポスト)」と命名 -- 京都産業大学 --

京都産業大学総合生命科学部 永田和宏教授(京都産業大学タンパク質動態研究所長)と東京大学薬学系研究科 平山尚志郎助教らの研究グループは、ユビキチン結合タンパク質UBINが、共役因子のPOST(polyubiquitinated substr...

北里大学が4月25日(水)に第9回新世紀医療開発センターシンポジウム「高度医療の最後の砦 -- あなたの命を守るICU」を開催

北里大学医学部附属新世紀医療開発センターは、4月25日(水)に第9回シンポジウムを開催する。今回のテーマは「高度医療の最後の砦-あなたの命を守るICU」。ICUとは、英語のIntensive Care Unitの頭文字をとった略語で、日本語...

江戸川大学睡眠研究所が住環境研究所との共同研究「高齢者個人宅におけるコミュニケーションロボットの実証実験」の結果を発表 -- ロボットとのコミュニケーションで生活は改善される?

江戸川大学睡眠研究所が住環境研究所との共同研究「高齢者個人宅におけるコミュニケーションロボットの実証実験」の結果を発表 -- ロボットとのコミュニケーションで生活は改善される?

江戸川大学(千葉県流山市)睡眠研究所(所長:福田一彦)は、株式会社住環境研究所と共同で17年5月から9月にかけて行った「高齢者個人宅におけるコミュニケーションロボットの実証実験」の結果をまとめ、3月20日に発表した。この実験は、一人暮らしの...

関西大学環境都市工学部の江川直樹教授が、平成30年度文部科学大臣表彰「科学技術賞(理解増進部門)」を受賞。「豊かで持続的な集住環境への再編に向けた技術の普及啓発」

関西大学環境都市工学部の江川直樹教授が、平成30年度文部科学大臣表彰「科学技術賞(理解増進部門)」を受賞。「豊かで持続的な集住環境への再編に向けた技術の普及啓発」

このたび、関西大学環境都市工学部の江川直樹教授が、平成30年度科学技術分野の文部科学大臣表彰「科学技術賞(理解増進部門)」を受賞しました。今般の科学技術賞受賞者95件191名のうち、私立大学関係者はわずか8名で、本学からは2年ぶりの受賞とな...

立正大学経営学部の山本仁志教授が参加する研究チーム、日本のツイッターユーザのイデオロギーを機械学習で推定。一部メディアでニュースオーディエンスが分断化。

立正大学経営学部の山本仁志教授が参加する研究チームは、日本のツイッターにおけるニュースオーディエンスのイデオロギーを機械学習により高い精度で推定し、アメリカで見られるようなイデオロギーによるニュースオーディエンスの分断化は、日本では一部の例...

近畿大学

第5弾クラウドファンディング 天然マグロを未来に残せ!宇宙からの生態調査 「宇宙マグロ」プロジェクト -- 近畿大学

近畿大学(大阪府東大阪市)は、日本最大級のクラウドファンディングを運営する株式会社CAMPFIRE(東京都渋谷区)と提携しており、平成30年(2018年)4月18日(水)に、本学として第5弾のプロジェクトを開始します。理工学部電気電子工学科...

重老齢社会における介護業界が抱える課題をAIで解決。金沢工業大学と株式会社ロジックが共同研究を開始。

重老齢社会における介護業界が抱える課題をAIで解決。金沢工業大学と株式会社ロジックが共同研究を開始。

金沢工業大学は、介護事業所向け業務効率支援システムの開発・販売を行う株式会社ロジックと、重老齢社会における介護業界が抱える課題をAIで解決する共同研究を開始します。株式会社ロジックは介護業務のICT化で全国に先行し、7万人を超える介護利用者...

神田外語大学がTHE世界大学ランキング日本版において総合33位にランクイン -- 教育充実度、教育成果、国際性の3項目で高い評価

神田外語大学がTHE世界大学ランキング日本版において総合33位にランクイン -- 教育充実度、教育成果、国際性の3項目で高い評価

神田外語大学(千葉市美浜区/学長:宮内孝久)はこのたび、イギリスの高等教育専門誌『THE Times Higher Education』と株式会社ベネッセホールディングス(岡山県岡山市/代表取締役社長:安達保)が作成した「THE世界大学ラン...

甘酒を飲んで、便通改善、コレステロール低減、肥満抑制。金沢工業大学応用バイオ学科尾関研究室が企業との共同研究で学術的に初めて実証

甘酒を飲んで、便通改善、コレステロール低減、肥満抑制。金沢工業大学応用バイオ学科尾関研究室が企業との共同研究で学術的に初めて実証

金沢工業大学は米を原料とする市販の甘酒にコレステロール低減と便通改善効果が高い成分が含まれていることを学術的に初めて実証しました。これは金沢工業大学バイオ・化学部応用バイオ学科尾関健二教授の研究室と、米こうじを使った麹漬の素や甘酒製造等を手...

岐阜市で2個目の鉄隕石見つかる 長良隕石と同時落下したものか。 -- 岐阜聖徳学園大学・川上紳一教授が鑑定 --

岐阜市で2個目の鉄隕石見つかる 長良隕石と同時落下したものか。 -- 岐阜聖徳学園大学・川上紳一教授が鑑定 --

長良隕石の発見に関する報道を受け、隕石に関する市民の関心が高まり、岐阜市科学館の展示を見学する市民が多い。 長良隕石の発見地の近くで見つかった鉄隕石(9.7kg)が、岐阜市科学館を通じて、岐阜聖徳学園大学・川上紳一教授の研究室に持ち込まれた...

