「地域貢献」のニュース記事検索結果 5818件

大阪大学箕面新キャンパス周辺を大学発ベンチャーの集積拠点に -- 大阪大学、船場団地組合、箕面市の三者間で覚書を締結

大阪大学箕面新キャンパス周辺を大学発ベンチャーの集積拠点に -- 大阪大学、船場団地組合、箕面市の三者間で覚書を締結

国立大学法人大阪大学(以下「大阪大学」という)、繊維業事業者の集まりである大阪船場繊維卸商団地協同組合(以下「船場団地組合」という)および箕面市は、令和3年春に大阪大学箕面キャンパスが移転する「箕面船場阪大前駅」周辺地区(以下「箕面船場」と...

神田外語大学の徳増浩司客員教授が、新著書 『君たちは何をめざすのか』を発売《ラグビーワールドカップ2019(TM)が教えてくれたもの》

神田外語大学の徳増浩司客員教授が、新著書 『君たちは何をめざすのか』を発売《ラグビーワールドカップ2019(TM)が教えてくれたもの》

神田外語大学(千葉市美浜区/学長:宮内孝久)の徳増浩司客員教授(前ラグビーワールドカップ2019(TM)組織委員会事務総長特別補佐)が、新著書『君たちは何をめざすのか《ラグビーワールドカップ2019(TM)が教えてくれたもの》』を発行しまし...

近畿大学

近畿大学病院が新型コロナウイルスの抗体保有状況調査を実施

近畿大学病院(大阪府大阪狭山市、病院長:東田 有智)と大阪狭山市(市長:古川 照人)は、大阪狭山市民300人を対象とした新型コロナウイルスの抗体保有状況調査を、令和2年(2020年)6月29日(月)から7月3日(金)に無償で実施します。6月...

東京家政学院大学 スペシャルコンテンツ「新型コロナに負けるな!vol.2」人間栄養学部 人間栄養学科の考案による「父の日レシピ」

東京家政学院大学 スペシャルコンテンツ「新型コロナに負けるな!vol.2」人間栄養学部 人間栄養学科の考案による「父の日レシピ」

東京家政学院大学(学長:廣江彰)では、1923年の創立以来、家政学の確立と女性の自立を目指してきました。創立者、大江スミが掲げた「人々のしあわせにつながる家政学」の精神は、本学に脈々と受け継げられています。

京都産業大学神山天文台が部分日食をテーマに天文学講座をライブ配信!

京都産業大学神山天文台が部分日食をテーマに天文学講座をライブ配信!

京都産業大学神山天文台は、「おうち時間」に天文学や宇宙を楽しんでもらおうと、天文イベントをYouTubeでライブ配信している。日本全国で部分日食を観察できる6月21日を前に、同13日に「部分日食を楽しもう!」をテーマとした天文学講座を行った...

関西学院大学とスノーピーク、包括連携協定を締結~キャンプの要素を取り入れた新たな学び舎「Camping Campus」ほか 自然と教育を融合した取り組みを本格始動

関西学院大学とスノーピーク、包括連携協定を締結~キャンプの要素を取り入れた新たな学び舎「Camping Campus」ほか 自然と教育を融合した取り組みを本格始動

関西学院大学(学長:村田治、兵庫県西宮市)と株式会社スノーピーク(代表取締役社長:山井梨沙、本社:新潟県三条市)は6月17日、包括連携協定を締結しました。発表会は天候にも恵まれたなか、自然豊かな関西学院大学の神戸三田キャンパス(兵庫県三田市...

青山学院大学環境電磁工学研究所の研究課題が、神奈川県立産業技術総合研究所「令和2年度産学公連携事業化促進研究」に採択 -- 「高速伝送用FPCの製造技術及び電磁ノイズ低減技術の研究開発」

青山学院大学環境電磁工学研究所の研究課題が、神奈川県立産業技術総合研究所「令和2年度産学公連携事業化促進研究」に採択 -- 「高速伝送用FPCの製造技術及び電磁ノイズ低減技術の研究開発」

6月12日、青山学院大学環境電磁工学研究所(所長:橋本修教授(理工学部電気電子工学科)の研究課題が神奈川県立産業技術総合研究所「令和2年度産学公連携事業化促進研究」に採択された。今回採択された「高速伝送用FPC(※)の製造技術及び電磁ノイズ...

