「大学間連携」のニュース記事検索結果 624件

聖心女子大学などが、医療者が使えるフレーズをまとめた教材動画を公開 -- 外国人診療に役立つ「やさしい日本語」を事例別に紹介

聖心女子大学などが、医療者が使えるフレーズをまとめた教材動画を公開 -- 外国人診療に役立つ「やさしい日本語」を事例別に紹介

順天堂大学(学長:新井 一)、帝京大学(学長:冲永 佳史)、聖心女子大学(学長:高祖 敏明)は、東京の政策課題に連携して取り組む「東京都と大学との共同事業」の一環として、e-ラーニング教材動画『医療で用いる「やさしい日本語」』を制作し、公開...

9月29日開催 オンライン・メディアセッション「コロナ禍と大学 -- 高等教育と学生への影響」-- テンプル大学ジャパンキャンパス 新学長就任挨拶 -- ゲスト:昭和女子大学理事長・総長 坂東眞理子氏

9月29日開催 オンライン・メディアセッション「コロナ禍と大学 -- 高等教育と学生への影響」-- テンプル大学ジャパンキャンパス 新学長就任挨拶 -- ゲスト:昭和女子大学理事長・総長 坂東眞理子氏

このたび、9月14日付でテンプル大学ジャパンキャンパス(TUJ)新学長に就任したマシュー(マット)・ウィルソンによるオンライン・メディアセッションを下記の通り開催します。米国ミズーリ・ウエスタン大学の前学長としての経験も踏まえてお話しいたし...

異色のコラボ⁉ 多摩美術大学と東京理科大学がYouTubeでデザインについて語る

異色のコラボ⁉ 多摩美術大学と東京理科大学がYouTubeでデザインについて語る

多摩美術大学美術学部「統合デザイン学科」と、来年開設される東京理科大学経営学部「国際デザイン経営学科」が異色のコラボレーション。「デザイン」をキーワードに、各学科の特色や共通項を見出しながら、デザインを学ぶ魅力をひも解く。YouTubeの「...

駒澤大学

駒澤大学グローバル・メディア・スタディーズ学部が武蔵野大学データサイエンス学部と「オンライン合同合宿」を開催

駒澤大学(東京都世田谷区/学長:長谷部八朗)グローバル・メディア・スタディーズ学部は9月4日~7日にかけて、武蔵野大学(東京都江東区)データサイエンス学部と「オンライン合同合宿」を開催した。これは、コンペでの入賞や社会での実装を目指して72...

昭和女子大学

テンプル大学ジャパンキャンパスと2大学の学位取得 ダブルディグリー・プログラムに1期生4人が挑戦 -- 昭和女子大学

昭和女子大学(学長:小原奈津子/東京都世田谷区)国際学部で2018年度にスタートした「SWU-TUJダブルディグリー・プログラム」で、この秋から1期生として国際学科・英語コミュニケーション学科生計4人が正式にTUJに編入しました。このプログ...

関西学院大学

新型コロナウイルス感染防止に関する関西4大学(関西、関西学院、同志社、立命館)学長共同声明

間もなく始まる秋学期を前に、関西4大学(関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学)の学長は9月14日、新型コロナウイルスの感染防止に関する共同声明を、下記の通り、発表いたしました。

東京薬科大学の安達禎之准教授らがスギ花粉症の発症に関わる花粉内アジュバントと受容体について解明 -- スギ花粉症の新たな治療法の開発に期待

東京薬科大学の安達禎之准教授らがスギ花粉症の発症に関わる花粉内アジュバントと受容体について解明 -- スギ花粉症の新たな治療法の開発に期待

東京薬科大学薬学部免疫学教室の安達禎之准教授と菅野峻史助教、東京慈恵会医科大学自然科学教室生物学研究室の平塚理恵准教授らの共同研究グループは、スギ花粉粒に含まれる(1,3)-β-グルカンが免疫細胞の一種「樹状細胞」を活性化し、スギ花粉のアレ...

「地方創生プロジェクト学生会議」 地域活性化を目指して学生がオンラインで意見交換 -- 昭和女子大学

「地方創生プロジェクト学生会議」 地域活性化を目指して学生がオンラインで意見交換 -- 昭和女子大学

 昭和女子大学(東京都世田谷区、理事長・総長:坂東眞理子)は、社会の課題解決をめざす「プロジェクト型学修」に力を入れています。9月26日、「地方創生プロジェクト学生会議」をオンラインで開催し、各地で地方創生を目指すプロジェクトに取り組む学生...

法政大学

次世代のSDGs人材育成を推進 札幌市と北海道大学と法政大学がオンラインSDGs人材育成プログラムを共同実施 -- 9月7日(月)からプログラムを開催

札幌市と北海道大学大学院環境科学院と法政大学はこのたび、SDGsの人材育成を目的としたオンラインプログラムを共同で開催します。

昭和女子大学

オンライン教育とその未来について考える「日米アカデミックフォーラム」を共催 -- 昭和女子大学・テンプル大学ジャパンキャンパス

昭和女子大学(坂東眞理子理事長・総長)とテンプル大学ジャパンキャンパス(ブルース・ストロナク学長 / 以下TUJ)は9月18日、「日米アカデミックフォーラム」を共催します。両大学は、昨年夏より世田谷キャンパスの敷地を共有し、本フォーラム共催...