多摩大学ルール形成戦略研究所、「ICOビジネス研究会」による提言レポートを公開 持続的で健全な資金調達手段としてのICO確立のための7つの原則

多摩大学 ルール形成戦略研究所(所長 國分俊史)は、2017年11月に発足した「ICO(Initial Coin Offering)ビジネス研究会」より、ICOが持続的な資金調達の手段として確立するために必要なルール(7つの原則と2つのガイ...

東京都市大学と東海大学がおんせん県職員3,911名を対象とした温泉大規模調査を実施 -- 11分以上の長風呂で「眠れる」と回答する傾向 「ぬるい湯」より「熱い湯」の方が「眠れる」可能性も?

東京都市大学と東海大学がおんせん県職員3,911名を対象とした温泉大規模調査を実施 -- 11分以上の長風呂で「眠れる」と回答する傾向 「ぬるい湯」より「熱い湯」の方が「眠れる」可能性も?

東京都市大学人間科学部の早坂信哉教授と東海大学海洋学部の斉藤雅樹教授らはこのたび、「おんせん県」として名高い大分県職員3,911名を対象とした調査を実施した。これは、科学技術振興機構(JST)・未来社会創造事業の助成を受けて行われたもの。入...

金沢工業大学が文部科学省エントランスで、企画展示「革新材料による次世代インフラシステムの構築(金沢工業大学COI拠点)」を行ないます。

金沢工業大学が文部科学省エントランスで、企画展示「革新材料による次世代インフラシステムの構築(金沢工業大学COI拠点)」を行ないます。

金沢工業大学はCOIプログラムにおいて、平成25年に全国12拠点の一つ(同年、私立大学としては唯一)に選定され、革新複合材料研究開発センター(ICC)が中心的な実施場所として「革新材料による次世代インフラシステムの構築」をテーマに活動してま...

北海道科学大学が「地域共創」「研究ブランディング」を軸に事務局組織を再編 -- 「入試・地域連携部」を組織し研究活動や地域貢献活動を積極的に情報発信

北海道科学大学(札幌市手稲区)はこのたび事務局組織を再編し、新たに「入試・地域連携部」を設置。入試・学生募集・一般広報・地域貢献、さらには教員の研究活動支援までも一括して取り扱うことで、大学のブランディングや高大連携教育改革を推進するほか、...

京都産業大学

京都産業大学 鳥インフルエンザ研究センターを改組し、「感染症分子研究センター」を設置

京都産業大学は、2018年4月1日に「鳥インフルエンザ研究センター」を改組し、「感染症分子研究センター」を設置する。鳥インフルエンザ研究センター設立時からセンター長を務めた大槻教授の退職にあたり、鳥インフルエンザ研究分野で社会に貢献してきた...

◆関西大学発の技術が再び宇宙へ!◆世界最小級JAXA衛星ロケット「SS-520 5号機」に関大発ベンチャーが開発したイオン液体電池を搭載~化学生命工学部が発見した技術を基に宇宙ロケット用電池を開発~

◆関西大学発の技術が再び宇宙へ!◆世界最小級JAXA衛星ロケット「SS-520 5号機」に関大発ベンチャーが開発したイオン液体電池を搭載~化学生命工学部が発見した技術を基に宇宙ロケット用電池を開発~

このたび、関西大学発ベンチャーの(株)アイ・エレクトロライト(社長:河野通之、CEO:石川正司 化学生命工学部教授)が開発したイオン液体電池が、世界最小の衛星ロケットとして2018年2月3日に打ち上げに成功したJAXA「SS-520 5号機...

近畿大学

近畿大学とSBI生命 人工知能を活用したがんゲノム医療の体制を協力して構築

SBI生命保険株式会社(代表取締役社長 飯沼邦彦、以下「SBI生命」)と近畿大学(学長 塩崎 均)は、AI(コグニティブ・コンピューティング・システム)を活用したがん遺伝子パネル検査に基づき、患者さまに最適な抗がん剤治療法を提示する体制を構...

滋賀県立大学で、地域ひと・モノ・未来情報研究センター「成果報告シンポジウム」を3月28日(水)に開催

滋賀県立大学では、多様な情報を情報通信技術(ICT)で解析・連携・共有化し、その成果を「滋賀モデル」として提案・発信すること、また、ICT応用を地域社会で実践できる人材の育成などを目的として、平成29年4月1日に「地域ひと・モノ・未来情報研...

徳島文理大学がレタスの2倍速栽培法を確立 -- 夜間の光合成により生育を促進、2020年の社会実装を目指す

徳島文理大学がレタスの2倍速栽培法を確立 -- 夜間の光合成により生育を促進、2020年の社会実装を目指す

徳島文理大学理工学部ナノ物質工学科(香川県さぬき市)は、植物工場におけるレタスの栽培日数を半減できる次世代栽培技術を確立した。

タンパク質結晶における動力学的回折現象の観察に成功 ~より高精度な構造解析法の確立に期待~ -- Proc. Natl. Acad. Sci. USA(PNAS)に掲載(米国3月19日解禁) -- 横浜市立大学

横浜市立大学 大学院生命ナノシステム科学研究科の鈴木凌(博士後期課程1年生)と橘 勝 教授、東北大学の小泉 晴比古 助教(現 名古屋大学 特任講師)、高エネルギー加速器研究機構(KEK)の平野 馨一 准教授、高輝度光科学研究センター(JAS...