前公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(B.LEAGUE)チェアマンの大河正明氏がびわこ成蹊スポーツ大学副学長ならびに、大阪成蹊大学 スポーツイノベーション研究所所長に就任(2020年7月1日付)

前公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(B.LEAGUE)チェアマンの大河正明氏がびわこ成蹊スポーツ大学副学長ならびに、大阪成蹊大学 スポーツイノベーション研究所所長に就任(2020年7月1日付)

2020年7月1日付で、前公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(B.LEAGUE)チェアマンである大河正明氏が、学校法人大阪成蹊学園 びわこ成蹊スポーツ大学副学長ならびに、大阪成蹊大学スポーツイノベーション研究所...

看護学部の4回生が新型コロナウイルス感染予防対策動画を制作 -- 「新しい生活様式」における感染予防のポイントを学生が分かりやすく表現 -- 京都橘大学

看護学部の4回生が新型コロナウイルス感染予防対策動画を制作 -- 「新しい生活様式」における感染予防のポイントを学生が分かりやすく表現 -- 京都橘大学

京都橘大学(京都市山科区、学長:日比野英子)では、看護学部(学部長:梶谷佳子)の4回生の学生が、ゼミ教員の監修のもと、日常生活での新型コロナウイルス感染予防対策をわかりやすく伝える動画を制作し、6月16日(火)以降、順次本学の公式ホームペー...

藤岡慎二氏 産業能率大学経営学部教授に就任 -- 総務省地域力創造アドバイザーとして活躍 「高校魅力化プロジェクト」中心メンバー

藤岡慎二氏 産業能率大学経営学部教授に就任 -- 総務省地域力創造アドバイザーとして活躍 「高校魅力化プロジェクト」中心メンバー

教育政策アドバイザーの藤岡慎二氏が 2020年4月1日より産業能率大学(東京都世田谷区)経営学部の教授に就任しました。藤岡教授は 全国的にも知られる島根県立隠岐島前高校魅力化プロジェクトに参画し、その実践をベースに全国各地の高校における「高...

神田外語大学

神田外語大学は2021年4月から開設予定のグローバル・リベラルアーツ学部の特別セミナーを開催します。テーマ「世界はいま~グローバルな課題について考える~」

神田外語大学(千葉市美浜区/学長:宮内孝久)は、6月21日(日)に、2021年4月設置予定のグローバル・リベラルアーツ学部(略称:GLA学部)(※1)の特別セミナーを開催します。テーマは「世界はいま~グローバルな課題について考える~」で、今...

「大学のふるさと」協定締結先の和歌山県・那智勝浦町が京都橘大学に食品を寄付 -- コロナ禍の中でも、遠方の地域と学生の絆を深める --

「大学のふるさと」協定締結先の和歌山県・那智勝浦町が京都橘大学に食品を寄付 -- コロナ禍の中でも、遠方の地域と学生の絆を深める --

京都橘大学(京都市山科区、学長:日比野英子)は和歌山県・那智勝浦町と「大学のふるさと」協定を締結していますが、その那智勝浦町から本学に防災用食料と地元お土産品(食品)を寄付していただきました。

実践女子学園が「第18回 下田歌子賞」でエッセイ・短歌を募集 今年のテーマは 「志」

実践女子学園が「第18回 下田歌子賞」でエッセイ・短歌を募集 今年のテーマは 「志」

エッセイ・短歌の公募賞「下田歌子賞」。第18回となる今年のテーマは「志」。小学生、中高生、一般の3部に分け、エッセイ・短歌を募集します。 いずれも9月3日(木)締め切り。 発表・表彰式は、学園創立者・下田歌子のふるさとである岐阜県恵那市で行...

