「大学間連携」のニュース記事検索結果 941件

AI教材「atama+」で大学の学びにつながる重要単元を効果的に修得!学部指定単元AI学習プログラム「UNITE Program」を取り入れた新AO入試の結果速報

AI教材「atama+」で大学の学びにつながる重要単元を効果的に修得!学部指定単元AI学習プログラム「UNITE Program」を取り入れた新AO入試の結果速報

  立命館大学(京都府京都市、学長 仲谷 善雄)は、atama plus株式会社(東京都港区、代表取締役CEO 稲田 大輔)と協働で、2023年度入試(2023年4月入学)より、AI教材「atama+(アタマプラス)」で、各学部での学びにと...

【弘前大学】糖尿病性神経障害の新規発症機序の解明について~未だ根治的治療法がない糖尿病性神経障害の新規治療法の確立に期待~

【弘前大学】糖尿病性神経障害の新規発症機序の解明について~未だ根治的治療法がない糖尿病性神経障害の新規治療法の確立に期待~

弘前大学(青森県弘前市)大学院医学研究科 分子病態病理学講座(遲野井 祥 助教、水上 浩哉 教授)を中心とする国内多機関共同研究グループは、モデルマウスとライブイメージング技術を用いて糖尿病性神経障害における新規発症、進展機序を解明しました...

大東文化大学と東京電機大学が包括的連携に関する協定を締結 -- 交流や研究を通じて両大学の発展へ

大東文化大学と東京電機大学が包括的連携に関する協定を締結 -- 交流や研究を通じて両大学の発展へ

大東文化大学(東京都板橋区 学長:内藤二郎)と東京電機大学(東京都足立区 学長:射場本忠彦)は2022年12月7日、教育・研究等に関する包括的連携協定を締結した。これは、両大学の学生・教職員の交流等を通じて、教育・研究等に関して相互に連携協...

中央大学とお茶の水女子大学が学生交流に関する協定を締結 -- 双方の大学改革を契機に学生交流を活性化させ、今後も連携を強化

中央大学とお茶の水女子大学が学生交流に関する協定を締結 -- 双方の大学改革を契機に学生交流を活性化させ、今後も連携を強化

中央大学(所在地:東京都八王子市、学長:河合久)とお茶の水女子大学(所在地:東京都文京区、学長:佐々木泰子)は2022年11月29日、「学生交流に関する協定」を締結した。これは、双方が開設する特定の授業科目について、相手大学の学生が履修し、...

「大学の世界展開力強化事業」ソウル大学校、北京大学、シンガポール国立大学との連携プログラムを実施

「大学の世界展開力強化事業」ソウル大学校、北京大学、シンガポール国立大学との連携プログラムを実施

立教大学(東京都豊島区、総長:西原廉太)は8月1日(月)~5日(金)、ソウル大学校(韓国)、北京大学(中国)、シンガポール国立大学(シンガポール)との連携事業、ACE サマー・インテンシブプログラム 2022(ACE Summer Inte...

京都橘大学

京薬大・京都橘大 4つの医療系学科による合同多職種連携教育(IPE)を開催 -- 各専門職の能力を生かしチーム医療に貢献する人材を育成 --

京都薬科大学(京都市山科区、学長:赤路健一)と京都橘大学(京都市山科区、学長:日比野英子)は2022年12月15日(木)、多様化する患者対応のためにチーム医療を推進できる人材育成の一環として、多職種連携教育(IPE:Interprofess...

弘前大学、青森中央学院大学、青森明の星短期大学、青森大学とむつ市が共同で「むつ下北未来創生キャンパス祭」を開催 -- 学生のステージパフォーマンスやブース出展で地域を盛り上げる

弘前大学、青森中央学院大学、青森明の星短期大学、青森大学とむつ市が共同で「むつ下北未来創生キャンパス祭」を開催 -- 学生のステージパフォーマンスやブース出展で地域を盛り上げる

弘前大学(青森県弘前市)、青森中央学院大学(青森市)、青森明の星短期大学(青森市)、青森大学(青森市)の4つの大学・短期大学は11月20日、むつ市と共同で、下北文化会館(青森県むつ市)において「むつ下北未来創生キャンパス祭」を開催した。当日...

ものつくり大学

ものつくり大学(埼玉県行田市)では、公式WebサイトやSNSでは伝えきれない教育研究、学生の活躍など大学の魅力を届けるWebマガジン「monogram」を完全内制で始めます。ぜひ、ご一読ください。

ものつくり大学(埼玉県行田市/学長 國分泰雄)では、11月30日にWebマガジン「monogram]を公開しました。公式Webサイトの中では伝えきれなかった教育研究や学生の活躍など、深堀りした情報を発信することを目的としています。オウンドメ...

清泉女子大学で12月17日に日本カトリック大学・短期大学連盟主催のシンポジウム「ウクライナ、そして地球の未来 -- 命の尊厳が守られる『共生』の実現に向けて -- 」を開催

清泉女子大学で12月17日に日本カトリック大学・短期大学連盟主催のシンポジウム「ウクライナ、そして地球の未来 -- 命の尊厳が守られる『共生』の実現に向けて -- 」を開催

清泉女子大学(東京都品川区、学長:佐伯孝弘)において12月17日(土)、シンポジウム「ウクライナ、そして地球の未来―命の尊厳が守られる『共生』の実現に向けて―」(主催:日本カトリック大学・短期大学連盟)が開催される。カトリック新潟教区の成井...