成蹊大学

成蹊大学、サイバー大学のオンライン授業コンテンツを2020年9月より利用開始 ~フルオンライン大学のノウハウを通学制大学に導入する新しい試み~

成蹊大学(学長:北川 浩、所在地:東京都武蔵野市)は、サイバー大学(学長:川原 洋、所在地:福岡市東区)と2019年12月に締結した教育連携に関する協定に基づき、2020年9月よりサイバー大学の授業コンテンツの利用を本格的に開始します。

神田外語大学

「神田外語大学×東洋大学×法政大学×明治大学」 合同イベント『グローバル系4大学 スーパーセッション』をライブ配信します

神田外語大学、東洋大学、法政大学、明治大学の4つのグローバル系大学が協力し、9月10日(木)19:30より『グローバル系4大学 スーパーセッション』のライブ配信を行います。これは、新型コロナウイルス禍で情報収集が困難な中、各大学が協力して最...

神田外語大学

全国7つの外国語大学で組織される全国外大連合が主催して9月2日~4日までボランティア育成セミナーをオンラインで開催します

全国の7つの外国語大学からなる全国外大連合(関西外国語大学・神田外語大学・京都外国語大学・神戸市外国語大学・東京外国語大学・長崎外国語大学・名古屋外国語大学)が主催して、9月2日(水)~4日(金)までの3日間、ボランティア育成セミナーをオン...

青山学院大学

青山学院大学 春山純志教授研究室の成果がイギリスの学術誌『Communications Materials』に掲載

原子層半導体へのレーザー光照射で室温二次元トポロジカル絶縁体転移を実現 ―室温動作次世代電子スピン素子回路実現の扉を開く―

私立大学間での授業提供をめざし、オンラインPBLのモデル授業を実施。「学都圏''いしかわ''のPR」をテーマに仮想空間で学び、8月28日(金)に公開発表会を実施。--金沢工業大学

私立大学間での授業提供をめざし、オンラインPBLのモデル授業を実施。「学都圏''いしかわ''のPR」をテーマに仮想空間で学び、8月28日(金)に公開発表会を実施。--金沢工業大学

金沢工業大学では、8月24日(月)から28日(金)にかけ、次の世代のPBL*1を研究するためのモデル授業「学都圏“いしかわ”創成~みんなで考えるジブンの大学~」をオンラインで実施します。8月28日には13時より公開発表会をオンライン開催い...

立命館アジア太平洋大学(APU)と九州大学が、連携協力協定を締結 -- 相互に連携・協力し、国際機関で活躍できる人材の育成へ

立命館アジア太平洋大学(APU)と九州大学が、連携協力協定を締結 -- 相互に連携・協力し、国際機関で活躍できる人材の育成へ

世界トップクラスの研究教育活動に根差した教育リソースを持つ九州大学と、多文化・多国籍協働スタイルの教育で国内のグローバル教育をけん引するAPUが、双方の強みを生かしてタッグを組み、国際機関で活躍する人材の育成を目指す。

追手門学院大学と島根大学がオンラインインターンシップをスタート -- 島根県の中山間地域に若者をよぶ取り組みを2大学連携でPR

追手門学院大学と島根大学がオンラインインターンシップをスタート -- 島根県の中山間地域に若者をよぶ取り組みを2大学連携でPR

追手門学院大学(大阪府茨木市、学長:真銅正宏)と島根大学(島根県松江市、学長:服部泰直)はこのたび、中山間地域の島根県雲南市に若者をよぶ取り組みのPRを考えるプログラムをスタートさせた。これは、オンラインインターンシップの一環として行われる...

明浄学院高等学校との支援契約の締結について(記者会見)

明浄学院高等学校との支援契約の締結について(記者会見)

このたび学校法人藍野大学(大阪府茨木市高田町)は、学校法人明浄学院(大阪府泉南郡熊取町)が運営する明浄学院高等学校(大阪市阿倍野区文の里)を支援し、相互に一層の教育研究活動を発展させることを目的に、2022(令和4)年4月より明浄学院高等学...

明浄学院高等学校との支援契約の締結について

明浄学院高等学校との支援契約の締結について

このたび、学校法人藍野大学(大阪府茨木市高田町)は、学校法人明浄学院(大阪府泉南郡熊取町)が運営する明浄学院高等学校(大阪市阿倍野区文の里)を支援し、相互に一層の教育研究活動を発展させることを目的に、2022(令和4)年4月より明浄学院高等...

多摩大学 「飛騨高山アクティブラーニング・プログラム」2020年度春学期は地域課題解決の提案をオンラインで実施

多摩大学 「飛騨高山アクティブラーニング・プログラム」2020年度春学期は地域課題解決の提案をオンラインで実施

2017年度から実施してきた「飛騨高山アクティブラーニング・プログラム」は、久々野まちづくり運営委員会および飛騨高山大学連携センターとの協働の下、多摩大生が飛騨高山を訪問し地域の課題解決を学生目線で提案することで、地域への貢献に取り組んでき...