常葉大学×静岡市 冊子『静岡地域のテレワーク 働き方改革最新事例集』を刊行しました/経営学部 小豆川ゼミ

常葉大学×静岡市 冊子『静岡地域のテレワーク 働き方改革最新事例集』を刊行しました/経営学部 小豆川ゼミ

常葉大学 経営学部小豆川ゼミのメンバー18名が、静岡地域でテレワーク・働き方改革に積極的に取り組む10企業・団体(市内9企業・団体、県内1企業)を訪問・ヒアリングし、先進事例集としてまとめました。(常葉大学と静岡市との連携事業) 誌面には各...

神田外語大学

神田外語大学が7月1日より第4回高校生東南アジア小論文コンテストの応募を開始します ~多文化共生社会へ向かう日本を担う高校生たちが、東南アジア諸国を知る機会~

神田外語大学(千葉市美浜区/学長:宮内孝久)では、7月1日(水)から、第4回高校生東南アジア小論文コンテストの応募受付を開始します。多文化共生社会へと向かう日本において、文化を含め多様な分野における東南アジア諸国とのつながりを強固なものとす...

常葉大学ホームページ コロナ禍 多分野から知見 -- 教員が情報発信 --

常葉大学ホームページ コロナ禍 多分野から知見 -- 教員が情報発信 --

常葉大学では、公式ホームページに教員による情報発信コーナー「とこはWeb通信 ― 新型コロナウィルスを考える ― 」を開設しました。

"やさしい日本語"で外国人住民が必要な情報を映像化 明治大学国際日本学部山脇ゼミが「新型コロナウィルス」と「国民健康保険」をテーマに制作

明治大学国際日本学部 山脇啓造ゼミナールではこのたび、多文化共生の取り組みの一環で、在日外国人住民に向けて、「新型コロナウィルス感染症(COVID-19)」および「国民健康保険」に関する情報を“やさしい日本語”で表現した解説動画を制作しまし...

江戸川大学社会学部現代社会学科の学生が「道の駅」学生コンテストで「奨励賞」を受賞 -- 「道の駅しもつま」の独自性の高い活性化策が評価

江戸川大学社会学部現代社会学科の学生が「道の駅」学生コンテストで「奨励賞」を受賞 -- 「道の駅しもつま」の独自性の高い活性化策が評価

江戸川大学(千葉県流山市)社会学部現代社会学科2年生の塚本紗希さんがこのたび、「道の駅」学生コンテスト(主催:国土交通省関東地方整備局)で「奨励賞」を受賞した。同コンテストは、道の駅と大学とが連携して実施した取り組みの成果を発表するもので、...

江戸川大学社会学部現代社会学科・佐藤秀樹講師が第20回環境情報科学センター賞「特別賞」を受賞 -- バングラデシュでの廃棄物管理改善プロジェクトが評価

江戸川大学社会学部現代社会学科・佐藤秀樹講師が第20回環境情報科学センター賞「特別賞」を受賞 -- バングラデシュでの廃棄物管理改善プロジェクトが評価

江戸川大学(千葉県流山市)社会学部現代社会学科・佐藤秀樹講師(専門分野:環境政策、環境配慮型社会)はこのたび、第20回(2019年度)環境情報科学センター賞(主催:一般社団法人環境情報科学センター)の「特別賞」を受賞した。佐藤講師は開発途上...

清泉女子大学地球市民学科が陸前高田フィールドワークのオンライン連続講義を開始 -- 現地訪問の代わりにオンラインで挑戦

清泉女子大学地球市民学科が陸前高田フィールドワークのオンライン連続講義を開始 -- 現地訪問の代わりにオンラインで挑戦

清泉女子大学(東京都品川区)地球市民学科では6月から、「陸前高田フィールドワーク」の授業で「オンライン連続講義」を行っている。同学科では毎年、岩手県陸前高田市を訪れてフィールドワークを行っているが、今年度は新型コロナウイルスの感染拡大防止の...