第8回崇城大学ビジネスプランコンテスト 令和4年度熊本県オープンビジネスコンペティション 開催のご案内 -- 応募総数107件から勝ち抜いた10チームの発表

第8回崇城大学ビジネスプランコンテスト 令和4年度熊本県オープンビジネスコンペティション 開催のご案内 -- 応募総数107件から勝ち抜いた10チームの発表

このたび本学では、12月10日(土)に熊本県と共催で「第8回崇城大学ビジネスプランコンテスト 令和4年度熊本県オープンビジネスコンペティション」を開催いたします。これは、“熊本から新しい価値を生み出すこと”を目指し、斬新な視点でのアイデアを...

青山学院大学

青山学院大学×東京外国語大学 タイ語・スペイン語・ベトナム語の司法通訳を養成~2023年4月開講~

2017年に「連携・協力の推進に関する基本協定」を締結した青山学院大学(所在地:東京都渋谷区、学長:阪本 浩)と東京外国語大学(所在地:東京都府中市、学長:林 佳世子)は、2大学連携により、タイ語・スペイン語・ベトナム語の司法通訳養成講座を...

ヘルプマークの普及・活用には未来志向のメッセージ提示が鍵を握る可能性

ヘルプマークの普及・活用には未来志向のメッセージ提示が鍵を握る可能性

<ポイント> ◇ヘルプマーク※の普及・活用のためには、どのようなメッセージが効果的かを調査。 ◇普及・活用には、近い将来に自分や自分の家族がヘルプマークを身につける日が来るかもしれないという『当事者としての未来』に思いを馳せてもらえるような...

北星学園大学・北星学園大学短期大学部が東京未来大学と連携・交流に関する協定を締結

北星学園大学・北星学園大学短期大学部が東京未来大学と連携・交流に関する協定を締結

北星学園大学・北星学園大学短期大学部(札幌市厚別区)はこのたび、東京未来大学(東京都足立区)と連携・交流に関する協定を締結。それに伴い、11月22日に北星学園大学大谷地キャンパスで調印式を執り行った。

リン制限により熱帯林の総生産量は従来の予測より36%減少 -- 陸域の炭素収支モデルの予測精度向上に貢献 --

リン制限により熱帯林の総生産量は従来の予測より36%減少 -- 陸域の炭素収支モデルの予測精度向上に貢献 --

国際農研と高知大学は、西シドニー大学(オーストラリア)のDavid Ellsworth教授が主導する国際的な熱帯林樹木の光合成能力を解明する研究グループのメンバーに参画しています。この度、植物の必須元素の1つであるリンによる光合成の制限を、...

弘前大学が文部科学省「ポストコロナ時代の医療人材養成拠点形成事業」に採択 -- 大学院医学研究科に「地域基盤型医療人材育成センター」を設置し事業を推進

弘前大学が文部科学省「ポストコロナ時代の医療人材養成拠点形成事業」に採択 -- 大学院医学研究科に「地域基盤型医療人材育成センター」を設置し事業を推進

弘前大学(青森県弘前市)はこのたび、「多職種連携とDX技術で融合した北東北が創出する地域医療教育コモンズ」事業で、文部科学省による大学教育再生戦略推進費「ポストコロナ時代の医療人材養成拠点形成事業」の拠点に選定された。これは、北東北の国立大...

関西大学

◆関西大学×法政大学 SDGs WEEKs 2022◆ウクライナ人留学生との対談企画「平和を願って。日本にいる私たちにできること」を開催

 関西大学と法政大学は、2017年の包括連携協定締結以降、特にSDGs推進に関する連携に注力しています。11月21日(月)から12月3日(土)の2週間は、「SDGs WEEKs 2022」として、企業や自治体と連携し、17種のイベントをオン...

札幌大学が、松本大学および鹿児島国際大学との三大学包括連携協定を締結

札幌大学が、松本大学および鹿児島国際大学との三大学包括連携協定を締結

札幌大学は、松本大学および鹿児島国際大学と包括連携協定を締結し、その調印式が、9月9日(金)松本大学で行われた。調印式には、松本大学の菅谷昭学長、鹿児島国際大学の大久保幸夫学長、そして札幌大学の大森義行学長が出席した。また、その後開催された...

兵庫県立大学政策科学研究所が11月22日に2022年度第2回シンポジウム「脱炭素社会の『未来』を拓く『アンモニア』の可能性」を開催

兵庫県立大学政策科学研究所が11月22日に2022年度第2回シンポジウム「脱炭素社会の『未来』を拓く『アンモニア』の可能性」を開催

兵庫県立大学政策科学研究所(神戸市西区)は11月22日(火)、2022年度第2回シンポジウム「脱炭素社会の『未来』を拓く『アンモニア』の可能性」を開催(共催:関西学院大学産業研究所、兵庫県立大学水素エネルギー共同研究センター)。脱炭素社会の...

【芝浦工業大学】筋力トレーニングの効果が表れにくい人が筋力を向上させるためには、トレーニングの量が重要であることを発見

【芝浦工業大学】筋力トレーニングの効果が表れにくい人が筋力を向上させるためには、トレーニングの量が重要であることを発見

芝浦工業大学(東京都江東区/学長 山田純)システム理工学部・赤木亮太教授、静岡産業大学(静岡県藤枝市/学長 堀川知廣)スポーツ科学部・江間諒一准教授らの研究チームは、筋力を向上させるためにはトレーニング量が重要であり、特にトレーニングによる...

学校法人慶應義塾と学校法人北里研究所 包括的連携に関する協定を締結 -- 北里大学

2022年11月5日、学校法人慶應義塾(塾長:伊藤公平)と学校法人北里研究所(理事長:小林弘祐)は、包括的連携に関する協定を締結しました。